ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr




2012-05-16

大人気アナログコーラス、再入荷しました!

コンパクトサイズでトゥルーバイパス、そしてBBDを使ったアナログコーラスで、さらに非常にリーズナブルなモデルとして大人気のModtone Aqua Chorus IIが再入荷しました!

D

RateとDepthのみのシンプルなコントロールで繰り出される音色はまさしくアナログコーラスの暖かさがあり、音も太く、そしてとてもさわやかなコーラスサウンドを提供します。

設定次第でいろいろな音を作ることが出来ますが、うねりがきつくなりすぎたり、音が濁ってしまうこともなく、まさに定番のアナログコーラスサウンドを作り出すことができます。

D

アルペジオに深くかけて幻想的な空間を演出するもよし、歪みに浅いコーラスを組み合わせてリードの太さをかせぐのもよし、使い方は様々です。

古くから使われてきたアナログコーラスサウンドをお求めなら、是非!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2010-10-13

Modtone vs Malekko vs Coolmusic アナログコーラス対決!

f:id:world_9v:20101014153016j:image

非常にたくさんの種類がありそうで、探すと意外とみつからない「コーラスペダル」。

特に扱いやすく手頃なアナログコーラスとなると、何が良いのかよく分からない、というご相談をいただくこともあります。

そこで、当店人気の、「手頃で使いやすい」と評判のアナログコーラス3機種を比べてみましょう!

Modtone Aqua Chorus II MT-CH

D

まずはこちら。大変高い人気のコーラスペダル、Modtone Aqua Chorus IIです。

一時期、本当に長いこと売り切れてしまっており、数々のお問い合わせをいただいても納期未定ということがあり、誠に申し訳ございませんでしたが、今なら即納できます。

Modtoneのコーラスペダルは取扱当初から大変な人気でした。そして今年、「Aqua Chorus」はアップデートが施され、「Aqua Chorus II」として未だに高い評価をいただいております。

Aqua Chorus IIは、トゥルーバイパス構造のフルアナログコーラスペダルです。RateとDepthだけのシンプルなコントロールで、コンパクトエフェクターとして標準的なMXRサイズの筐体を採用。さらに非常にリーズナブルです。

こういうコーラスペダルって、よくありそうで実はなかなか見つからないんです。

D

Aqua Chorus IIのサウンドは、アナログコーラスの名機と呼ばれ、いまではプレミア価格で取引されるあの「BOSS CE-2 Chorus」を思わせる、暖かみのある爽やかなサウンドです。

CE-2と比較している動画は旧版のAqua Chorusですが、バージョンアップとなってもコーラスサウンドに大きな違いはありませんので、ご参考になるかと思います。

Malekko Omicron Series Chorus

この間入荷したばかりの、Malekko Chorusです。

最大の特徴はこの小ささ。シンプルなコントロールでトゥルーバイパスを実現したアナログコーラス、というのはModtoneと共通しています。

D

深みと立体感があり、さらに幅広く音色を作ることの出来る、高いクオリティの正統派コーラスペダルです。

貴重なMN3007遅延素子を使用し、その特性を活かしたコーラスサウンドが特徴ですね。

ペダルに使われるコンポーネンツは、高ければ良いというわけではなく、そのパーツを活かしてこそ意味があります。

Malekkoはその点を完全に理解し、その上でMN3007のポテンシャルを引き出すことに成功しています。


Coolmusic CH-7 CHORUS

ここまで見てきたModtoneやMalekkoと比べると、大柄な筐体が目を引くアナログコーラスペダルです。

CoolmusicはMD-6をはじめ、デジタルエフェクターのイメージが意外に強いかもしれませんが、人気のハイゲインペダルHG-7と、コーラスペダル CH-7はフルアナログ回路を採用しています。

古くからのBBDを採用したMalekkoとは逆に、最新のローノイズなBBDを採用したのがCoolmusicです。

また、あえてトゥルーバイパスは採用せず、FETスイッチを使ったバイパス方式を選択しています。

他の2機種とは違い、ステレオアウトに対応。また、独特のBlendコントロールで原音とエフェクト音の割合を調整し、コーラスエフェクトに深さや幅広さとは違った「濃淡」のコントロールを可能としました。

 

実際にこの3機種を比較してみたところ、それぞれ基本となっているコーラスサウンドが違っているように感じられました。

古いBOSS系のコーラスサウンドを作り出すModtone、よりクリアで深い、Maxon系コーラスサウンドのMalekko、そして、Small Clone系の音の密度が増すようなコーラスサウンドを作り出すCoolmusic(Coolmusicは強力なBlendコントロールでコーラスサウンドの濃淡を調整できるので、BOSS系のサウンドを作ることもできます)…もちろん、厳密にそれぞれオリジナルペダルと比較すれば違う音なのですが、音色のベクトル方向はおおまかにこういった具合です。

 

個人的には…Malekkoのクリアさとビンテージサウンドが混ざったようなコーラスサウンド良いと思いましたが、使っているとCoolmusicのBlendコントロールもとても楽しく、Modtoneの爽やかで分かりやすい効果も魅力的でした。

機能的にも音色もそれぞれ違った3つのコーラスペダル、是非お好みや使い方に合わせてお選び下さい!

Malekkoは在庫僅少ですが、ただいま3機種とも全て即納できます!

2008-08-23

MODTONE AQUA CHORUS

オリンピックもそろそろ終わっちゃいますね・・。

なんかアクセスが最近増えているなと思って

キーワードを調べてみたんですが、

’ボルト’で検索で引っかかってたみたいですねw

ぬか喜びでしたw


さてさて、それはさておき

エレハモは一回会社としては潰れていますが、

それって不人気だったからではなくて

部品の供給ができなくなったから、というのを聞いたことがあります。

逆にこの時代、日本では容易に手に入る贅沢な部品をふんだんに使った

ブランドがどんどん勃興してきて、80年代のペダル黄金時代を築いていました。

日本でコーラスが人気のあるペダル、というのはその辺の背景が

あるのではないのかな、と勝手に類推しております。

私が生まれるか生まれないかの時代の話なので

あくまで憶測の粋を出ないのですが・・。

それはさておき、モッドトーンのコーラスであります。

モッドトーンで1.2を争う売れ行きだそうです。

コーラスです。私は輸入物を多く扱っているからかどうかわかりませんが

最近コーラスの新作って見ることがありません。


ブティックの比較対照があまりないのですが、

えぐくない、あっさりめのきれいなコーラス、といった面持ちです。

D

D

このブランドの魅力はなんといっても高品質であり、さらに低価格であるということ。

値段はまだ決まっていませんが、一万円以下での販売を考えております。

コーラスでいろいろ迷っているあなた。

やはりこれを選択肢に入れないと絶対後悔しますよ!