ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2016-06-29

DEAD ENDのYOUさんからMAD PROFESSOR Electric Blue Chorusのレビューをいただきました!「ドライブ・サウンドの本質を変化させないコーラス」!

DEAD ENDYOUさんから、MAD PROFESSOR Electric Blue Chorusのエフェクターレビューをいただきました!

DEAD ENDのギタリストとして活躍される足立祐二ことYOUさん。公式ブログも必見です!

このElectric Blue Chorusは、最近、入手した所なんだけど、
ここ何年かは、ずっとコーラスを探していた。

幾つもの種類を試してきたんだけど、導入に至った機種は、一つも無かった。

自分に合う機種は無いのかと諦めていた時に出会ったのが、このElectric Blue Chorus。

今まで試してきた機種の何が問題だったかと言うと、必要以上に煌びやかで人工的過ぎると言う事。

このElectric Blue Chorusが素晴らしいと感じたのは、ただ煌びやかなだけでは無く、前後に接続したペダルの本質を変化させないと言う所であった。

自分が一番問題に思っていたのは、せっかく好みのドライブ・ペダルで最高のサウンドを奏でているにも関わらず、
たった一つのコーラスで、一気に人工的なサウンドになってしまうと言う事であった。

コーラスと言う性質上、どうしても人工的になるのは仕方ないのかも知れないけど、
ドライブ・サウンドの本質を変化させないと言う事がテーマであった為、
結果的に、何年も何年も探す事になってしまっていた。

コーラス・ペダルの多くは、オンにした瞬間、そのコーラス・ペダルの持つ質感になってしまう事がほとんどだったんだけど、
オンにすると線が細くなって引っ込んだり、また、逆に太くなり過ぎて、アンサンブルの中に埋もれてしまったりと、
なんせ、オンとオフ時の音質差も気になる要因の一つであった。

あと、機種によっては、音や質感は良いんだけど、ノイズが多かったりする物も多く、
音質そのもの、オン、オフ時の音質差、レベル差、ノイズの問題と言う風に、とても難しいジャンルのペダルと言うのも理解していた。

このElectric Blue Chorusのサウンドは、とても自然で柔らかく、音質自体も好みだったんだけど、
一番気に入ったのは、Blendのツマミの設定次第で、可能な限り原音を損なわず、さり気なくコーラスサウンドを加える事が出来ると言う事であった。

このBLENDのツマミが、かなり有効的で、このツマミの設定によって、出力されるサウンド自体が物凄く表情豊かになるんだよね。

BLENDのツマミを上げ目にして、DEPTHを3時くらいにしてやると、一気にエフェクティブなサウンドに早変わりするし、
どちらのツマミも上げ目にすると、トレモロの様な効果も得られるんだけど、
どのセッティングで鳴らしても、決してピーキーにはならない所が素晴らしい。

ノイズが少ないのも特筆すべき点で、ハイゲイン・アンプで鳴らしている時も、
これならノイズに悩まされる事も無いし、ギンギンに歪ませてる時なんかも安心してオンに出来るのがいいね。

それから、自分が一番気にしていたのが、前後に接続したドライブ・ペダルの質感を損なわないと言う事なんだけど、
どちらに接続しても全く問題無かったし、個人的には、ドライブの後ろに接続した時のサウンドが大好き。

この接続順に関しては、かなりの時間をかけて試したんだけど、どちらに接続しても、ドライブ・ペダルの質感を損ねる事は無かったし、
良いドライブ・ペダルで鳴らしてやれば、簡単にリッチなコーラスサウンドが飛び出してくるよ。

ルックスも最高だし、今、所有しているコーラスに満足していないプレイヤーは、店頭で見かけたら、是非、トライしてみてね。

YOU

細部まで細かくレビューしていただき、ありがとうございました。

このペダルは、一般的なコーラスよりもナチュラルなコーラスを目指して作られています。濃厚なコーラスサウンドが好みの方ですと、薄く感じるかもしれませんが、YOUさんのように歪みと合わせたりする際には最適です!

Electric Blue Chorusはコーラスに良いイメージを持っていない人にこそ使って貰いたいコーラスペダルです。

コーラスエフェクトはインプットから入力された信号と揺れやディレイといったモジュレーション効果をミックスして、何人ものプレイヤーが同じパートを弾いているかのような厚みのあるサウンドを作り出すものです。

伝統的なコーラスペダルはその設計から、どうしても金属的、無機質なサウンドになってしまいます。

Electric Blue Chorusは、より心地良く柔らかな揺れとサウンドを作り出します。Blendノブが搭載され、原音とエフェクト音の割合をコントロールすることによりマイルドなコーラスからワイルドなモジュレーションまで様々に変化させることができます。

より激しい揺れに設定しても音楽的な感覚を失わず、一方、とても穏やかでサウンドにかすかな広がりと深みを加えるような効果を作り出すことができます。

コーラスペダルの悩みとして、高音域のロスやノイズ、無機質なトーンがあります。特に歪み系ペダルと繋いだ時に顕著になります。

Electric Blue Chorusは限りなく静かで透明感のあるサウンドを目指しました。クリーンサウンドではそのナチュラルなサウンドをひき立て、歪んだサウンドでは元の音を変えず無用なノイズも生み出しません。歪み系ペダルの前でも後ろでも好きな場所に繋げることが出来ます。

D

ただいま即納可能です!

YOUさん、ありがとうございました!

D

2016-06-06

ブラウンサウンド全開!マッドプロフェッサー「1」!即納可能!

Mad Professorから新作!ブラウンサウンドを作るためのペダルが入荷!

Mad Professor “1”は、70年代後期〜80年代初期にかけて、世界中に衝撃を与えた“ブラウンサウンド”をクリーンアンプで作るためのディストーションです。

あの伝説のトーンと同様Mad Professor 1は、強い歪みを作ることができます。さらにリバーブ回路を内蔵し、音色にステージの熱い空間と奥行きを追加することができます。

Mad Professor “1”は、ミディアム〜ヘヴィゲインのディストーションを作ることができます。ゲインレベルはギターのヴォリュームノブで簡単にコントロールできます。

特に“1”はギターから直接接続されることを想定したインプットインピーダンスに設定され、直接接続することで最もダイレクトかつリアルなトーンを得ることができます。

“1”ならではのBrownコントロールノブは、歪みの強さと共にディストーションの倍音成分の強さを調整します。伝説のトーンのキーとなるコントロールです。さらにPresenceコントロールノブを組み合わせることで、様々なピックアップやアンプでも“あの音”を作り出します。

“1”にはリバーブ回路も搭載しています。Reverbコントロールノブでリバーブの強さを調整できます。70年代のクラシックなレコーディングで用いられたスタジオリバーブをシミュレートし、絶妙に音色に奥行きを加える事でプレイを邪魔することなくかつてのフィーリングを楽しむことが出来ます。

実際のレコーディングで使用されているリバーブエフェクトをイメージするセッティングだけでなく、数々の伝説を生み出したステージでのトーンをイメージさせる音色を作ることもできます。

リバーブエフェクトは内部トリムポットを組み合わせ、詳細な調整も可能です。

●コントロール

VOLUME:全体の音量を調整します。

Brown:歪みの強さと倍音成分を調整します。

Presence:多くのアンプのPresenceコントロールと同等の帯域をコントロールします。

Reverb:リバーブレベルを調整します。

・内部トリムポット

Time:リバーブのディケイタイムを調整します。

Tone:リバーブの暖かさ、音色の明るさを調整します。

●スペシフィケーション

・電源:8〜12VDC

・消費電流:82mA @9VDC

・インプットインピーダンス:200K

・アウトプットインピーダンス:25K

・トゥルーバイパス

駆動にはセンターマイナス9VDCアダプター、または9V電池をご使用ください。

D

即納可能!

2016-05-29

話題のオーバードライブ、SHODのデラックスとスタンダードを比べてみましょう!

木曜日の発売からずっと話題のMad Professor New Sweet Honey Overdrive Deluxe。2バンドイコライザーが付いて扱いやすくなった、SHOD上位バージョンだと思っていませんか?

それは半分正解。ですが、実際に比較してみるとどうなるでしょうか?

では、比較します。どちらもSHOD。EQが付いたところで、同じ音を出すことは出来るはず。

 

それは大きな間違いでした。

たしかに、音の傾向や高いレスポンスなどはほぼおなじ。どちらも素晴らしいオーバードライブだと胸を張ってご案内できます。

試しに、スタンダードSHODのノブを真ん中にした音を、SHOD DLXで作るとどんな設定になるでしょうか。

試行錯誤の結果です。実はこれも同じ音にはなりません。

そう、SHODのデラックスで、スタンダードSHODの音は出ません!

もちろん近い音は出ます。ギターのヴォリュームを下げた時の音はほぼ同じです。

大きな違いは、音の透明感や歪みの倍音成分です。

スタンダードSHODの方が透明でマイルドかつブライトなすっきりとした音です。

デラックスは、もっと倍音成分が豊か。ジリっとしたエッジで、存在感のある歪みを作ります。

たとえばこんな設定にすると、音が目の前に立ちはだかるような、分厚い歪みになります。

作る音の幅広さは間違いなくデラックス。

繰り返しますが、デラックスもスタンダードもどちらも素晴らしいオーバードライブです。しかし同じ音は出ません。

もしスタンダードSHODの音を探しているなら、デラックスではなくスタンダードをお選びいただければと思います。逆に“スタンダードなオーバードライブ”として扱いやすいペダルをお探しなら、デラックスです。

BJFらしいのはスタンダード。より一般的に扱えるのがデラックスです。是非ご検討ください!

D

D

ただいま即納可能!

2016-05-26

あのSHODに“デラックスバージョン”!Mad Professor New Sweet Honey Overdrive Deluxe即納可能!

お待たせいたしました。今年のはじめに発表されてから何度もお問い合わせをいただいておりました。

Mad Professor New Sweet Honey Overdrive Deluxeが入荷!即納可能です!

Mad Professor New Sweet Honey Overdrive Deluxe (NSHOD DLX)は、世界的に高い人気で、多くのプレイヤーが愛用するハイレスポンスなオーバードライブ、Sweet Honey Overdriveにさらなる機能性を加えたオーバードライブペダルです。

●Sweet Honey Overdriveとは

Mad Professor Sweet Honey Overdrive(SHOD)は、タッチレスポンスなオーバードライブペダルです。

甘く暖かで明るいトーンが特徴で、基本的にローゲインなサウンドを作ります。

ギタートーンの中心となる、基本的な音色としてご使用いただけます。

軽くプッシュされたハンドクラフトの真空管アンプのように、軽いオーバードライブからクリーンまで、ギターのヴォリュームだけで操作することが出来ます。

SHODならではのFocusコントロールは歪みのフィールやペダル全体のダイナミクス、音色の重心を操作し、音色全体のバランスを微調整することが出来ます。

伝説的なオーバードライブペダル、“BJFE Honey Bee OD”を基本としているため、特性は似ていますが音色は全く違います。SHODはタイトで扱いやすく、様々なギターやアンプと組み合わせ、その本領を発揮します。

特に真空管アンプと組み合わせると、DRIVEノブを上げることで強い歪みを作ることも出来ます。オーバードライブとしてのゲインはそれほど高くはありませんが、音の瞬発力とレスポンス、厚い音色の質感が合わさり、手元の操作だけでまるでディストーションのような音色からブルースやロックのリード、バッキング、ファンクカッティング、ジャズギターなど、どんなジャンルにも対応できる柔軟性が特徴です。まさに「クリーンサウンドのようで歪んでいる音色」です。

SHODは、ピッキングに対する反応性が絶妙で、弾いた瞬間のタッチがそのままアンプを通して表現できるので、思うがままのプレイを実現させることができます。

SHODは、全てプレミアムコンポーネンツを使用し、高い信頼性、耐久性を持って制作されています。


●コントロール

VOLUME:全体の音量を調整します。

DRIVE:歪みの基本的な強さを調整します。ギターのVolumeやプレイのタッチと合わせ、詳細な歪みのコントロールが可能です。

TREBLE:歪み回路の後に設置されるトレブルコントロールです。高域をカット/ブーストすることができます。

BASS:歪み回路の前に設置されるベースコントロールです。低域〜中域を中心に、音の芯となる歪みを調整します。

FOCUS:回路全体の“歪みやすさ”と全体的なEQを調整します。反時計回りに回せば歪みが少なく、メロウなエフェクトに、時計回りに回せば歪みやすく、軽いトレブルブーストのかかった明るい音色に変わります。FOCUSノブは11時あたりを基本に音を作り始めてみてください。

●スペシフィケーション

・電源:7.5〜18VDC

・消費電流:6mA @9VDC

・インプットインピーダンス:390K

・アウトプットインピーダンス:25K

・トゥルーバイパス

駆動には9〜18VDCアダプター、または9V電池をご使用ください。

“NEW”。

Mad Professorは、世界的にこのペダルをSweet Honey Overdrive Deluxeと呼んでいます。日本では“New”が付きます。その理由は、製造方法が一目で分かるためです。SHODにはハンドワイヤードファクトリーモデル(Newシリーズ)、そしてデラックスがございます。

デラックスはNewが付くため、ファクトリーモデルです。ハンドワイヤードではありません。

また、ハンドワイヤードとファクトリーの見分け方として、一番分かりやすいのがこのDCジャックです。ハンドワイヤードは丸く、飛び出しています。ファクトリーモデルは四角で、平坦になっています。上からも横からも見えるので、お役立ていただければと思います。

D

D

ただいま即納可能!

2016-02-09

歪んだ音をクリーンに変える!? “第2のクリーンサウンド”ペダルとしても最適なMad Professor Evolution Orange Underdrive即納可能!

歪んだ音をクリーンに戻す、BJFらしい逆転の発想から生まれた“アンダードライブ”!

それがEvolution Orange Underdriveです。

歪みエフェクトを組み合わせれば、歪みOFF時のクリーンと、歪みONからEvolution Orange Underdriveをかけたクリーンで音を使い分けることも可能です。

アンプとの組み合わせも、ギターのVolumeを絞ったクリーンとEvolution Orange Underdriveのクリーンはまた違います。歪みをクリーンに戻す。それが音色にあらたなバリエーションを作ります。

D

Mad Professor Evolution Orange Underdrive (EOU) は、ギタートーンに対する新たなアプローチです。

クリーントーンを歪ませる“オーバードライブ”ではなく、お気に入りのオーバードライブトーンをクリーントーンへと変える“アンダードライブ”です。

Evolution Orange Underdriveは、ヴィンテージスタイルのシングルチャンネルアンプとの組み合わせにも最適です。

アンプで作った歪みに影響をあたえること無く、フットスイッチだけで即座に豊かで上質なクリーントーンが得られます。

例えば、ヴィンテージチューブアンプで歪みを作り、ギターのヴォリュームを下げてクリーンに戻すと、そのクリーントーンはどうしても暗くなってしまいます。それを対策しようとスムーステーパーにすると、今度は音が変わってしまうこともあります。

歪みは最高なのに、クリーンが少し物足りない。EOUなら、そんな悩みを抱える必要はありません。

EOUは、VolumeとTreble、Midrange、Bassの4つのノブを使い、自在にクリーントーンを調整できます。例えばMidrangeを低く設定すれば、オーバードライブの歪み成分がほとんど消え、豊かなクリーントーンが復活します。

レスポンスの高いアンプなら、Volumeを下げて入力レベルによるクリッピングを避け、TrebleとBassを調整することで必要なクリーントーンが得られます。

逆にVolumeとMidrangeを高く設定すれば、ミッドレンジをブーストすることでアンプや後段の歪みエフェクトのサウンドに影響し、フットスイッチで歪みのトーンを変えるような使い方も可能です。

常時ONにして基本のクリーンを作るプリアンプとして、新たな3バンドイコライザーやブースターとして使うことの出来る、新しい発想のエフェクトです。

●使い方

EOUを歪んだアンプやペダルの前段に接続します。まず、Volumeを12時、Midrangeを9時あたりに設定し、BassとTrebleで音色を整えてください。

その後、VolumeとMidrangeを改めて設定してみてください。

※EOUは、完全なクリーンを作るためのペダルではありません。後段に接続されたペダルやアンプのゲインが高い場合、完全なクリーンまでは戻らず、歪みが緩和/低減される程度までの設定となる場合もあります。

しかし、単にギターのヴォリュームを下げた場合とは違い、ギターサウンドのパンチやブリリアンスを損ねること無く、また単にヴォリュームを下げた場合よりも大きな音量で同等のゲイン設定が得られるようになります。

D

●コントロール

Midrange:±15dB at 400Hz

Treble:±15dB at 7kHz

Bass:±15dB at 100Hz

Volume:全体の音量を調整します。基本的に最大でユニティゲインとなります。

D

●ELECTRICAL SPECIFICATION

Input Impedance approx.500K

Output Impedance approx.5K

Current Draw @9V 10mA

Voltage Supply Range +8V to +18V DC

EOUは9〜18Vアダプター、または9V電池で駆動します。

ただいま即納可能!

2015-11-26

Nothing's Carved In Stoneの村松さんも使用中!謎のケーブルMad Professor RED Cableとは!?

この写真は、Nothing's Carved In Stoneの村松 拓さんのアンプとケーブルです。

アンプに付いているこたつみたいなケーブル、これがMad professor RED Cableです!

つなぐだけで機材全体の音を整える。魔法のようなケーブルです。オカルトだと思っていただいても構いませんが、結論は是非とも一度試してからにしていただければと思います。

素粒子レベルでの技術を用いたことによるケーブルです。ヴィンテージワイヤーの特性だったり、筐体のサイズや素材が違う、といったそんなレベルの音の変わり方ではありません。使えば分かります。ケーブルの形をしていますが、これはエフェクターと言って良いほど音が変わります。

Mad Professor RED Cableは、ナノテクノロジーを用い、磁場を発生させて音色やシグナルを安定させるケーブルです。

RED Cable自体の長さは90cmほどで、片側がメスプラグとなっていて、メインケーブルの代替品として使うものではありません。

使い方は、今ご使用になっているケーブルの最後、アンプに接続するところにこのRED Cableをはさむだけです。

RED Cableはフィンランド、クオピオ大学とSpindeco社が長年研究を続け、開発されたSpinXテクノロジーによるケーブルです。

このケーブルはエネルギー伝達効率や充電の効率を高めることのできる技術であり、同様に電気的なシグナルである音声信号にも効果的です。

SpinXは、ナノ粒子を使って治療を行う最先端医療の技術に基いています。電気シグナルのシグナルフローに磁場を発生させ、シグナルを再編成します。そしてスピン波により、シグナルフロー全体の伝達効率を高めるという技術です。

例えば充電技術に用いれば充電効率が向上します。そしてRED Cableの場合は、楽器からスピーカーアウトまでのシグナル伝達効率を高めることができます。

ナノテクノロジーによる効果と、その磁場により起こる現象を利用しているため、本体に電源は不要です。このケーブルを間に通すだけでシステム全体の伝達効率が高まり、全体のケーブルや配線材をアップグレードしたかのような効果が得られます。

※スピンとは、電子の自転のことで、磁場の発生源です。磁石はこのスピンの方向性がそろうことで磁力を持ちます。磁力を持たない物質はスピンの方向がそろわず、磁場が中和されています。

この電子のスピンで起こる磁場の波をスピン波と言い、熱エネルギーの伝達や最先端医療など様々なナノテクノロジーの分野で注目、研究が進んでいます。

●Spindeco社とSpinXとは

SpinXテクノロジーは、元々20世紀初めの永久磁石を使った実験から始まります。この実験で、ペッカ・サースタモイネンは、電子のライニングを操作する方法を発見しました。この発見を現在のSpindeco社CEOであるペテリ・コージョネンに紹介しました。

実験に於いて信号伝達が改善した理由を量子技術から徹底的に研究、解析を行いました。

2004年、電子のスピンが充電や信号伝達の電流の効率に影響を与えることが明らかになり、2007年には素材に磁性を加える事で有効な磁場を作るよう制御することができるようになりました。その磁性が、素材全体の中を流れる電子を再編成します。

さらに実験を続けると、スリリングな新しい効果も見つかりました。当初この磁性は素材のみに影響すると考えられていましたが、その中を流れる電子の動きにより、その素材が接続された配線や機器全体に影響するということです。

信号伝達は低温環境ほど効率が良くなりますが、磁性を加えた素材を用いたケーブルを接続すると、まるで気温が下がった時のような伝達効率を見せたのです。特にハイファイオーディオ機器に於いては、誰もがその違いに気づけるほど音が変わったのです。

2010年、Spindeco社は東フィンランドのクオピオ大学と共にシグナル伝達の測定を行いました。

この発明が関連するアプリケーションは多大であり、様々な電子機器に適応できます。Spindeco社CEOのコージョネンは、まず自身が経験のあるギター機器にこの技術を用いた製品の制作を決定しました。

SpinXテクノロジーを用いたケーブルはギター、ベース共に効果的です。開発段階に於いても、ギタリストやベーシストは誰もその効果を信じようとしませんでしたが、実際に音を出した後はだれも疑う者はいませんでした。

2014年、コージョネンはMad Professorと共に、革新的なコラボレーションを初め、本格的な製品化のための開発をスタートしました。

そして完成したのがMad Professor RED Cableなのです。

D

ただいま即納可能

2015-11-14

ギタリストが求めるトーンを創りだす!待望のMad Professor Golden Cello入荷!即納可能です!

これまで何度もお問い合わせをいただいていた、あのペダルが遂に!

海外でのみ展開されていたMad Professor Golden Celloが待望の入荷となりました!

Mad Professor Golden Celloは、通常は複数の機材を組み合わせて作られるトーンをまとめたユニークなペダルです。

どれほど極上のオーバードライブペダルであっても、それだけで音を作ろうとしても足りないことがあります。そして、そこにギタリストが求めるもの、それが空間的な広がりです。

Golden Celloは美しく歌い上げるオーバードライブトーンに、ハイクオリティでテープエコーライクなディレイエフェクトを組み合わせました。もちろんオーバードライブとディレイエフェクトは完全にチューニングされ、主役のオーバードライブを空間的に広げるためのディレイエフェクトというバランスで設定されています。

このペダル1つで、ゲインレンジが広くハイレスポンスで扱いやすい、Mad Professorらしいオーバードライブトーンと、そのサウンドに立体感を与えるためだけに作られた贅沢なディレイエフェクトが手に入ります。

オーバードライブを引き立てるためだけに新たなディレイペダルを導入する必要もありませんし、そのセッティングにかける時間も必要ありません。

Golden Celloをクリーンアンプにプラグインすれば、そこには極彩色に溢れたリードトーンが広がります。ペダルボードにはコンパクトペダル1台分のスペースがあれば十分です。

ディレイエフェクトは完全にカットすることも可能で、ディレイタイムやフィードバックは内部トリムポットでコントロールできます。

●コントロール

Volume:オーバードライブ、ディレイを含めた全体のアウトプットレベルを調整します。

Tone:トレブルを中心に音色をコントロールします。音をソフトにしたりシャープにすることができます。

Distortion:歪みの強さとサステインの長さをコントロールします。軽いクランチからハードな飽和感を持つオーバードライブまで、広いゲインレンジを設定できます。

Delay:オーバードライブにかかるディレイエフェクトのレベルをコントロールします。

・ペダル内部にはrepeat、length、volumeトリムポットがあります。これらはディレイエフェクトのフィードバック、ディレイタイム、ディレイレベルを微調整します。

Electrical Specifications:

Current draw @9VD:V 43mA

Input impedance: 70K Ohms

Output impedance: 50K 0hms

Supply voltage: 9-12VDC

Complete true bypass and input of circuit grounded in bypass

Golden CelloはDC9〜12V、センターマイナス2.1mmプラグのアダプター、または9V電池で駆動します。

内部トリムポットの操作は精密ドライバーを使用し、慎重に行って下さい。

D

ただいま即納可能!