ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2013-10-26

JHSニューモデル見参!Moonshine Overdrive即納可能!

今、急上昇中のJHS Pedalsから入荷した新しいオーバードライブ、Moonshine Overdriveです。このペダルは一体何なのか、徹底的に考えてみましょう!

透明なオーバードライブは面白く無い、独自のキャラクターが欲しい。そうお考えの方に、Moonshine Overdriveはぴったりです!

Moonshine Overdriveは、史上最も有名な、小さな緑色の箱に収められたオーバードライブを、個性的、独創的に調整し、独特の個性を作り出すペダルです。まさにMoonshine(密造酒)のような個性的で、一度味わったらやめられないサウンドが手に入ります。

ブルース、ロック、カントリー、ジャズ、さらにハードロックからメタルプレイヤーまで、誰もが必要とする、ユニークで強力に重たいミッドレンジを作るための不可欠なペダルです。

Moonshine OverdriveのVolume、Tone、Driveノブの微調整のしやすさは自宅ですら感じられることでしょう。さらに、シンプルな2ポジションのProof(アルコール度数)トグルスイッチは、力強さのあるカラーリングがなされたブーストやローゲインチューブアンプの美しい歪みと、ディストーションペダルのフルゲインの領域に手の届くヘヴィで荒削りな歪みを切り替えられます。

Proofスイッチは、下のポジションでハイゲインセッティングになります。強力なサチュレーションとロングサステイン、そして強く粘るミッドレンジを実現します。

上のポジションではよりオープンで力強いクランチサウンドが得られます。この音にはどんなアンプも、まさに音を上げることでしょう。さらにこのポジションでは全体的なブーストアップと、そしてより高いヘッドルームを実現し、さらにクリーンなセッティングにも対応します。

Toneコントロールを下げれば、熟成の進んだウィスキーのようにスムーズなサウンドを作り出し、Toneを上げても、多くのペダルに出るようなアイスピックのようなノイズはありません。

Moonshine Overdriveは、JHS SuperBoltと同様、内部で18Vに昇圧しています。この機構によりヘッドルームが広がり、ローエンドが付加され、そして全体的にパンチのあるサウンドとなります。

Moonshine Overdriveが、あなたにとって今まで味わったこともないような太い音が出るペダルだとしても驚きません。またMoonshine Overdriveを、お好みのオーバードライブやブースター、ファズと組み合わせてお使いになればさらに好みの音が出せるでしょう。

Moonshine Overdriveは、様々なスタイルのアンプサウンドを作ることができます。

例えばSRVのクラシックなストラト+Fenderアンプトーンから、EdgeがVoxアンプで作る、ロックの壁のようなトーン、さらには超高額なアンプとして知られるダンブルアンプのリードトーンを作る設定も見つかるでしょう。


Monshine Overdriveは、世界で最も有名なオーバードライブ、Tube Screamerを元に、JHSならではの改良を施したペダルです。

内部の回路にも様々な工夫が凝らされています。

JHSのチューブスクリーマーを元にしたペダルといえば、あるペダルが思い浮かびます。

STRAIGHTENERのホリエアツシ氏のボードに3台も入っているペダルとして人気の、JHS 808です。

Moonshine Overdriveは、この808の後継モデルでもあります。

とはいえ、内部は大きく変更されています。最大の違いは、Moonshine Overdriveには電圧のチャージポンプ回路が入っていること。そして、クリッピングのバイパスモードがなくなったことです。

実際に比較すると、音はたしかに似ていますが、別物であることがわかります。特にMoonshine Overdriveの方が高いゲインの音まで作ることができます。

チューブスクリーマーに近いかと言うと、確かに少し近いですが、圧倒的にMoonshineと808の方がフレキシブルで、モダンな音色です。

D

D

かなりのゲインまで作ることができ、またフレキシブルで扱い易いToneコントロールが付いているので、様々なアンプの持つサウンドを表現できます。1台でこれだけできると重宝します。

Moonshine Overdrive、ただ今即納可能です!