ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2016-10-15

世界中で人気!定番“トランスペアレント”ドライブ”!進化したJHS Morning Gloryです!

入荷してはすぐに売り切れが続いてしまっていた、世界で人気の定番オーバードライブ、入荷しました!

JHS Pedals Morning Gloryは、発売から長年に渡り高い賞賛を受け、世界中から評価をいただいています。2009年に開発された当初、ギターとアンプのトーンを大きく変えることのないオーバードライブとして制作されました。強いミッドレンジやサウンドキャラクターの変更をしない、透明なオーバードライブペダルです。
Morning Gloryは最も扱いやすいトランスペアレントなオーバードライブペダルであることを目標に制作され、また今でもそれは目標として常に進化を続けています。
“トランスペアレント”という言葉は、それ自体がまさにMorning Gloryというペダルを表すのにふさわしい言葉です。

Morning Glory V4は、Volume、Drive、ToneとGainスイッチを装備します。Volumeコントロールは全体のアウトプットレベルをコントロールします。Morning Glory V4では、以前のモデルに比べて2倍のヘッドルームを加えました。
Driveコントロールは、時計回りで歪みを強くします。このコントロールを上げると、同時にトレブルが少しだけ強化されます。
Toneコントロールはベーシックなハイパスフィルターです。時計回りでトーンがブライトに変わります。反時計回りに回すとダークになります。
Gainトグルスイッチは新しいブーストモードを設定できます。このモードはパワフルで、ローエンドを強調しています。Driveノブを上げれば、さらなるハイゲインサウンドを作ることもできます。ブーストモードではLEDが赤色に変わります。
側面にある端子に接続したラッチタイプのフットスイッチを使用してGainトグルスイッチをリモートコントロールすることができます。側面の赤い端子にはモノラルプラグを接続し、ラッチタイプのフットスイッチで操作できます。この端子にプラグが接続されている時、本体のGainトグルスイッチは無効となります。

Morning Gloryは、非常に優秀で透明なトーンシェイピングツールです。オリジナルMasrhall Bluesbreakerをベースに、数年にわたって製作、ギグ、改良を重ねてたどり着きました。
名機BBの設計者が最初に目指したものはそのままに、Morning Gloryは大きく進化しました。

「Little Wing」の鈴鳴りからクラシックロックの歪みさらにブーストモードを使用してより高いゲインまでををカバー。
ストラトプレイヤーなら、今まで考えられなかったような音が、レスポールなら、それなしで生きていけないほど魅力的な新しい音のパレットが見つかるでしょう。

高いヘッドルームは、歪みだけでなくクリーンブーストとして使ったときにも高い効果が得られます。

Morning Glory V4は、一般的な9Vアダプタ(EPA-2000推奨)で駆動します。電池での駆動はできません。消費電流は100mA以下です。

D

今なら即納可能!

2014-04-22

JHS Pedals待望の再入荷!贅沢な歪みの使い方をしてみました。

大変お待たせいたしました!多数売り切れてしまっておりました、JHS Pedalsが待望の再入荷です!

JHS Pedalsは、国内はもとより、全世界で人気が急上昇。あまりにも売れすぎて、本国での生産が全く追いつかず、今回の再入荷も遅くなってしまいました。

今、JHS Pedalsの中でも特に勢いを感じるのが

Morning Gloryです。

Morning Gloryは、非常に優秀で透明なトーンシェイピングツールです。オリジナルMasrhall Bluesbreakerをベースに、数年にわたって製作、ギグ、改良を重ねてたどり着きました。

名機BBの設計者が最初に目指したものはそのままに、Morning Gloryは大きく進化しました。

Morning Gloryは、Bluesbrakerの約4倍のゲイン、2倍のヘッドルーム、そしてさらに使いやすくなったトーンコントロールを搭載し、Bright Cutスイッチでギターに合わせたEQの可変幅を切替、完璧な音作りをサポートします。

ONにすれば即座に気づくほど、高いヘッドルームとレスポンス。完全な周波数バランスとToneノブによる高域のロールオフ。Driveノブは「Little Wing」の鈴鳴りからクラシックロックの歪みまでをカバー。

ストラトプレイヤーなら、今まで考えられなかったような音が、レスポールなら、それなしで生きていけないほど魅力的な新しい音のパレットが見つかるでしょう。

高いヘッドルームは、歪みだけでなくクリーンブーストとして使ったときにも高い効果が得られます。後につないだペダルにとってもその方が良いでしょう。

せっかく再入荷しましたので、贅沢なことをしてみました。

Mad Professor New Sweet Honey Overdriveと組み合わせての音出しです。

どちらもローゲイン系のオーバードライブペダルで、しかもレスポンスの良さが特徴のペダルです。似た特性ですが、音にはそれぞれ違いが有り、JHSは透明で味付けの少ない音色、SHODも味付けのは少なめですが甘く暖かい音色です。ゲインを上げると、JHSの方がドライな、SHODの方がウェットな歪み方をします。

これを組み合わせると、とんでもない化学反応を起しました。

SHODの暖かさ、音の丸さに、JHSの立体感が加わります。レスポンスも高く、両方のゲインを上げればディストーションに近い音まで手に入ります。

こんなの良い音が出るに決まってる。そう思って試したんですが、それどころではありませんでした。特にブルースやリードを多用するギタリストの方にはおすすめの組み合わせです!是非お試しください!

D

D

D

D

D

 

2013-04-29

あの名機をJHSがここまで進化させた! Morning Glory入荷!

新しく取り扱いの始まったJHS Pedals。その中でも特に有名なのが、Morning Gloryというオーバードライブです。

このペダルはスタンダードなミディアムゲインのオーバードライブで、名機Marshall Blues

Breakerをベースとして何年もの研究と改良、実践を重ねてきた結果の完成形と言えるペダルです。


D

ギターそのものの音には大きく影響しない透明なドライブサウンド。

オーバードライブの仕事はギターに歪みを加えることだという基本を守り抜く姿勢を貫くペダルです。

鈴鳴りと呼ばれるようなクリーントーンから、クラシックロックの本格的な歪みまでカバーする汎用性の高さ、ギターの種類に合わせてEQを調整するBright

Cutスイッチ、そしてToneコントロール。

 

D

透明感のあるドライブサウンドはコントローラブルで使いやすく、高いヘッドルームとレスポンスがその使いやすさに拍車を掛けます。


D

Morning Gloryで、これまでのオーバードライブとは違った新しい音を模索してください!