ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr




2015-07-18

ファット、スムースなオーバードライブ、Amber OverdriveがNewシリーズ!New Amber Overdriveご予約受付中!

Mad Professorのニューモデル、ご予約受付中!

Mad Professorが“極上のチューブアンプに上質なドライブペダルを接続したトーン”を狙ったAmber Overdriveは、その太く分厚い、それでいてスムースでコントローラブルな音色が特徴です。

New Amber Overdriveは、そんなAmber Overdriveのトーンを受け継ぎながら、生産方式、内部基板、ジャック、ポット等の構造を見直したことでよりお求めやすいモデルとして誕生しました。

オリジナルAmber Overdriveとの違い

オリジナルAmber OverdriveとNew Amber Overdriveは、多少ながら違いがあります。

■筐体

ずっしりと重いオリジナルAmber Overdriveは亜鉛ダイキャスト筐体を採用していますが、New Amber Overdriveはアルミダイキャストボディを採用し、軽量に作られています。

■ジャック・スイッチ類

New Amber Overdriveでは、生産性向上のため、インプット/アウトプットジャック、アダプタージャック、フットスイッチ等を全て基板に直接配置して製作されています。

そのため、インプット/アウトプット/アダプタージャック、フットスイッチが変更されています。

■サウンド

オリジナルAmber Overdriveのサウンドを踏襲していますが、パーツの違いにより、直接並べて比較するとサウンドは多少異なります。


極上のチューブアンプの歪みを作るオーバードライブはたくさん作られています。また、チューブアンプをプッシュすることで至上のトーンを作るオーバードライブやファズペダルも、多くのギタリストに愛されています。

極上のチューブアンプに、素晴らしい歪みペダル。それを組み合わせたトーンは、今も昔もギタリストが求め続けたトーンの最終形の1つと言えます。

Amber Overdriveは、そんなギタリストが追い求めてきたトーンを1台で作るために開発された、オーバードライブペダルです。

分厚く、音が迫り来るような太さと倍音成分が踊る、まさにジューシーな歪みは、コードバッキング、ミュートでの刻みから圧巻のリードトーンまでをカバーします。

Amber Overdriveはチューブアンプがペダルでプッシュされた時のような高い飽和感を持ち、同時に、良質のペダルでプッシュされたチューブアンプがそうであるように、ギターヴォリュームやピッキングアタックで音の表情や歪みの強さをコントロールできるダイナミクスも備えています。

クリーンセッティングのアンプにAmber Overdriveを使用すれば、そこにはステージに居並ぶアンプに火が入り、足元のペダルが踏まれた時の、“マッシヴ”で、かつコントローラブルなサウンドが広がります。

ドライブしたチューブアンプにAmber Overdriveを使用すれば、歪みを軽く付加するブーストも可能です。

Amber Overdriveは、特にギターから最初(もしくはトゥルーバイパスチューナーの後ろなど)に接続することを推奨します。そうすることでこのペダルのミディアムなインプットインピーダンスがスムースなトーンの鍵となります。バッファやブースターなどを通したローインピーダンスなシグナルをAmber Overdriveに通すと、トレブル〜アッパーミッドが強調されたトーンとなります。


小さなペダルでビッグなトーンを、それがMad Professorです。

●コントロール

VOLUME:音量を調整します。

DRIVE:歪みの強さを調整します。中央より左側ではスタンダードなオーバードライブ程度のゲインで、ギターのVolumeコントロールでクリーンまで戻すこともできます。中央を超えると分厚く太いトーンが得られます。ロー〜ミディアムゲインの設定にしたいときは、このノブを最小から設定し始めてみてください。

TONE:主にシグナルのトップエンドをブースト/カットできるコントロールです。多くのチューブアンプにある“Bright Switch”で切替えられるあたりの帯域を調整します。バッファやブースターなどの後にAmber Overdriveを接続する場合、Toneコントロールを下げるとより良い音色となります。

●Electrical specifications

Current consumption: 2,5mA@9V

Voltage range: 7,5-12 V

Input impedance: 45K

Output drive capability: 25K Ohms

Complete true bypass and input of circuit

grounded in bypass

ただいまご予約受付中

試奏サービスも承ります!