ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2014-10-20

Forest Green Compressorをブースターとして使ってみよう!

D

大人気のエフェクターブランド、Mad Professorから、動画が届きました。

Forest Green CompressorDeep blue Delayを使い、コンプレッサーをブースターとしてクリーンなDeluxe Reverbをブーストし、極上のクランチを作っています。

驚くことに、マイクレコーディングではなくTwo-Notesのシミュレーターを使用したラインレコーディングで、このサウンドです!

ノイズを極限まで減らし、歪みは最小まで抑える。 きわめてシンプルな目標のために何百回とテストを 重ねあげて、遂に満足のいくコンプが出来上がりました。

そのサウンドは自然、ナチュラル、ウォームという言葉よりも、透明、ピュア、という言葉のほうが当てはまります。

さらに、ロータリータイプの2モード切替スイッチにより、コンプモード、サステインモードに切り替えることができ、サステインモードでは非常に透明感のあるロングサステインサウンドを実現することができます。その操作性は二台の高級コンプを足元に置いているかのごとくあなたのサウンドを強力にサポートします。

このペダルは シンプルに、ギターの持つ透明なトーンを十分に引き出すために開発されました。

このコンプレッサーはこれらの機能を持ちながらもこの小さいケースに詰め込むことに成功しました。


ディープブルーディレイは非常にナチュラルなサウンドをもつデジタル/アナログディレイです。

このディープブルーディレイはクラシカルなテープエコーユニットと同域のデプスを持ち、さらにアンプの前に、またアンプのLOOPにも 使えるように最適化されています。

このディレイはノイズリダクションは搭載されておりません。これにより非常にナチュラルなディレイサウンドを表現することに成功しました。

ドライのサウンドは限りなく短い回路で設計されており、なにひとつつフィルタリングされておりません。

すべてのつまみを前回にしても音が歪むことなく非常に美しいディレイサウンドが出せるのが特徴です。

エコーサウンドはあらゆる極端なセッティングにも干渉なしにフィットするよう設計されています。


このペダルは さまざまなディレイペダルが深刻な音となってしまう 歪みサウンドなどで最高の威力を発揮できるようBJFがデザインしました。

このディレイはこれらの機能を持ちながらもこの小さいケースに詰め込むことに成功しました。

(Width x Length x Height :69mm x 111mm x 50mm including jacks and knobs)

あなたはアンビエンスなディレイサウンド、ビンテージテープエコー、さらには自己発振などもいともたやすく作り出せるように設定されています。


歪みは、コンプレッションです。コンプレッサーはアンプをドライブさせすぎずにコンプレッションを付加することができるため、ブースターとしてもとても優秀な機材なのです。

この動画のような、センシティブなクリーンアンプで甘い音を作る際にもとても有効ですし、逆にアンプ自体の歪みがとても強いハイゲインアンプをブーストしてリードサウンドを作る際にもとても役立ちます。

コンプレッションが加わると粒立ちも良くなるため、特にロック系の歪ませたミュートの刻みでも、今まで以上に迫力のサウンドが得られます。

かつて、コンプレッサーは“技術を補うもの”という認識で、とくにこだわりを持つプレイヤーほどコンプレッサーを使わない、ということすらありました。ところがプロになると、逆にコンプレッサーを上手く活用し、プロフェッショナルらしい音色を作るようになるのです。

コンプレッサーの使い方が理解できなかったプレイヤーが広めた話なのか、それとも“プロの技術”を盗まれないためにコンプレッサーを使わせないようにしむけたのか、そんな真偽は考えても仕方がありません。

きちんと理解すればこれほど心強いペダルはありません。コンプレッサー、是非いろいろお試しください。

2013-11-10

ハイクオリティコンプレッサー!New Forest Green Comp再入荷!

久々の再入荷です!おまたせいたしました!

D

ノイズを極限まで減らし、歪みは最小まで抑える。 きわめてシンプルな目標のために何百回とテストを 重ねあげて、遂に満足のいくコンプが出来上がりました。

そのサウンドは自然、ナチュラル、ウォームという言葉よりも、透明、ピュア、という言葉のほうが当てはまります。

さらに、ロータリータイプの2モード切替スイッチにより、コンプモード、サステインモードに切り替えることができ、サステインモードでは非常に透明感のあるロングサステインサウンドを実現することができます。その操作性は二台の高級コンプを足元に置いているかのごとくあなたのサウンドを強力にサポートします。

D

このペダルは シンプルに、ギターの持つ透明なトーンを十分に引き出すために開発されました。

このコンプレッサーはこれらの機能を持ちながらもこの小さいケースに詰め込むことに成功しました。

D

大人気のSweet Honey Overdrive(SHOD)、透明感のあるコーラス、Electric Blue Chorus(EBC)を同時に使えばさらにサウンドバリエーションが広がります!

歪み+コーラスの組み合わせは、このSHODとEBCのようにコーラスを強めに掛けて音の揺れを強調することもできますし、例えばザック・ワイルドがのようにコーラスの揺れを抑えて使えば、歪んだギターサウンドをより太くすることもできます。

コンプレッサーは様々な場面で活躍します。特にFGCは非常にナチュラルな極上のコンプレッサーです。歪みの前に接続して同時に使うと、音の太さやエッジなどを強調し、迫力のあるサウンドとなります。

特にFGCの場合はそのナチュラルさゆえに、歪みそのものの特性を大きく変えずにブーストをしたり迫力を出す、という使い方には最適。

FGC(SHOD)(EBC)、全て即納可能です!

2010-12-01

Mad Professor New Forest Green Compressor 詳細レビュー!

Mad Professorから発売されたニューモデル、New Forest Green Compressor

ビンテージナチュラルコンプの極上サウンドに勝るとも劣らないサウンドが特徴のForest Green Compハンドワイアードバージョンと比べて、どこが変わったのでしょうか。

f:id:world_9v:20101113185020j:image

まず、一目見ておわかりになるかと思いますが、操作性が向上しています。

一見4ポットに見えるNewバージョンですが、右上のノブはロータリー式の切替スイッチとなっていて、基本的な機能に違いはありません。

ですが、スイッチがフットスイッチから遠ざかり、しかもロータリー式になったことで、トグルスイッチを踏んで折ってしまったり、蹴ってモードか変わってしまうことがなくなりました。

そして、サウンドです。

ハンドワイアードのFGCは、ナチュラルでギターサウンドに薄いベールをかぶせてそのまま引き延ばしたようなサウンドが特徴です。今回、ニューバージョンとなったことで、その基本となる特性はそのまま引き継いでいます。

しかし、サウンド面で大きく変化したのがトーンコントロールの効き幅です。

ハンドワイアードFGCは、トーンコントロールが非常に狭い範囲での微調整用として用意されており、基本的なビンテージライクなサウンドを保ちながら、好みに合わせて少し変化をつけるためのものでした。

しかし、ニューバージョンのFGCはトーンコントロールの効きがとても広くなりました。できるだけ似たサウンドを作って比較したところ、ハンドワイアードのFGCは、ニューバージョンのFGCのトーンコントロールで言うと9時のあたりから12時のあたりの範囲が、トーンコントロールの全範囲となっていました。

これだけ違えば、トーンコントロールの設定によって、ハンドワイアードバージョンでは作ることの出来なかったサウンドが得られます。

具体的には、より煌びやかで現代的なコンプサウンドに対応するようになりました。

ビンテージコンプサウンドと、高い耐久性、コンパクト、そしてトゥルーバイパスなどの現代的な装備を両立し、さらに詳細に音を作り込んでいくタイプならハンドワイアードバージョンを、ナチュラルで使いやすく、そして高品質で、ハイファイ過ぎないコンプレッサーをお求めなら、ニューバージョンがおすすめです。

ただいまどちらも即納可能!どうぞよろしくお願いします!

2010-11-13

MAD PROFESSOR MRDとFGCのPCBバージョン 発売決定!

MAD PROFESSORのハイクオリティなサウンドをお手頃価格で実現するNewシリーズ最新モデルの発売が決定しました!

Mighty Red Distortion(MRD)とForest Green Compressor(FGC)です。

ただいま先行予約受付中!発送予定は11月18日です。

今なら先行予約限定10%OFFセールも開催中!

先にサンプルモデルが届き、さっそくチェックを行いました。まずはMRDから。

f:id:world_9v:20101113185134j:image

どっちがニューバージョンか分かりますでしょうか?

お持ちの方は分かるかと思いますが、左がニューバージョンです。右がこれまでも発売されていたハンドワイアードバージョン。

赤という色のせいもありますが、これまでのニューバージョンの中で一番、オリジナルに近い外観です。

音を出してみると、それほど違いはありませんでした。

最も大きな違いは、ニューバージョンの方が大きな音量が出ることです。Volumeノブで絞ることはできます。

ゲインやPresenceコントロールの違いもほとんどありませんでした。

続いてFGCを。

f:id:world_9v:20101113185020j:image

こちらは一目瞭然ですね。オリジナルバージョンは塗装も手作業なので、色合いに違いが出ることがあります。この写真のモデルは若干青みがかったグリーンでした。(露光の関係でかなり青くなっていますが、もう少し緑です。)

そして、もっと分かるのがスイッチとノブの配置の違いです。COMPノブとモードを変更するスイッチの位置が入れ替わり、さらにスイッチ自体がノブタイプのロータリースイッチに変更されました。

これは、ステージでフットスイッチを踏む際、誤ってモードを変えてしまわないようにする配慮ですね。

音は、こちらも基本的なコンプの特性に違いはありません。並べて弾くと確かに音の違いを感じることができますが、並べてその場で比較しないと分からないくらいの違いとも言えます。

また、TONEコントロールの効きが、ニューバージョンの方が圧倒的に広く設定されています。オリジナルバージョンのTONEは、ニューバージョンのTONEノブが9時〜12時あたりの幅となっています。

幅広いニーズに対応したニューバージョンと、より深く細かい設定ができるオリジナルバージョン、どちらがお好みかはプレイヤーによって変わってきそうですね。

MAD PROFESSORのニューバージョンは、単なる廉価版と思われるかもしれませんが、そうではありません。

価格帯を考えれば圧倒的なクオリティを発揮しているだけでなく、オリジナルバージョンとは少し違った個性もあります。

どちらを選ぶかはご自分の判断で!まもなく発売です!