ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2010-11-18

Mad Professor New Mighty Red Distortionの実力

このたび、新しく入荷したMad Professor New Mighty Red Distortion

先日にも少しご紹介しましたが、改めて詳しく書かせて頂きたいと思います。

f:id:world_9v:20101113185134j:image

Mad Professorペダルの中でも人気の高いディストーション、Mighty Red Distortionは、80年代に全盛を誇った、ディストーションサウンドをノイズレスに作り出します。その音は、まさにギター、ロック、という言葉から思い描くことのできる歪みサウンドそのものです。

では、このNew MRDはハンドワイアードのオリジナルモデルと比較して、どの程度音の違いがあるでしょうか。

この2台は、回路に違いはありませんが、製造法、ケース、そしてジャックやスイッチ等のパーツが少し変更されています。

実際にこの2台を並べ、ノブの位置を変えながら試してみました。

最も大きな違いは、最大音量です。もともとMRDはそれほど爆音を作ることができるモデルではありません。(音が引っ込むようなことはありませんが)。しかし、New MRDはブースターとして使っても使えるほど、高い出力に対応しています。もちろん、Volumeコントロールで音量は自在にコントロール可能です。

続いて、最大ゲイン。こちらはオリジナルMRDの方が少し高いです。

音色や歪みの特性に違いはほとんどありません。強いて上げるとすれば、ローエンドの出方が、オリジナルモデルに比べ、ほんの少しだけあっさりとしたサウンドとなっているくらいでしょうか。

これまで、Mad ProfessorのNewシリーズペダルとそれぞれのオリジナルモデルを比較してきましたが、このMRDは中でも最も違いが少ないペダルでした。

Mad Professor New Mighty Red Distortionはただいま即納可能!どうぞよろしくお願いします!

2010-11-13

MAD PROFESSOR MRDとFGCのPCBバージョン 発売決定!

MAD PROFESSORのハイクオリティなサウンドをお手頃価格で実現するNewシリーズ最新モデルの発売が決定しました!

Mighty Red Distortion(MRD)とForest Green Compressor(FGC)です。

ただいま先行予約受付中!発送予定は11月18日です。

今なら先行予約限定10%OFFセールも開催中!

先にサンプルモデルが届き、さっそくチェックを行いました。まずはMRDから。

f:id:world_9v:20101113185134j:image

どっちがニューバージョンか分かりますでしょうか?

お持ちの方は分かるかと思いますが、左がニューバージョンです。右がこれまでも発売されていたハンドワイアードバージョン。

赤という色のせいもありますが、これまでのニューバージョンの中で一番、オリジナルに近い外観です。

音を出してみると、それほど違いはありませんでした。

最も大きな違いは、ニューバージョンの方が大きな音量が出ることです。Volumeノブで絞ることはできます。

ゲインやPresenceコントロールの違いもほとんどありませんでした。

続いてFGCを。

f:id:world_9v:20101113185020j:image

こちらは一目瞭然ですね。オリジナルバージョンは塗装も手作業なので、色合いに違いが出ることがあります。この写真のモデルは若干青みがかったグリーンでした。(露光の関係でかなり青くなっていますが、もう少し緑です。)

そして、もっと分かるのがスイッチとノブの配置の違いです。COMPノブとモードを変更するスイッチの位置が入れ替わり、さらにスイッチ自体がノブタイプのロータリースイッチに変更されました。

これは、ステージでフットスイッチを踏む際、誤ってモードを変えてしまわないようにする配慮ですね。

音は、こちらも基本的なコンプの特性に違いはありません。並べて弾くと確かに音の違いを感じることができますが、並べてその場で比較しないと分からないくらいの違いとも言えます。

また、TONEコントロールの効きが、ニューバージョンの方が圧倒的に広く設定されています。オリジナルバージョンのTONEは、ニューバージョンのTONEノブが9時〜12時あたりの幅となっています。

幅広いニーズに対応したニューバージョンと、より深く細かい設定ができるオリジナルバージョン、どちらがお好みかはプレイヤーによって変わってきそうですね。

MAD PROFESSORのニューバージョンは、単なる廉価版と思われるかもしれませんが、そうではありません。

価格帯を考えれば圧倒的なクオリティを発揮しているだけでなく、オリジナルバージョンとは少し違った個性もあります。

どちらを選ぶかはご自分の判断で!まもなく発売です!

2010-08-02

Mad Professor New Mighty Red Distortionご予約受付中!

続々と「Newシリーズ」を発売しているMad Professorより、New Mighty Red Distortionを発売すると情報が届きました。

価格等についてはまだ決まっておりませんが、おそらく他のNewシリーズと同等の価格帯になると思います。

ただいまご予約受付中!

また、8/10まで即納可能のNewシリーズが期間限定で送料無料です!お早めに!