ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2014-04-22

JHS Pedals待望の再入荷!贅沢な歪みの使い方をしてみました。

大変お待たせいたしました!多数売り切れてしまっておりました、JHS Pedalsが待望の再入荷です!

JHS Pedalsは、国内はもとより、全世界で人気が急上昇。あまりにも売れすぎて、本国での生産が全く追いつかず、今回の再入荷も遅くなってしまいました。

今、JHS Pedalsの中でも特に勢いを感じるのが

Morning Gloryです。

Morning Gloryは、非常に優秀で透明なトーンシェイピングツールです。オリジナルMasrhall Bluesbreakerをベースに、数年にわたって製作、ギグ、改良を重ねてたどり着きました。

名機BBの設計者が最初に目指したものはそのままに、Morning Gloryは大きく進化しました。

Morning Gloryは、Bluesbrakerの約4倍のゲイン、2倍のヘッドルーム、そしてさらに使いやすくなったトーンコントロールを搭載し、Bright Cutスイッチでギターに合わせたEQの可変幅を切替、完璧な音作りをサポートします。

ONにすれば即座に気づくほど、高いヘッドルームとレスポンス。完全な周波数バランスとToneノブによる高域のロールオフ。Driveノブは「Little Wing」の鈴鳴りからクラシックロックの歪みまでをカバー。

ストラトプレイヤーなら、今まで考えられなかったような音が、レスポールなら、それなしで生きていけないほど魅力的な新しい音のパレットが見つかるでしょう。

高いヘッドルームは、歪みだけでなくクリーンブーストとして使ったときにも高い効果が得られます。後につないだペダルにとってもその方が良いでしょう。

せっかく再入荷しましたので、贅沢なことをしてみました。

Mad Professor New Sweet Honey Overdriveと組み合わせての音出しです。

どちらもローゲイン系のオーバードライブペダルで、しかもレスポンスの良さが特徴のペダルです。似た特性ですが、音にはそれぞれ違いが有り、JHSは透明で味付けの少ない音色、SHODも味付けのは少なめですが甘く暖かい音色です。ゲインを上げると、JHSの方がドライな、SHODの方がウェットな歪み方をします。

これを組み合わせると、とんでもない化学反応を起しました。

SHODの暖かさ、音の丸さに、JHSの立体感が加わります。レスポンスも高く、両方のゲインを上げればディストーションに近い音まで手に入ります。

こんなの良い音が出るに決まってる。そう思って試したんですが、それどころではありませんでした。特にブルースやリードを多用するギタリストの方にはおすすめの組み合わせです!是非お試しください!

D

D

D

D

D

 

2012-04-25

Mad Professor New Sweet Honey Overdrive再入荷!

数あるMad Professorエフェクターの中でも、特に高い人気のSweet Honey Overdrive

そのSweet Honey Overdriveと全く同じ回路構成を採用しながら、基板やケース、ジャック、スイッチ等を変更し、通常モデルよりも安価で提供させていただいております、New Sweet Honey Overdriveが入荷いたしました!

f:id:world_9v:20101015151831j:image

左側がハンドワイアードの通常モデル、右側がPCBを採用したNew Sweet Honey Overdriveです。全て手作業で制作されたモデルは大変美しい配線が目を引きますが、Newバージョンもよく見るとMad Professorらしいこだわりが見えてきます。

写真を見てすぐに分かるのは、PCBを採用したといっても、1枚の基板に全てのコンポーネンツをまとめただけ、という単純なものではないということですね。

メンテナンス性の向上等、いろいろな理由があるのではないかと思われますが、Newバージョンの回路は2枚のPCBで構成されています。

また、意外と軽視されることも多い部分なのですが、インプットやアウトプットジャックも筐体から大きく突き出るようなこともありません。

極上のチューブアンプが作り出す渾身のクランチサウンドを思わせる、非常に甘くやわらかく、レスポンスが速く、スムーズでノイズレス…という、とてもエフェクターの音とは思えない歪みはどちらも共通しています。

若干、レスポンスの速さはハンドワイアードのレギュラーモデルが、逆にゲインの高さはNewバージョンの方に分があります。

ただ、驚くほど差は少ないです。音に対してどこまで追い込んでゆくのか、またどれほど追い込む必要があるのか、という違いや、音色そのものに対する好みに合わせて選んでいただければと思います。

D

D

非常に使いやすく、そして高いクオリティのサウンドであることがおわかりいただけると思います。

今なら即納できます!

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-08-31

抜群のコストパフォーマンスを誇る最高のオーバードライブ!

ギターサウンドに完璧に合致し、大人気のSweet Honey Overdrive

SHODには、ハンドワイアードで作られるモデルと、PCB基板を使用し、筐体や生産過程を変更したNew Sweet Honey Overdriveがあります。

どちらもしばらく売り切れていたのですが、このたび再入荷しました!

ハンドワイアードモデルとPCBのモデルの音の違いは、おそらく一番興味深いところではないかと思います。

まず、前提といたしまして、どちらも全く同じ回路のモデルです。そのため、弾いてみると基本的な音自体には全く違いがありません。

ですが、並べて比較すると、その違いがとてもよく分かります。

SHODといえば非常に高いピッキングレスポンスが大きな特徴です。New SHODももちろん、大変センシティブなペダルなのですが、ハンドワイアードモデルと比較すると少しだけレスポンスが緩くなっています。

その分、緊張感を持ったプレイではなく若干ルーズにプレイしても安定した音色を出力できます。

といっても、十二分に速いレスポンスですので、手元で音色を簡単にコントロールできることに変わりはありません。

また、New SHODの方が少しだけ高いゲインにまで対応しています。

D

正直に言います。New SHODはいわゆる定番のオーバードライブサウンドという意味では、同価格帯で敵はいません。こんな言い方は傲慢に思われるかもしれませんが、あまりにも圧倒的すぎて対抗馬が本当に見つからないのです。あえて言うならば、New LGWくらいでしょうか。

まさに抜群のコストパフォーマンス。これがMad Professorのクオリティなのです。

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-08-24

世界200台限定!Mad Professorの震災復興モデル

Mad Professorの大人気オーバードライブ、New Sweet Honey Overdriveの震災復興モデルが入荷しました!

全世界200台の限定モデルで、日本を意識した白地に赤のデザイン、そしてWe are with you, JapanというMad Professorからの言葉が書かれています。

このペダルの売上げから、3,500ユーロ(8月18日現在392,665円相当)を日本赤十字に義捐金として寄付させていただきます。

当店は岩手からエフェクターを販売させていただいており、何か少しでも出来ることをと考え、Mad Professorの協力をいただいて、このモデルが実現いたしました。

D

もちろん、New Sweet Honey Overdriveの素晴らしいサウンドは健在です。どうぞよよろしくお願いします。

 


当店の売り上げランキング!

エフェクターのお探しは、エフェクター専門店ナインボルトで!

2010-08-04

Mad Professor Sweet Honey Overdrive vs New Sweet Honey Overdrive

数あるMAD PROFESSORのエフェクターの中でも特に人気の高いSweet Honey Overdrive。このたびニューモデルが発売となりましたので、さっそくオリジナルモデルとの比較を行いました!

両ペダルを並べてプラグインし、ノブ設定などを比較しながら音を出してみました。

まず音出しをしたところ、「思ったより音が違う」と、「同じ歪み方をしている」という印象が同時に感じられました。

たしかにどちらも回路が同じで、組み込み方式が違うので冷静に考えればどちらも当然のことですが、実感としてここまで顕著に感じられるものかと驚きました。

和音をジャーンと鳴らしたり、短いフレーズを細切れで弾くと、非常に似ている、というか基本的には同じペダルだということがよく分かります。

しかし、少し長めのフレーズやリフを弾いていくと、細かいところで音に違いがあります。

具体的に、もっとも大きな違いは反応性の高さです。オリジナルモデルは驚異的な反応性で、クリーン〜クランチ、ドライブと、思い通りに変えていくことができますが、ニューモデルはオリジナルモデルと比較すると、若干音がまとまっていて、反応の早さでは一歩遅れます。逆に言えば、ニューモデルの方が安定したゲインを作り出せると言う考え方もできます。

しかし、ニューモデルも同価格帯のオーバードライブの中ではトップクラスの反応性とサウンドの質をキープしています。また、若干ですがニューモデルの方がコンプレッションが高く、ゲインも少し高いですね。ほとんど差はありませんが、オリジナルモデルの方が明瞭でクリアなサウンド、大してニューモデルはスムーズでやわらかいサウンドです。

甘く、若干明るめのクランチサウンドはニューモデルでも健在です。ブルージーなオーバードライブサウンドがお好みなら、どちらも自信を持っておすすめします。その上で、ピッキングニュアンスを重視されるならオリジナルモデル、ストレートでロックに近いサウンドならニューモデルの方がお好みに合うのでは、と思います。

どちらも飛び抜けたクオリティを実現したオーバードライブペダルです。今ならどちらも送料無料となっております。どうぞよよろしくお願いします!

2010-07-29

MAD PROFESSORから大ニュース!

この間、衝撃的なNew Little Green Wonderを発売したMAD PROFESSORから、さらなる「ニューバージョン」が発売されます!

MAD PROFESSOR New Sweet Honey Overdrive

なんと、Mad Professorペダルの中でも一番人気のSweet Honey Overdriveにニューバージョンが登場!

もちろん、これまで製作されてきたSweet Honey Overdriveはそのままに、新たにニューモデルが加わることになります。

New Sweet Honey Overdriveは、New Little Green Wonder同様、筐体やスイッチ、ジャック、そして基板への組み込み方式などの製造方法を見直し、オリジナルモデルと同等のサウンドをリーズナブルに提供するために作られました。

塗装も違うので、写真で見るとオリジナルバージョンとほとんど違いが無いように見えますが、実物は一目見れば違いが分かります。サンプルとして入荷したモデルを実際に弾いてみたところ、オリジナルのSweet Honey Overdriveの、繊細で素晴らしいサウンドの傾向は変わっていません。

当然のことですが、並べて弾けば音は違います。しかし、どちらの方が優れている、ということは言えませんでした。Little Green Wonderの時も同じことを書きましたが、お好みに合わせて選んでいただければと思います。

MAD PROFESSOR New Deep Blue Delay

ゲイリー・ムーア氏が来日した時、足下に置かれていたDeep Blue Delayにもニューバージョンが出ます!

こちらも、筐体、塗装、スイッチ、ジャック、基板の組み込み方式を変えることで、オールハンドメイドのオリジナルモデルに対して、リーズナブルな価格で発売することができるようになりました。

デジタル回路ながら、「本物のアナログディレイよりアナログらしい」音色をノイズレスに、コンパクトサイズで作り出すというコンセプトは全く変わっていません。オリジナルモデルと比べれば音は違いますが、それでもやはり他の「アナログ風デジタルディレイ」では真似できないクオリティのディレイサウンドをたたき出します。

やわらかく、包み込むような音色ですが、音がこもりすぎることはなく、クリアなサウンドです。BJFの回路設計が光りますね。

 

どちらも、8月2日以降の発送となります。この機会に、BJFの魔力に触れてください!