ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


2016-09-26

次はオレンジサウンド!ワンコンAIAB最新モデル、One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxご予約受け付け中!

伝説のサウンドを小さなペダルが作る。One ControlのAIABに、さらに新作が出ます!

ロックギターの歴史を築き上げてきた、数多くのギターアンプの中、ひときわ異彩を放つブリティッシュアンプ。美しいオレンジカラー、ギターアンプとしては珍しくポップなデザイン、レトロな雰囲気を持つそのアンプは、他のアンプとは違ったサウンドと共に、多くのプレイヤーの相棒としてステージに君臨してきました。

1968年に英国で始まったそのアンプメーカーは、70年代後半、スウェーデンでも多くのプレイヤーが使用していました。当時、特に多く使用されていたのは、“OD120”や“Graphic 120”というアンプです。前者はマスターボリュームコントロールを持つ“ハイゲイン”アンプとして、後者はクリアなトーンでもラウドな音を出せるアンプとして人気を博していました。

ハードロックやパンクロックが隆盛を迎え、ヘヴィメタルが産声を上げた70年代後半。当時の音楽シーンを賑わし、今でも多くのプレイヤーが求める、ギターサウンドをそのまま歪ませ、倍音成分が溢れでてアンプからこぼれ落ちるようなサウンド。それこそ、One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxが作る音です。

Fluorescent Orange Amp In A Boxのコントロールは、まさにマスターボリュームを持つアンプのような構成です。アンプのプリアンプやゲインコントロールに相当するLevelと、全体の音量に加えパワーアンプの飽和感を加えることもできるMaster。2つのコントロールを組み合わせ、本物の真空管アンプのように音を作ることが出来ます。

Fluorescent Orange Amp In A Boxは、ギターサウンドを少し汚してバンドの中に馴染ませるようなダーティブースターから、ジャキっとした質感のオーバードライブ、さらにはハードロックやクラシックメタルの領域にまで踏み込めるディストーションサウンドまでを自在に作ることが出来ます。
圧巻のレスポンスとダイナミックレンジにより、Levelコントロールを楽曲中に使用する“最も強い歪み”に設定してしまえば、あとはギターのVolume操作だけでクリーンから設定した最大の歪みまでを自由にコントロール可能。それも、ギターのVolumeに合わせてスムースに歪みが可変するため、忙しいプレイ中のゲインコントロールも簡単です。

ギターのVolumeを下げたり、Levelコントロールを低く設定し、ほとんど歪みの無い状態に設定すると、まるで“歪まないチューブアンプ”をフルアップにしたような、独特の飽和感のあるクリーントーンが得られます。真空管が歪み出すギリギリのところを維持しながら、時々強いピッキングでオーバーロードするような、ジリジリとした熱いクリーントーンです。
どこまでも音楽的で奥行きのある“ダーティな”クリーントーンは、高めのキーのヴォーカルを素晴らしく引き立てることが出来ます。実際、クリアな高音のヴォーカルを擁するUKロックバンドや、女性ヴォーカルのロックバンドのステージでは、よくオレンジ色のアンプを見ることができます。

そのままゲインを高めていくと、太くジリッとしたオーバードライブサウンドが鳴り響きます。リードギターのトーンから、クラシックハードロックのリフや刻みなどにも最適な音色です。Presenceコントロールを設定することで、シングルコイルに太さを与えたり、甘いトーンのハムバッカーにエッジや豊かな倍音を加えるような使い方も可能です。

そしてゲインが最大近くになると、Fluorescent Orange Amp In A Boxは分厚い壁が天高くそびえるようなディストーションサウンドへと変わります。圧倒的な倍音成分と、ずっしりと太いローエンド、そして暖かなミッドレンジ。ギターの持つ全帯域が歪んだようなアグレッシブなトーンは、ハードロックやクラシックメタル、さらにはストーナーロックなどにも最適なトーンです。目の前に音が圧となって迫ってくるような感覚は、なかなか味わえるものではありません。

Fluorescent Orange Amp In A Boxは独特の歪みを作りますが、音楽的でダイナミックレンジが広く作られているため、シンプルで扱いやすいペダルです。クリーンなトランジスタアンプやアメリカンコンボからブリティッシュスタックまで、多くのアンプと組み合わせることが出来ます。ペダルボード内でも設置場所を選ばず、シンプルな3ノブコントロールで多くの歪み系エフェクターと同じように扱うことができます。

●特徴
・70s後半の“オレンジ色のアンプサウンド”を作るオーバードライブ/ディストーションペダル
・細かな表現に対応する高いレスポンス
・歌モノのバックに最適な“少しダーティな”クリーントーン
・独特の存在感を際立たせるオーバードライブサウンド
・ハードロック、クラシックメタルやストーナーロックまで到達するディストーションサウンド
・他のペダルや様々なギター、アンプ等と組み合わせても使用可能
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 500K
アウトプットインピーダンス : 25K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 2mA
S/N比 : -80dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

Fluorescent Orange Amp In A Box(FOAIAB)は、70年代後期ごろによく使われた、生々しいディストーションサウンドを作る、70年代のヴィンテージオレンジの音を再現している。あの音はまさに不滅のディストーションサウンドだ。FOAIABは同じブリティッシュでも、Purple Plexifierよりも有機的な音がする。普通の歪みペダルのように、自由に使ってみて欲しい。

───Bjorn Juhl

D

ご予約受け付け中!

2016-09-22

小さくても多機能!使い方自由自在なMIDIコントローラー!One Control Basilisk!!

コンパクトエフェクターサイズの中に超絶機能を盛り込み、それを4つのスイッチだけで操作できるMIDIコントローラー、One Control Basilisk、好評発売中です!

5種類のPC(プログラムチェンジ)と5種類のCC(コントロールチェンジ)を同時送信でき、その設定を128種類プリセット可能!しかも外部からのリモートにも対応するので、シンプルなシステムから複雑で大きなシステムにも簡単に組み込むことができます!

コンパクトかつ多機能!しかも使い勝手にもこだわったMIDIコントローラーです!

かつて、MIDIコントロールはギタリストやベーシストにとって、大掛かりなシステムや多数のラックエフェクトを操作するためのマニアックで上級者向けの難しいコントロールだったのかも知れません。

今、様々な機材の性能が向上し、多くの機材がMIDIコントロールで複雑な制御を行えるようになりました。マルチエフェクトはもちろん、多彩な機能を搭載した空間系コンパクトエフェクター、幅広く音色の設定が出来るモダンチューブアンプなど、MIDIコントロールに対応する機材は増えつつあります。
MIDIコントロールを使用することで、これまでの煩雑な操作から開放され、シンプルな操作だけで音色を劇的に変えることも可能となります。複数のエフェクターの設定やプリセットを変更しながら、アンプのチャンネルや音量を変えるような操作も、足元のスイッチ1つで行える。それがMIDIコントロールの大きな利点です。

大規模なシステムでは、MIDIコントロールは必要不可欠です。それは今も昔も変わりませんが、より多くの機材がMIDIコントロールに対応した今、小さなシステムでこそ、MIDIコントロールを使いこなせるかどうかで、ダイナミックで迫力のあるステージングが出来るかどうかが大きな差となります。

One Control Basiliskは、コンパクトペダルサイズの中に多くの機能を搭載したMIDIコントローラーです。

5種類のプログラムチェンジ(PC)ナンバーと5種類のコントロールチェンジ(CC)メッセージを同時に送信可能。それらのメッセージは本体に128種類までプリセットすることが出来ます。

例えばOC10を使ったこんなシステム。OC10のエフェクトループにH9とM5を入れる必要もなく、OC10のプログラムを切り替えればH9とM5のプログラムやエフェクトON/OFF、パラメータの値などを操作することもできます。

●特徴
・5種類のPCナンバーと5種類のCCメッセージを同時に送信可能
・送信するPCナンバーとCCメッセージは個別にMIDIチャンネル設定可能
・プログラム・チェンジナンバーは0〜199までに対応
・最大128までのプリセットを保存(64バンク)
・実際に使用するバンク数の下限と上限を設定可能
・各フットスイッチにプリセットを直接割り当てるFlash Accessモード搭載
・2つのMIDI OUTを搭載し、同時に信号を出力
・MIDI INを搭載し、外部MIDIコントローラーからリモートアクセス可能
・リモートアクセスは個別のMIDIチャンネル、またはOMNIモードに設定可能
・リモートアクセス機能により、MIDI容量の拡張にも最適
・スタンダードなセンターマイナス2.1mm DC9Vアダプターで駆動

●多彩な操作モード

・ノーマルリコールモード
上段のフットスイッチでバンクナンバーを切替え、下段のフットスイッチでプリセットナンバーを選択する通常の操作モードです。
実際に使用するバンクナンバーを制限し、操作性を高めることが出来ます。

・ダイレクトアクセスモード
上段のフットスイッチでバンクナンバーを切替えた際、下段のフットスイッチの操作を待たずにMIDIシグナルを送信します。複数のバンクにまたがる操作を素早く行う際に便利なモードです。
実際に使用するバンクナンバーを制限し、操作性を高めることが出来ます。

・フラッシュアクセスモード
ノーマルリコールモードで実際に使用するバンクナンバーを1つのみに制限することで自動的にフラッシュアクセスモードとなります。
このモードでは、下段のフットスイッチに設定したバンクの2つのプリセット、上段のフットスイッチに設定したバンクの次のバンクに保存された2つのプリセットが割り当てられ、4つのフットスイッチで4つのプリセットを即座に送信することが出来ます。


●外部MIDIコントローラーからのリモートアクセス
Basiliskは外部MIDI対応機器からPCナンバーを受信することで、本体の128種類のプリセットを読み込むことが出来ます。例えば、PCナンバーを送信することの出来るOne Control OC10のようなスイッチャーと連携し、各種エフェクトのON/OFFとMIDI PCやCCシグナルの送信を同時に行うことが可能となります。
また、MIDIシグナルを受信し、新たなMIDIシグナルを送信するため、より多くの機材をコントロールする際などのMIDI容量の拡張にも最適です。入力できるMIDIシグナルは個別のMIDIチャンネル、またはOMNIモードに設定できます。

●多くの機器をコントロールするためのMIDI Output
Basiliskには、2つのMIDI Outputを搭載しています。2つのMIDI Outputからは同じ信号が送信されます。MIDIシグナルは、多くの機材を接続すると劣化してしまうため、出来るだけ1つの端子から接続するMIDI機器の数を減らすことで、正確なコントロールが可能となります。
MIDI Outputを2つ搭載することで、より多くの機器にMIDIシグナルを正確に伝えることができます。

●柔軟なMIDIチャンネル設定
送信できる5つのPCナンバーとCCナンバー、および受信できるMIDIメッセージは、それぞれ個別にMIDIチャンネルを設定可能です。
※5つのPCナンバーとCCナンバーに設定されたMIDIチャンネルは全てのプリセットで共通です。プリセットごとに個別のMIDIチャンネルの設定はできません。

●スペシフィケーション
サイズ:109(W)×94(D)×53(H)mm
重量:320g
電源:スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動
消費電流:最大30mA

※電池はお使いになれません。

今なら即納可能です!

2016-09-13

コンパクトサイズに機能を詰め込みました!128プリセット、PC/CC対応のMIDIコントローラー、Basilisk!ご予約受付中!

コンパクトかつ多機能!しかも使い勝手にもこだわったMIDIコントローラーです!

かつて、MIDIコントロールはギタリストやベーシストにとって、大掛かりなシステムや多数のラックエフェクトを操作するためのマニアックで上級者向けの難しいコントロールだったのかも知れません。

今、様々な機材の性能が向上し、多くの機材がMIDIコントロールで複雑な制御を行えるようになりました。マルチエフェクトはもちろん、多彩な機能を搭載した空間系コンパクトエフェクター、幅広く音色の設定が出来るモダンチューブアンプなど、MIDIコントロールに対応する機材は増えつつあります。
MIDIコントロールを使用することで、これまでの煩雑な操作から開放され、シンプルな操作だけで音色を劇的に変えることも可能となります。複数のエフェクターの設定やプリセットを変更しながら、アンプのチャンネルや音量を変えるような操作も、足元のスイッチ1つで行える。それがMIDIコントロールの大きな利点です。

大規模なシステムでは、MIDIコントロールは必要不可欠です。それは今も昔も変わりませんが、より多くの機材がMIDIコントロールに対応した今、小さなシステムでこそ、MIDIコントロールを使いこなせるかどうかで、ダイナミックで迫力のあるステージングが出来るかどうかが大きな差となります。

One Control Basiliskは、コンパクトペダルサイズの中に多くの機能を搭載したMIDIコントローラーです。

5種類のプログラムチェンジ(PC)ナンバーと5種類のコントロールチェンジ(CC)メッセージを同時に送信可能。それらのメッセージは本体に128種類までプリセットすることが出来ます。

●特徴
・5種類のPCナンバーと5種類のCCメッセージを同時に送信可能
・送信するPCナンバーとCCメッセージは個別にMIDIチャンネル設定可能
・プログラム・チェンジナンバーは0〜199までに対応
・最大128までのプリセットを保存(64バンク)
・実際に使用するバンク数の下限と上限を設定可能
・各フットスイッチにプリセットを直接割り当てるFlash Accessモード搭載
・2つのMIDI OUTを搭載し、同時に信号を出力
・MIDI INを搭載し、外部MIDIコントローラーからリモートアクセス可能
・リモートアクセスは個別のMIDIチャンネル、またはOMNIモードに設定可能
・リモートアクセス機能により、MIDI容量の拡張にも最適
・スタンダードなセンターマイナス2.1mm DC9Vアダプターで駆動

●多彩な操作モード
・ノーマルリコールモード
上段のフットスイッチでバンクナンバーを切替え、下段のフットスイッチでプリセットナンバーを選択する通常の操作モードです。
実際に使用するバンクナンバーを制限し、操作性を高めることが出来ます。

・ダイレクトアクセスモード
上段のフットスイッチでバンクナンバーを切替えた際、下段のフットスイッチの操作を待たずにMIDIシグナルを送信します。複数のバンクにまたがる操作を素早く行う際に便利なモードです。
実際に使用するバンクナンバーを制限し、操作性を高めることが出来ます。

・フラッシュアクセスモード
ノーマルリコールモードで実際に使用するバンクナンバーを1つのみに制限することで自動的にフラッシュアクセスモードとなります。
このモードでは、下段のフットスイッチに設定したバンクの2つのプリセット、上段のフットスイッチに設定したバンクの次のバンクに保存された2つのプリセットが割り当てられ、4つのフットスイッチで4つのプリセットを即座に送信することが出来ます。

●外部MIDIコントローラーからのリモートアクセス
Basiliskは外部MIDI対応機器からPCナンバーを受信することで、本体の128種類のプリセットを読み込むことが出来ます。例えば、PCナンバーを送信することの出来るOne Control OC10のようなスイッチャーと連携し、各種エフェクトのON/OFFとMIDI PCやCCシグナルの送信を同時に行うことが可能となります。
また、MIDIシグナルを受信し、新たなMIDIシグナルを送信するため、より多くの機材をコントロールする際などのMIDI容量の拡張にも最適です。入力できるMIDIシグナルは個別のMIDIチャンネル、またはOMNIモードに設定できます。

●多くの機器をコントロールするためのMIDI Output
Basiliskには、2つのMIDI Outputを搭載しています。2つのMIDI Outputからは同じ信号が送信されます。MIDIシグナルは、多くの機材を接続すると劣化してしまうため、出来るだけ1つの端子から接続するMIDI機器の数を減らすことで、正確なコントロールが可能となります。
MIDI Outputを2つ搭載することで、より多くの機器にMIDIシグナルを正確に伝えることができます。

●柔軟なMIDIチャンネル設定
送信できる5つのPCナンバーとCCナンバー、および受信できるMIDIメッセージは、それぞれ個別にMIDIチャンネルを設定可能です。
※5つのPCナンバーとCCナンバーに設定されたMIDIチャンネルは全てのプリセットで共通です。プリセットごとに個別のMIDIチャンネルの設定はできません。

●スペシフィケーション
サイズ:109(W)×94(D)×53(H)mm
重量:320g
電源:スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動
消費電流:最大30mA

※電池はお使いになれません。

ただいまご予約受付中!

2016-09-12

話題沸騰中!ブラックフェイスサウンドを作るOne Control Sonic Blue Twangerが即納可能!ショートデモ動画も出来ました!

ついに来ました!ヴィンテージフェンダーアンプの代表的なモデル、フェンダーのクリアなトーンとジャキジャキなクランチ、さらにジリジリと歪む痛いトーンまでを再現できるブラックフェイスペダル!One Control Sonic Blue Twangerです!まずは動画をご覧ください!

D

美しいフェンダークリーンから痛いほど鋭い歪みまでカバーします!

きらびやかで美しいクリーントーンから、歪みとクリーンの中間的なジリジリするようなトーン、スピーカーの振動がそのまま音になったようなドライブ。
ブルース、ロック、ジャズ、カントリー……銀色のグリルとブラックやシルバーのパネルを持ったアメリカ生まれのそのアンプは、ジャンルを超越し、世界中のギタリストが愛用しています。

ブラックフェイスと呼ばれる時期の“ツイン”や“スーパー”“デラックス”等のトーンを持つペダルを作ることはできないだろうか。それがOne Control Sonic Blue Twangerの始まりです。

雲一つないカラっと晴れた空のようなトーンを作るには、やはりアメリカンアンプが最適です。どこまでも突き抜けて行くようなトレブルと、それを際立たせる安定したボトム、そして少し控えめなミッドが生み出すあの鈴の音のようなトーンは、ギタリストなら誰もがイメージする“クリーントーンのお手本”です。

さらに、特にブラックフェイス期のアンプは、ゲインを上げた時のサウンドも極上です。特に真空管が徐々に飽和し、歪み始めた時の比類なきサウンドは素晴らしいものです。

そして、フルゲインまで上げた時の痛々しいほどの極悪な歪みも、またアメリカンアンプの大きな特徴です。鼓膜の奥にまで突き刺さるようなあの音を浴びた夜は耳鳴りがやまないほどです。

これらのトーンはもちろん本物のアメリカンアンプを使えば、簡単に作ることはできます。しかし、ブリティッシュアンプやトランジスタアンプを使用してあの音を作るのは至難の業でした。

One Control Sonic Blue Twangerは、ブラックフェイス期のヴィンテージアメリカンアンプサウンドをキャプチャするAIAB(アンプ・イン・ア・ボックス)です。
AIAB(アンプ・イン・ア・ボックス)とは、まるでアンプが小さなボックスに入っているようなペダルという意味。Sonic Blue Twangerを設計したBJFは、これまでも様々なアンプトーンを小さな箱の中に収めて来ました。

Sonic Blue Twangerは、まるで2チャンネル構成のアメリカンアンプです。本体側面にあるスイッチでRhythmとLeadを切り替えることで、実際のアンプのチャンネル切替えのように動作します。
Rhythmモードは最大+18db程度のゲインレンジで、主にクリーントーンからローゲインドライブのトーンを作ります。常時ONにしたままプリアンプペダルのように使うことも想定しています。空間系エフェクトの後に設置し、お使いのアンプに“アメリカン”な雰囲気を付加することも出来ます。

Leadモードは最大+40dB程度のゲインレンジで、軽くプッシュされたクリーントーンから、真空管が徐々に飽和して歪み始める美しい領域、さらにクランチなオーバードライブから、あの独特で痛々しいほどの突き刺さるような極悪の歪みまでをカバーします。

Sonic Blue Twangerのコントロールノブは、本物のアンプの動作をイメージさせる構成です。プリアンプ“Vol”を上げれば歪みや倍音が強くなり、音量も少し上がります。パワーアンプ“Master”は、全体の音量を調整しますが、高くするにつれ音の腰回りに特有の迫力ある歪みが増えていきます。
Sonic Blue Twangerはこのフルチューブアンプ特有の動作までをも捉えています。そのため、多くのオーバードライブのように“Volume”“Gain”というようにノブの役割を分けていません。“Vol”と“Master”はそれぞれの設定を組み合わせることで音色全体を作り上げます。本物のアンプさながらの操作感を搭載することで、実際のアンプと同様のイメージで音を作っていくことができます。
Sonic Blue Twanger唯一のEQセクションであるTrebleコントロールノブは、これ1つで全体のトーンバランスをコントロールできます。時計回りに動かせば2kHzを超えた帯域をブーストし、反時計回りに動かせばトレブルを抑えたトーンになります。接続するギターやアンプの特性に合わせてサウンドのバランスを調整してください。

Sonic Blue Twangerは、アメリカンアンプの瞬間的な音だけを捕らえるものではありません。ペダル自体がアンプそのものの操作感を持っています。
ギターに付いている手元のコントロールや、指先の表現に対して正確に反応するダイナミックなレスポンスを持つのは当然です。さらに、他のエフェクターと組み合わせた際にもまた新たな世界が開かれるのも、本物のアンプと同様です。
例えば、Persian Green Screamerを組み合わせると、伝説のテキサスブルーストーンを作ることも出来ます。
さらに、本物のアンプには出来ないような事も、Sonic Blue Twangerならば可能です。例えば、他のオーバードライブペダルをブーストする、ちょっとダーティなブースターとしてもご使用いただけます。
ポケットに入るサイズで簡単に持ち運べるのはもちろん、9V電池での駆動にも対応しています。

●特徴
・ブラックフェイス期のヴィンテージアメリカンアンプトーンを再現
・Rhythm/Leadスイッチにより、2チャンネルアンプのように操作可能
・細かな表現に対応する高いレスポンス
・本物のアンプのようなVol、Masterコントロール
・トーンバランスを調整するTrebleコントロール
・他のペダルやギター、アンプ等と組み合わせても使用可能
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 500K
アウトプットインピーダンス : 6K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 2.5mA
S/N比 : -80dB(Rhythm) -74dB(Lead)
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

即納可能!

2016-09-05

フェンダーブラックフェイスサウンド!!また新たな伝説が始まります!One Control Sonic Blue Twanger!

お待たせしました!ブラックフェイスサウンド、遂に出ます!

きらびやかで美しいクリーントーンから、歪みとクリーンの中間的なジリジリするようなトーン、スピーカーの振動がそのまま音になったようなドライブ。
ブルース、ロック、ジャズ、カントリー……銀色のグリルとブラックやシルバーのパネルを持ったアメリカ生まれのそのアンプは、ジャンルを超越し、世界中のギタリストが愛用しています。

ブラックフェイスと呼ばれる時期の“ツイン”や“スーパー”“デラックス”等のトーンを持つペダルを作ることはできないだろうか。それがOne Control Sonic Blue Twangerの始まりです。

雲一つないカラっと晴れた空のようなトーンを作るには、やはりアメリカンアンプが最適です。どこまでも突き抜けて行くようなトレブルと、それを際立たせる安定したボトム、そして少し控えめなミッドが生み出すあの鈴の音のようなトーンは、ギタリストなら誰もがイメージする“クリーントーンのお手本”です。

さらに、特にブラックフェイス期のアンプは、ゲインを上げた時のサウンドも極上です。特に真空管が徐々に飽和し、歪み始めた時の比類なきサウンドは素晴らしいものです。

そして、フルゲインまで上げた時の痛々しいほどの極悪な歪みも、またアメリカンアンプの大きな特徴です。鼓膜の奥にまで突き刺さるようなあの音を浴びた夜は耳鳴りがやまないほどです。

これらのトーンはもちろん本物のアメリカンアンプを使えば、簡単に作ることはできます。しかし、ブリティッシュアンプやトランジスタアンプを使用してあの音を作るのは至難の業でした。

One Control Sonic Blue Twangerは、ブラックフェイス期のヴィンテージアメリカンアンプサウンドをキャプチャするAIAB(アンプ・イン・ア・ボックス)です。
AIAB(アンプ・イン・ア・ボックス)とは、まるでアンプが小さなボックスに入っているようなペダルという意味。Sonic Blue Twangerを設計したBJFは、これまでも様々なアンプトーンを小さな箱の中に収めて来ました。

Sonic Blue Twangerは、まるで2チャンネル構成のアメリカンアンプです。本体側面にあるスイッチでRhythmとLeadを切り替えることで、実際のアンプのチャンネル切替えのように動作します。
Rhythmモードは最大+18db程度のゲインレンジで、主にクリーントーンからローゲインドライブのトーンを作ります。常時ONにしたままプリアンプペダルのように使うことも想定しています。空間系エフェクトの後に設置し、お使いのアンプに“アメリカン”な雰囲気を付加することも出来ます。

Leadモードは最大+40dB程度のゲインレンジで、軽くプッシュされたクリーントーンから、真空管が徐々に飽和して歪み始める美しい領域、さらにクランチなオーバードライブから、あの独特で痛々しいほどの突き刺さるような極悪の歪みまでをカバーします。

Sonic Blue Twangerのコントロールノブは、本物のアンプの動作をイメージさせる構成です。プリアンプ“Vol”を上げれば歪みや倍音が強くなり、音量も少し上がります。パワーアンプ“Master”は、全体の音量を調整しますが、高くするにつれ音の腰回りに特有の迫力ある歪みが増えていきます。
Sonic Blue Twangerはこのフルチューブアンプ特有の動作までをも捉えています。そのため、多くのオーバードライブのように“Volume”“Gain”というようにノブの役割を分けていません。“Vol”と“Master”はそれぞれの設定を組み合わせることで音色全体を作り上げます。本物のアンプさながらの操作感を搭載することで、実際のアンプと同様のイメージで音を作っていくことができます。
Sonic Blue Twanger唯一のEQセクションであるTrebleコントロールノブは、これ1つで全体のトーンバランスをコントロールできます。時計回りに動かせば2kHzを超えた帯域をブーストし、反時計回りに動かせばトレブルを抑えたトーンになります。接続するギターやアンプの特性に合わせてサウンドのバランスを調整してください。

Sonic Blue Twangerは、アメリカンアンプの瞬間的な音だけを捕らえるものではありません。ペダル自体がアンプそのものの操作感を持っています。
ギターに付いている手元のコントロールや、指先の表現に対して正確に反応するダイナミックなレスポンスを持つのは当然です。さらに、他のエフェクターと組み合わせた際にもまた新たな世界が開かれるのも、本物のアンプと同様です。
例えば、Persian Green Screamerを組み合わせると、伝説のテキサスブルーストーンを作ることも出来ます。
さらに、本物のアンプには出来ないような事も、Sonic Blue Twangerならば可能です。例えば、他のオーバードライブペダルをブーストする、ちょっとダーティなブースターとしてもご使用いただけます。
ポケットに入るサイズで簡単に持ち運べるのはもちろん、9V電池での駆動にも対応しています。

●特徴
・ブラックフェイス期のヴィンテージアメリカンアンプトーンを再現
・Rhythm/Leadスイッチにより、2チャンネルアンプのように操作可能
・細かな表現に対応する高いレスポンス
・本物のアンプのようなVol、Masterコントロール
・トーンバランスを調整するTrebleコントロール
・他のペダルやギター、アンプ等と組み合わせても使用可能
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 500K
アウトプットインピーダンス : 6K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 2.5mA
S/N比 : -80dB(Rhythm) -74dB(Lead)
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

Sonic Blue Twanger(SBT)は、ブラックフェイスアンプの持つ様々なサウンドを作るAIABだ。プリアンプ、ブースター、ディストーションとして使えるよう想定している。RhythmモードとLeadモードに分けたことで、ブラックフェイスのクリーンセッティングとリードセッティングの音を“自由な音量で”作ることができるようになった。是非、SBTを様々なスタイルで楽しんで欲しい。

───Bjorn Juhl


ご予約受付中!

2016-08-29

ワンコントロール×ゼファレン第2弾、Zephyren Plexifierの動画ができました!

いつも素晴らしい動画で音を楽しませてくれるJake Cloudchairさんさんから、Zephyren Plexifierの動画が届きました。

【Zephyrenとのコラボモデル】One Control Zephyren Plexifier

D

大人気ブランド、ワンコントロールと、絶大な支持を受けるファッションブランド、ゼファレンのコラボレーション第2弾が発売となりました!

ロック系バンドマンから絶大な支持を誇るストリート系ブランド、Zephyren。
日本で生まれ、圧倒的な品質とスペックで世界でも躍進を続ける楽器ブランド、One Control。
そのOne ControlとZephyrenのコラボレーションによるプレキシペダルは、世界で最も影響力のあるエフェクトビルダーの1人、BJFことビヨン・ユールの設計、One Controlの誇る品質と機能性、そしてZephyrenのデザインが融合した、エフェクターの新しい形です。

●Zephyren(ゼファレン)
様々な意味を持つこの言葉を選んだのは、
時代のリアルを生きてきた経験を礎に更なる極みへ向かう意思表示。
かけがえのない仲間とともに『ストリートを生きる証』を創造する為に生まれたプロジェクト。
浮かび上がる感情、一瞬の閃き、潜在的な記憶をたどることによって
生まれる唯一無二の作品には、確固たる意志が宿る。
普遍的かつ独自の世界観が息づいた、着ると特別な空気感が漂う服。
そして根底にある考え方は、主役は服ではなく、
着る人によってその服が完成されるということ。
時代の波、世の中の不透明な情報に惑わされることなく、
自分の感覚を大切にして欲しい。
少しぐらい 狂ってたっていい。
本物の意志を持つということを、
服を通じて感じてもらいたいと考えています。

●One Control(ワンコントロール)
2010年3月11日。
将来、ストンプマーケットの歴史を変えることになるそのブランドは、
小さくとも高らかな産声を日本であげました。
One Contro(ワンコントロール)。
細部にまで拘った商品は、贅沢という言葉が一番しっくりくるでしょう。
徹底したユーザーフィードバックの拾い上げによる商品構築は、一番の遠回りに見えますが、実は一番の近道であると
言うことを我々の商品によって実証できると確信しています。
これまでの製品を凌駕するその品質とスペックは、膨大な実験を繰り返して来たからこそと自負できます。
One Controlの前で、One Control以外の製品はまるで輝きを失ってしまうでしょう。
それはその他製品のせいではありません。
今までの全ての理論を覆してしまった我々の製品の責任なのですから。
One Controlを足元に置いて、歴史の証人になりましょう。

●特徴
・ヴィンテージプレキシアンプを作るオーバードライブ/ディストーションペダル
・細かな表現に対応する高いレスポンス
・広く設定できるGainノブとその音色を自在に整えるTrebleノブ、Midrangeトリムポット
・他のペダルやギター等と組み合わせても使用可能
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 500K
アウトプットインピーダンス : 50K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 3mA
S/N比 : -73dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

側面にあるMidrangeトリムポットによる音色設定効果は絶大!クラシックロックからモダンメタルまで、簡単に調整可能です!

圧倒的なミニサイズ、しかし電池駆動にも対応しています!!

ただいま即納可能!!

2016-08-22

ワンコントロール×ゼファレン!第2弾発売!Zephyren Plexifier!!

大人気ブランド、ワンコントロールと、絶大な支持を受けるファッションブランド、ゼファレンのコラボレーション第2弾が発売となりました!

ロック系バンドマンから絶大な支持を誇るストリート系ブランド、Zephyren。
日本で生まれ、圧倒的な品質とスペックで世界でも躍進を続ける楽器ブランド、One Control。
そのOne ControlとZephyrenのコラボレーションによるプレキシペダルは、世界で最も影響力のあるエフェクトビルダーの1人、BJFことビヨン・ユールの設計、One Controlの誇る品質と機能性、そしてZephyrenのデザインが融合した、エフェクターの新しい形です。

●Zephyren(ゼファレン)
様々な意味を持つこの言葉を選んだのは、
時代のリアルを生きてきた経験を礎に更なる極みへ向かう意思表示。
かけがえのない仲間とともに『ストリートを生きる証』を創造する為に生まれたプロジェクト。
浮かび上がる感情、一瞬の閃き、潜在的な記憶をたどることによって
生まれる唯一無二の作品には、確固たる意志が宿る。
普遍的かつ独自の世界観が息づいた、着ると特別な空気感が漂う服。
そして根底にある考え方は、主役は服ではなく、
着る人によってその服が完成されるということ。
時代の波、世の中の不透明な情報に惑わされることなく、
自分の感覚を大切にして欲しい。
少しぐらい 狂ってたっていい。
本物の意志を持つということを、
服を通じて感じてもらいたいと考えています。

●One Control(ワンコントロール)
2010年3月11日。
将来、ストンプマーケットの歴史を変えることになるそのブランドは、
小さくとも高らかな産声を日本であげました。
One Contro(ワンコントロール)。
細部にまで拘った商品は、贅沢という言葉が一番しっくりくるでしょう。
徹底したユーザーフィードバックの拾い上げによる商品構築は、一番の遠回りに見えますが、実は一番の近道であると
言うことを我々の商品によって実証できると確信しています。
これまでの製品を凌駕するその品質とスペックは、膨大な実験を繰り返して来たからこそと自負できます。
One Controlの前で、One Control以外の製品はまるで輝きを失ってしまうでしょう。
それはその他製品のせいではありません。
今までの全ての理論を覆してしまった我々の製品の責任なのですから。
One Controlを足元に置いて、歴史の証人になりましょう。

●特徴
・ヴィンテージプレキシアンプを作るオーバードライブ/ディストーションペダル
・細かな表現に対応する高いレスポンス
・広く設定できるGainノブとその音色を自在に整えるTrebleノブ、Midrangeトリムポット
・他のペダルやギター等と組み合わせても使用可能
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 500K
アウトプットインピーダンス : 50K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 3mA
S/N比 : -73dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

側面にあるMidrangeトリムポットによる音色設定効果は絶大!クラシックロックからモダンメタルまで、簡単に調整可能です!

圧倒的なミニサイズ、しかし電池駆動にも対応しています!!

ただいま即納可能!!