ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2011-05-30

ワンコントロール新製品!Pit Hook Back To Back!

エフェクター、ギター関連の機器だけのために設計された使い勝手の良いマジックテープをラインナップする、One ControlのPit Hookシリーズに、新しいモデルが登場しました!

新製品、Pit Hook Back To Back PH-BTBは、メス側とオス側が裏表になった、面ファスナータイプのマジックテープです。

1つのパッケージに約70cmのテープが入っていて、それをお好きな長さに切り取ってご使用いただきます。ハサミで簡単に切ることができます。

これだけでは、いったい何の目的で作られたものか分かりにくいかもしれません。

ですが、このテープはアイディア次第で様々な使い方ができます。

一例をご紹介します。

エフェクターボードを作る際、ペダルを綺麗に並べて、パッチケーブルの長さを完全に測って…いざ完成してみると

こんな風になることってないでしょうか。

パワーサプライやアダプターからのDCケーブル。これは演奏中にはずれたり、そもそも届かなかったりするとどうしようもないので、長めのものをお使いだと思います。

しかし、余裕をもったケーブルを使用すると、このように足下が煩雑になってしまいがちです。

そこで、このPH-BTBを使用すると

このように、美しくボードを仕上げることが出来ます。

PH-BTBを使用していること以外、ボードに載っている機材に一切変更はありません。

どうすればこうなるのかというと、

ケーブルの根本をまとめて、ボード上で余っていた部分をボードにくっつけただけです。

ケーブルはPH-BTBによってしっかりとボードに貼り付いていますが、PH-BTBとDCケーブルは貼り付いていませんので、ペダルが多少動いてもケーブルが抜けてしまうこともありません。

使い方はこれだけではありません。

機材をボードに片付けるときにも活躍します。

特に、ボードの広さに余裕があって、中でケーブルが暴れてしまうような時には

こうしてケーブル自体をボードに貼り付けてしまうこともできます。

ケーブルを束ねる際、オス型の部分を表にすることで、メス型マジックテープの付いたボードに付けられるというわけです。

応用して、PH-BTBのメス型の部分を表にして束ねたケーブルを、ケーブルどうしが絡んでしまうことなく、一カ所にまとめて固定することもできます。

まさに使い方は自由自在。快適でトラブルのないエフェクターボードを作るためにも、是非PH-BTBをご利用ください!即納可能です!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから