ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2015-03-21

伝説のPark Fuzz Soundを再現!EarthQuaker Devices Park Fuzzご予約受付中!

世界で話題となったペダルが入荷します!

EarthQuaker Devicesは2004年以来、アメリカ、オハイオ州アクロンで数々のエフェクターを製作しています。

その美しいデザインと、現代的な操作性にヴィンテージライクなサウンドを組み合わせたエフェクトは芸術的でもあり、同時に数々のツアーなどでヘヴィに使用することのできる堅牢さを持ち合わせています。

実用的で、かつ芸術的、そして音楽的なサウンドを創り出すEarthQuaker Devicesのペダルは、常にアーティストを刺激してやみません。

Park Amplification companyは、Marshallアンプの創設者でもあるジム・マーシャル氏が設立した楽器メーカーです。その歴史は、英国アンプの雄、Marshallとほとんど変わりません。

1965年、ジム・マーシャル氏は自身のアンプのディストリビューション契約を結んだものの、そこでは「Marshall」の名前が使えなかったため、新たに設立されたのがParkでした。このメーカーは1982年まで存続し、発売されていたアンプはMarshallアンプのものとほぼ同じ回路で作られていました。

また、Parkではアンプに加え、エフェクターの制作も行っていました。ほとんどがワウペダルでしたが、特に人気の高かったモデルが“Park Fuzz Sound”というファズペダルです。

EarthQuaker Devices Park Fuzzは、この“Park Fuzz Sound”のサウンドを再現しました。EarthQuaker Devicesで保有するオリジナルペダルにはラベルの無いTO-1サイズのトランジスタが使用されています。このトランジスタが実際に何だったのかは、ジム・マーシャルが残した謎なのかも知れません。

EarthQuaker Devicesは、現在復活を遂げたPark Amplificationと共同で、オリジナル“Park Fuzz Sound”のサウンドを再現させることに成功しました。

トランジスタの謎は、今となっては永遠に解くことはできません。新しくなったPark Fuzzは、オリジナルPark Fuzz Soundの音色を再現するため、数々のNOSゲルマニウムトランジスタを手作業で選別し、マッチングを繰り返すという気の遠くなるような作業を繰り返し、そして選ばれたトランジスタを使用しています。

ProGuitarShopスタッフの協力でオリジナルモデルと新しくなったPark Fuzzの聴き比べを行い、驚くほどオリジナルサウンドに近いペダルが完成しました。

ただし、新しくなったPark FuzzのFuzzコントロールは、中央付近の設定で既にオリジナルモデルの最大設定と同等です。つまり、オリジナルモデルを超えたFuzzコントロールのレンジを持つペダルに仕上がっています。

古いファズペダルを現代に甦らせる際、問題となるのが電源です。今回のPark Fuzz Soundの場合、オリジナルモデルは電池駆動のみに対応していました。電池からの電源はクリーンで音色も素晴らしいですが、現代のペダルボードに於いて、電池駆動はとても面倒なものです。

しかし、単にDCジャックを取り付ければ良いというものでもありません。なぜならオリジナルPark Fuzz Soundはポジティブグラウンドだからです。もちろんEarthQuaker Devices Park Fuzzもオリジナルモデルと同じ回路で作られています。

ポジティブグラウンドのペダルは、通常はセンタープラスの電源が必要で、極性を変えてセンターマイナスに対応したとしても他のエフェクターとのデイジーチェーンができず、完全にアイソレートされていないパワーサプライも使うことができません。

しかし、心配は要りません。Park Fuzzではこの問題を修正するためのチップを内蔵し、通常の多くのエフェクターと同じネガティブグラウンド、センターマイナスDC9Vアダプターを使用することが出来ます。もちろん回路や音色はオリジナルのままです。

Park Fuzzはアメリカ、オハイオ州アクロンでハンドメイドで製作されています。

フットスイッチはトゥルーバイパスで、駆動には9V電池、またはセンターマイナスのDC9Vアダプターを使用します。ゲルマニウムトランジスタを使用したファズですが、他のペダルとのデイジーチェーンも問題なくご使用いただけます。

コントロール

・Volume:出力音量を調整します。

・Treble/Bass:トーンコントロールです。右に回せば明るく、左に回せば暗くなります。

・Fuzz:ファズのゲインを調整します。右に回せばファズが強くなります。


サイズ:11.0×6.0×3.8cm

D

ただいまご予約受付中

試奏サービスも承ります!

Amazonでも出品中