ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2013-07-28

足下のオーバードライブのポテンシャルを、さらに上げてみませんか




ギタリストにとって、オーバードライブほど手放せないエフェクターはありません。

ご自分の好みやスタイルに合ったオーバードライブをそれぞれお持ちだとお持ちだと思います。


そのオーバードライブのポテンシャルをさらに上げてみたい。

そうお考えなら、最適なエフェクターがあります。




Keeler Designs Pull。このペダルは、ローゲインなオーバードライブやブースターとして使うことのできるペダルです。

単体で使っても、極上のオーバードライブサウンドが得られます。


D

D

D

D

D


チューブアンプをブーストするペダルとしても優秀で、ギターやアンプの音色を変えず、気持ち良いところをしっかりと持ち上げてくれます。




それでは、Keeler Pullの真骨頂をご紹介します。

この写真のように、メインでお使いのオーバードライブ(この場合はPush)の後ろにPullをつないでみてください。


すると、メインのオーバードライブやディストーションの音をそのまま変えることなく、音量をブーストすることができます。

それだけならブースターで事足りますが、Pullの力はここから。



Toneノブを使えば、さらに細かく音色を調整できます。

そして、このペダルの真骨頂は、Textureノブ。このノブが、メインの歪みが持つポテンシャルをさらに昇華させてくれます。

具体的には、このノブを左に回すと、メインオーバードライブの音がスムーズになり、リードに最適なサウンドに、右に回すと歪みにエッジが追加され、より迫力のあるトーンが得られるようになります。


Pull自体は透明で、個性はほとんどありません。

だからこそ、今お手元や足下にあるオーバードライブが、さらに進化するのです。


是非、お試しください!

また、PushとPullを合わせ、Pullを常時ONにして使うと、まるでマーシャルアンプのクリーンとドライブチャンネルのように使うこともできます。


Keeler Designs Pull、そしてPushはどちらも即納可能!

2011-08-18

真空管の風合いをもつクランチブースター、Keeler Pullが再入荷!

ナチュラルでチューブライクな歪みを作る、クランチドライブ/ブースターペダルといえば、当店一番人気は間違いなくSHODです。あの甘美な、とろけるような音色は、多くのプレイヤーを虜にしました。

言うまでもありませんが、エフェクター、そして音作りに正解はありません。このたび再入荷となりました、Keeler Pullもまた、独特のキャラクターを持つ素晴らしいクランチドライブ/ブースターペダルです。

D

Pullを単体で使用してみると、ローゲインでギターの特性を殺すことのない素直なドライブサウンドながら、音色そのものに奥行きがあり、音像が目の前に浮かび上がってくるように感じられます。その様子は、まるでクラスA動作のハンドワイアード・オールチューブアンプのようです。

さらに、その特性を活かして他のドライブペダルやアンプと併せて使用すると…大迫力のドライブトーンはもちろん、トランジスタアンプをチューブアンプのようなサウンドに変換することすらできてしまいます。

例えば、SHODにも、他のペダルと併せて使うことでチューブライクな音色を作ることができます。SHODならではの、甘く明るい音色特性を残したまま、さらなる音の可能性を広げます。

Pullは、SHODと比べるとさらにナチュラルです。SHODほどのレスポンスはありませんが、同等のチューブライクなサウンドを持ち、SHODよりもフラットな歪みを作り出します。

D

どちらを選ぶかはあなた次第です。どちらも、素晴らしいペダルであることは間違いありません。

今、SHODKeeler Pullともに即納可能!お好きなモデルをお選び下さい!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2011-01-18

「極上の音」のためのドライブペダル

極上の歪み、と言われて、どのような音を考えるでしょうか。

とろけるようなクランチドライブ、目の前に立ちはだかるような迫力のドライブトーン、針が降り注ぐようなハイゲイン…他にもお気に入りのアーティストが繰り出すサウンドを思い浮かべる方もおられるかと思います。

しかし、それらの音を作り出すのは、エフェクターだけではなかなか難しいでしょう。アンプ、ギター、エフェクター全ての要素が絡み合うからこそ、極上と呼べる音ができあがるのです。

SD-1やTS808、ケンタウロスやSHODなど、「名機」と呼ばれるエフェクターは、どれも極上の音色を作るための大事な1ピースとなっているのです。

D

Keeler Designsのクランチドライブペダル「Pull」は、さまざまな「極上の音」を構成する1ピースとなる可能性を秘めています。

Pullを単体で使用してみると、ローゲインでギターの特性を殺すことのない素直なドライブサウンドながら、音色そのものに奥行きがあり、音像が目の前に浮かび上がってくるように感じられます。その様子は、まるでクラスA動作のハンドワイアード・オールチューブアンプのようです。

さらに、その特性を活かして他のドライブペダルやアンプと併せて使用すると…大迫力のドライブトーンはもちろん、トランジスタアンプをチューブアンプのようなサウンドに変換することすらできてしまいます。

D

Keeler Designs Pull…是非とも体験していただきたいペダルです。

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト

ナインボルトオフィシャルショップ