ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2013-10-24

Dawner Prince Effects Red Roxは、まるで大出力1chアンプのようなディストーション!

東欧の国、クロアチア。山や湖にかこまれたイモツキという内陸の小さな街でエフェクターを制作しているDawner Prince Effectsから新発売のディストーションペダル、Red Roxはまるでアンプのように使うことのできる強力なディストーションです。

古いキャディラックのような自動車が描かれた赤いペダル。“Rox”は、これ以上ないほどクール、という意味と“Rocks”をかけています。

独特な配置のノブは、Master、Preamp、Tone、Contour。アンプのようなノブです。Masterはヴォリューム、Preampは歪みの調整です。そしてToneは高域、Contourは全体の周波数のバランスを調整するものです。

もう少しContorの使い方を詳しく申しますと、Contourは相対的なミッドレンジの強さを調整するものになります。右に回すことでミッドレンジが強めになります。この状態でToneを上げておけば、ミッドレンジが若干強めでレンジの広いサウンドになります。ここからToneを下げると、ローミッドの強いサウンドへと変化します。

Contourを下げればミッドレンジが削れたサウンドになり、Toneを上げることでいわゆるドンシャリ系のサウンドに、Toneを下げればローの強いサウンドへと変化します。ToneとContourを組み合わせることで、多くのアンプのように音色をコントロールできます。

そして、もっとすごいのがPreampノブです。例えばマスター付JCM800のような1chアンプの場合、Preampを上げればプリアン部が歪み始めます。逆にPreampを下げればクリーンなサウンドが得られます。

Red Roxでは、この1chアンプの持っていたコントロール特性を完全にカバー。つまり、このペダルだけで艶のあるクリーンサウンドからフルに歪むディストーションサウンドまでをまとめてカバーできるのです!

D

まさに大出力の1chアンプそのもののサウンドが全て詰まったペダルです!今なら即納可能