ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2014-01-29

新ブランド、Movall Audio取扱い開始!

NAMM SHOWでも話題になった、新しいブランドが早くも入荷しました!

Movall Audioという新進気鋭のエフェクターブランドで、様々なミニサイズペダルを制作しています。

一見MooerRowinを思わせるノブ配置の実にペダルですが、Movallは全てのペダルを自社で開発しています。

もちろん、新規開発ではなく、スタンダードな人気ペダルをベースにして発展させた回路で作られてはいるんですが、それでも独自性を出しながらペダルを作っています。

その中の1つ、ディストーションペダルのScorpionを使って、Movallの特徴をご案内します。


さっそく基板です。

こちらは、似た方向性のペダル、RowinのDistortionですが、見ての通り全く構造も違います。小さなノブと大きなノブをミニサイズに搭載する、Mooerのスタイルをフォローしてはいますが、中身は全く違うものです。

ONにすると、透明なノブが光ります。


ノブを外せば、その構造がわかります。このようにLEDがノブの下にあるんですね。


独特のナット。実はここにも意味がありますが、それは実機を見ていただければと思います。独特の形状をしているため、緩んでいるように見えたんですが、これで正常です。


そして、Movallの真骨頂。このデザインは、この価格帯のブランドでは一歩突き抜けています。

音も出してみましたが、使いやすくて素晴らしいです。

Movall Audio、是非お試しください!

 

Twitterキャンペーン実施中!ペダルボードをアップして、スイッチャーを当てよう!