ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2010-12-07

EarthQuaker Devices Sea Machine 詳細レビュー!

話題のEarthQuaker Devices新製品の個性的なコーラスペダル、Sea Machineを詳しくご紹介します!

Sea Machineは個性的なコーラスペダルです。

見ればすぐに分かると思いますが、Sea Machineには普通のコーラスペダルには付いていないようなノブがたくさんついています。

各ノブの役割と、音作りの基本的な方法をご説明します。

Sea Machineには、Rate、Shape、Dimension、Intensity、Animate、そしてDepthのコントロールノブがあります。中でも独特なのが、波形を変えるShape、エコー〜リバーブを加えるDimension、ピッチシフトの振れ幅を調整するAnimateコントロールです。

Rate、Depth、Intensityは多くのコーラスにも搭載されているコントロールです。Depthはモジュレーションと原音のバランスを、Intensityはモジュレーションの揺れる深さを調整することができます。

D

Sea Machineは、とても複雑なエフェクターに見えるかもしれませんが、基本的な機能や役割さえ分かってしまえば、音作りは簡単で、しかも個性的な音を楽に作ることが出来ます。

まず、Shape、Dimension、Animateのコントロールを全て最小にします。残ったRate、Depth、Intensityのノブを使い、基本的なコーラスサウンドを設定します。続いて、Dimensionノブでコーラスサウンドにお好みの残響を付加し、音の厚みを調整します。

続いて、Animateコントロールを用いて、コーラスサウンドにお好きなピッチシフトを加え、最後にWaveコントロールを使っモジュレーションの揺れ方そのものを決定します。この流れで音を作ると、お好みのサウンドを、より簡単に作り出すことができます。

D

他の歪みや、アンプ、ギターと組み合わせることで、多彩で独創的な、「コーラス」の枠を超えた不可思議なモジュレーションサウンドを得ることができます。

2010-11-22

不可思議モジュレーションペダル、間もなく発売!

独特の世界観をもち、数々の個性的なペダルを作り出すEarthQuaker Devices

そのEQDより、新作となるモジュレーションペダルがまもなく発売となります!

発売されるのはSea Machineというモデル。EQDらしさの溢れるコーラスペダルです。

Sea Machineは、ただのコーラスペダルではありません。なによりもコーラスペダルとは思えないほどコントロールノブが付いています。

これらのノブをうまく使いこなすのが、Sea Machineのポイントです。サンプルペダルが先に届いたので音を出してみたのですが、本当にコーラスペダルと言っていいのかどうか迷ってしまったほど。

もちろん、トラディショナルなコーラスサウンドを作ることも可能です。そして、さらにピッチのうねりを加えたり、残響をプラスしてリバーブやエコーのようなサウンドにしたり、さらにモジュレーションの波形自体を変えることで何とも不可思議な揺れを作り出したり…全てが斬新な、驚異のペダルです。

サンプルサウンド
Download
(Tele Deluxe>Sea Machine>Looper>Deluxe Reverb>Garage Band)

ただいまご予約受付中!