ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2016-04-03

美しい佇まい、他を寄せ付けないサウンド。伝説のダンブルサウンドを作るSimble Overdrive!

世に“ダンブル”を謳うペダルは数あれど、世界から認められるペダルはその一部です。

そんなペダルの1つとなったSimble Overdriveが入荷、即納可能です。

Simble Pedalはアンプの魔術師と呼ばれ、またヘリコプターメカニックも務めるLassi Ukkonen(ラッシ・ウッコネン)が、トーンワールドに持ち込んだシークレットウェポンです。

ラッシは、世界中のアンプのリペアや改造などを手がけるTriodipajaの代表で、ギターアンプの音色を知り尽くしています。最高のアンプサウンドをペダルで実現することを目標にペダルを開発しました。


Simble Pedalはすでにエフェクター界で世界的な名声のあるMad Professorにより制作、販売されます。

ハイクオリティな質感と音色をお楽しみください。

Simble Overdriveは、世界でも最高峰と讃えられるアンプが持つ、ナチュラルでオーガニックなトーン、圧倒的なタッチセンシティビティ、甘い真空管ならではのコンプレッションを持ち、インスピレーションを刺激する音色をペダルの中に詰め込みました。

クリーンブーストとしても使うことのできるナチュラルなサウンドをはじめ、“on the edge"クランチサウンド、そしてスウィートに歌うようなオーバードライブまで。ギターの持つトーンそのものの特徴を変えることもありません。

このペダルの開発に先駆け、ラッシはあるアンプの調査を始めます。

オリジナル、ダンブルアンプ。このアンプを実際に手に取り、音色だけでなく細部の構造に至るまで全てを理解したラッシ・ウッコネンが制作したのが、Simble Overdriveです。

言うまでもなく、このペダルは“Dumble in a Box”。

Simble Overdriveの圧巻のワイドレンジにより、シングルコイルピックアップでもハムバッカーでも、さらにベースでさえも完璧に動作します。

Please try the Simble, you’ll be smiling in minutes!

・コントロール

Sensitivity:歪みの強さとコンプレッションを調整します。Tweedアンプのクリーンから始まり、12時あたりではBlackfaceのドライブに届き、さらにフルアップにするとビッグマフの領域にまで踏み込みます。また、Simble Overdriveのゲインはギターのボリュームを使ってコントロールすることもできます。

Level:アウトプットレベルです。

Accent:ピックアタックとブライトネスの調整です。エフェクトの歪み回路に入る前のシグナルをコントロールすることが出来ます。このノブを最小にすれば一切の影響を与えません。このコントロールはDumbleアンプにあるRock/Jazzスイッチのように使うことができます。さらに、このノブを最大付近にすればMiddle-Boostスイッチのようにお使いいただけます。Simble OverdriveのAccentコントロールとDumbleアンプのスイッチとの違いは、Simble Overdriveの方がより多彩な音色を作ることができる、ということです。無断階に様々なセッティングを調整することで、自分だけのトーンを見つけてみてください。

Contour:アウトプットのブライトネスを調整します。エフェクトの歪み回路の後の倍音成分のバランスをコントロールすることができます。

Simble Overdriveはスタンダードなセンターマイナスの9VDCアダプター、および9Vバッテリーで動作します。

D

D

※各ノブの調整範囲を高め、より幅広い音色調整ができるように設計されています。そのため、全てのノブを高く設定すると、発振する場合がございますが、仕様上のものです。発振した場合、どれか1つのノブを下げれば発振は止まります。

また、Accentノブは小さなトランジスタアンプなどでも十分な歪みを得られるように作られています。そのため、特に3時以降に設定すると、小音量ですが常時発振する場合がございます。

大きなアンプで鳴らす場合などにはAccentを高くしすぎないよう注意してください。

今なら即納可能!

2014-05-03

Simble OverdriveとMad Professorを比べてみました!

ついに発売されました、Simble Overdrive

Simble Overdriveは、世界でも最高峰と讃えられるアンプが持つ、ナチュラルでオーガニックなトーン、圧倒的なタッチセンシティビティ、甘い真空管ならではのコンプレッションを持ち、インスピレーションを刺激する音色をペダルの中に詰め込みました。

クリーンブーストとしても使うことのできるナチュラルなサウンドをはじめ、“on the edge"クランチサウンド、そしてスウィートに歌うようなオーバードライブまで。ギターの持つトーンそのものの特徴を変えることもありません。

このペダルの開発に先駆け、ラッシはあるアンプの調査を始めます。

オリジナル、ダンブルアンプ。このアンプを実際に手に取り、音色だけでなく細部の構造に至るまで全てを理解したラッシ・ウッコネンが制作したのが、Simble Overdriveです。

言うまでもなく、このペダルは“Dumble in a Box”。

Simble Overdriveの圧巻のワイドレンジにより、シングルコイルピックアップでもハムバッカーでも、さらにベースでさえも完璧に動作します。

Please try the Simble, you’ll be smiling in minutes!


今回、同じくダンブルなサウンドで人気のNew Sweet Honey Overdrive(SHOD)と、ナチュラルかつトランスペアレントなRoyal Blue Overdrive(RBOD)と並べて比べてみました。

音色の好みや感じ方はそれぞれ違いがありますので、あくまで個人の感想としてご参考にしてみてください。

音量は、SHODとRBODに違いはありませんでしたが、Simbleはコンプレッションが強く、その分音量は控えめな印象でした。全てのノブを同じ位置にするとそういう印象ですが、Simbleも十分な音量を稼ぐことはできます。

最大ゲインはRBODが圧倒的に高く、続いてSimble、SHODはもっともゲインの低い音色です。

特にSimbleの音色はローミッドがしっかりとした、フルボディな印象の音でした。同じダンブルなサウンドでも、例えばSimbleはロベン・フォード、SHODはラリー・カールトンのような違いがありました。

ギターのボリュームなどへのレスポンスは、SHODが最も高く、続いてRBOD、Simbleと続きます。どれも、市場の一般的なドライブペダルと比べるとハイレスポンスですが、その中でSimbleはコンプレッションが強めな分、レスポンスはRBOD、SHODの方が高いです。

音色の加工度合い、つまりトランスペアレントさという意味では、RBODが元も透明で、Simbleが最もアンプ的な味付けがありました。とはいえ多くのアンプシミュレーターと比べれば、十分にトランスペアレントです。

音作りの幅広さで言うと、最も器用に多彩な音色を作ることができるのがRBOD、続いてSimbleで、SHODが音色の幅としては最も狭くなります。

あくまで並べて要素を比較してみただけですが、アンプサウンドっぽいのがSimble、極上ローゲインオーバードライブのSHOD、多彩で使いやすいRBOD、という個性があると感じます。

ただ、あまりにも頂上決戦すぎて、どれも最上級のクオリティでした。お好みに合うものを選んでいただければと思います。

なお、Simble Overdriveは各ノブの調整範囲を高め、より幅広い音色調整ができるように設計されています。そのため、全てのノブを高く設定すると、発振する場合がございますが、仕様上のものです。発振した場合、どれか1つのノブを下げれば発振は止まります。

また、Accentノブは小さなトランジスタアンプなどでも十分な歪みを得られるように作られています。そのため、特に3時以降に設定すると、小音量ですが常時発振する場合がございます。

大きなアンプで鳴らす場合などにはAccentを高くしすぎないよう注意してください。

D

D

D

※ご注文の発送やお振込先のご連絡、お問い合わせのご返信は5/7以降となります。ご了承ください。

2014-05-01

話題のSimble Pedalが遂に入荷しました!

1月のNAMM SHOWでの発表以来、話題になったあのペダルが遂に入荷しました!

※楽天の仕様上、5月1日 19:00以降のご注文でポイント10倍です!それ以前のご注文はポイントアップがありませんのでご注意ください!

Simble Pedalはアンプの魔術師と呼ばれ、またヘリコプターメカニックも務めるLassi Ukkonen(ラッシ・ウッコネン)が、トーンワールドに持ち込んだシークレットウェポンです。

ラッシは、世界中のアンプのリペアや改造などを手がけるTriodipajaの代表で、ギターアンプの音色を知り尽くしています。最高のアンプサウンドをペダルで実現することを目標にペダルを開発しました。


Simble Pedalはすでにエフェクター界で世界的な名声のあるMad Professorにより制作、販売されます。

ハイクオリティな質感と音色をお楽しみください。

Simble Overdriveは、世界でも最高峰と讃えられるアンプが持つ、ナチュラルでオーガニックなトーン、圧倒的なタッチセンシティビティ、甘い真空管ならではのコンプレッションを持ち、インスピレーションを刺激する音色をペダルの中に詰め込みました。

クリーンブーストとしても使うことのできるナチュラルなサウンドをはじめ、“on the edge"クランチサウンド、そしてスウィートに歌うようなオーバードライブまで。ギターの持つトーンそのものの特徴を変えることもありません。

このペダルの開発に先駆け、ラッシはあるアンプの調査を始めます。

オリジナル、ダンブルアンプ。このアンプを実際に手に取り、音色だけでなく細部の構造に至るまで全てを理解したラッシ・ウッコネンが制作したのが、Simble Overdriveです。

言うまでもなく、このペダルは“Dumble in a Box”。

Simble Overdriveの圧巻のワイドレンジにより、シングルコイルピックアップでもハムバッカーでも、さらにベースでさえも完璧に動作します。

Please try the Simble, you’ll be smiling in minutes!

・コントロール

Sensitivity:歪みの強さとコンプレッションを調整します。Tweedアンプのクリーンから始まり、12時あたりではBlackfaceのドライブに届き、さらにフルアップにするとビッグマフの領域にまで踏み込みます。また、Simble Overdriveのゲインはギターのボリュームを使ってコントロールすることもできます。

Level:アウトプットレベルです。

Accent:ピックアタックとブライトネスの調整です。エフェクトの歪み回路に入る前のシグナルをコントロールすることが出来ます。このノブを最小にすれば一切の影響を与えません。このコントロールはDumbleアンプにあるRock/Jazzスイッチのように使うことができます。さらに、このノブを最大付近にすればMiddle-Boostスイッチのようにお使いいただけます。Simble OverdriveのAccentコントロールとDumbleアンプのスイッチとの違いは、Simble Overdriveの方がより多彩な音色を作ることができる、ということです。無断階に様々なセッティングを調整することで、自分だけのトーンを見つけてみてください。

Contour:アウトプットのブライトネスを調整します。エフェクトの歪み回路の後の倍音成分のバランスをコントロールすることができます。

Simble Overdriveはスタンダードなセンターマイナスの9VDCアダプター、および9Vバッテリーで動作します。

D

D

※各ノブの調整範囲を高め、より幅広い音色調整ができるように設計されています。そのため、全てのノブを高く設定すると、発振する場合がございますが、仕様上のものです。発振した場合、どれか1つのノブを下げれば発振は止まります。

また、Accentノブは小さなトランジスタアンプなどでも十分な歪みを得られるように作られています。そのため、特に3時以降に設定すると、小音量ですが常時発振する場合がございます。

大きなアンプで鳴らす場合などにはAccentを高くしすぎないよう注意してください。

今なら即納可能!

※楽天の仕様上、5月1日 19:00以降のご注文でポイント10倍です!それ以前のご注文はポイントアップがありませんのでご注意ください!