ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2015-10-18

シンクロナイズドトレモロやフロイドローズのチューニングを安定させる!Super-Vee Mag-Lokご予約受付中!

革新的ブリッジのSuper-Veeから、さらにお手軽にチューニングを安定させるパーツが入ります!

Super-Vee Mag-Lokは、“Anti-Deflection Device”と呼ばれる、少し変わったギター用リプレイスメントパーツです。

ストラトキャスターのシンクロナイズドトレモロ、フロイドローズトレモロやBladeRunnerなど、“トーンブロックをスプリングで支える”タイプのブリッジに使用することで、チューニングスタビリティを高めます。

ボディ裏のスプリングでフローティングトレモロブリッジを支えるタイプのトレモロユニットは、弦の張力に対してはスプリングが支えますが、チョーキングやダブルストップベンディングなどでブリッジが“押される”ような状態には無力です。

ブリッジが押されると弦のテンションが下がり、チューニングがずれやすくなってしまいます。

Mag-Lokは、レアアースマグネットを使用し、丁寧に製作されています。これらのマグネットはブリッジが“押される”状態に対して抵抗を示し、ブリッジを支えます。

同時に、ブリッジ本体が動く時、すなわちアーミングを行う時にはMag-Lokのマグネットロックが解除され、ブリッジの動きを阻害することもありません。

さらに、Mag-Lok内部のマグネットの間にはバッファパッド(緩衝材)があります。この緩衝材は様々な素材や厚さなどを自由に入れ替えることができます。(フェルトや厚紙などを加工してお使いいただけます。)そうすることでマグネットの強さを調整し、アーミング時のプレイフィールを調整することができます。

(フロイドローズブリッジの場合、マグネットをより強く固定するため、バッファパッドを外すことを推奨します。)

Mag-Lokは、独自の製法を用いてマグネットの磁力方向を制御することにより、Mag-Lok本体と同方向にのみ磁力が働くため、ギターのピックアップやサウンドに影響を及ぼすこともありません。

●Mag-Lokの取り付け方法

まず、ギターを裏返し、ボディ裏のキャビティカバーを外します。

Mag-Lokをキャビティのスプリングの間に設置します。セッティングによっては、スプリングを1本外す必要があります。。

そして、Mag-Lokから出ているワイヤーをトーンブロックに差し込みます。

※このワイヤーは曲げたり、改造したりしないでください。

最後に、付属の木ネジでMag-Lokを固定します。ネジ留めをする前に、キリなどでネジを留める位置に小さな穴を開けてから、ネジ留めを行って下さい。

ネジ留めの際、まず木ネジをドライバーで半回転させ、しっかりとMag-Lokを押さえながら固定します。

D

ただいまご予約受付中

Amazonでも販売中

2015-10-17

革新的構造でチューニングを安定させるシンクロナイズド系トレモロブリッジ!Super-Vee BladeRunner Bridgeご予約受付中!

驚きの革新的ブリッジの取扱をはじめます!Super-Vee BladeRunner Bridgeは、ストラトなどのシンクロナイズドトレモロをそのまま置き換えられるブリッジです。

6点支持、2点支持のそれぞれに対応したブリッジがあります!

Super-Veeでは、ギター本体に大きな改造を施さずに搭載できる、究極のトレモロブリッジを求め続けていました。

トレモロブリッジに必要なことは、快適にプレイできるパフォーマンスと、チューニングの安定性向上です。そしてクラシックなストラトキャスターの外観やプレイングフィールを大きく変えないことも重要です。

そしてBladeRunnerが生まれました。専門的な工具や難しい調整などは必要とせず、簡単にブリッジを交換することができます。

uper-Vee Bladerunner Bridgeは、Super-Vee、“Blade”パテンテッドテクノロジーを用いた、現在“最も優れた”ノンロッキングトレモロです。

シンクロナイズドトレモロを大きく進化させ、プリクションレスアクション、ポジショナブルワーミーバーを備え、またチューニングの安定性を大幅に向上させました。

クラシックなシンクロナイズドトレモロからそのまま付け替えても違和感のないデザインを維持しながら、異次元のパフォーマンスを実現します。

ストラトキャスター、およびストラトキャスタータイプのギターにそのまま取り付けられるリプレイスメントトレモロブリッジです。元のブリッジが6点支持タイプと2点支持タイプを用意していますので、お手持ちのギターに合わせてお選びいただけます。

ストリングスペーシングは2.1インチで、ヴィンテージタイプ/モダンタイプの両方に合致します。

ブリッジ本体、ワーミーバー(アーム)、マウンティングスクリュー、スプリングが付属しています。


●Bladeテクノロジー

Super-Veeの“Blade”パテンテッドテクノロジーは、クラシックなトレモロブリッジに於いて革命的なテクノロジーです。

ピッキングやチョーキング、アーミングが繰り返されるギターのピッチを正確に保つことはとても難しいことです。

チューニングの安定性を阻害する要因は、“摩擦”です。多くのトレモロブリッジが、それを緩和するためにピボットやボールベアリングを使用しているのは、たしかに理にかなっています。

しかし、摩擦が続くことによる摩耗や、そもそもの間違った構造による“ゼロポイント”のずれが常に起きることで、チューニングスタビリティが低下してしまいます。

Bladeテクノロジーは、インダストリアルグレードのハイテンシル鋼(高張力鋼)を使用し、ブリッジの支点部(アンカープレート)と可動部(ブリッジプレート)を分離。支点部はギターボディに固定され、アーミングを行っても動くことはありません。6点支持であれ、2点支持であれ、いずれにしても“支点部”が”動く”という、シンクロナイズドトレモロシステムの根本的な欠陥を解消し、フリクションレスでスーパースムースな動作を実現。摩耗や劣化もありません

また、現在のBladeテクノロジーは当初の設計をさらにアップデートされています。

初期のBladeテクノロジーでは、アンカープレートとブリッジプレートを接続する部分のみにハイテンシル鋼を使用していましたが、新しいデザインではハイテンシル鋼を拡大し、アンカープレートとブリッジプレート全体をカバーします。こうすることでギターのボディとトーンブロック間がしっかりと接続されるようになりました。

結果、チューニングスタビリティはさらに安定し、音色も明瞭になりました。

※新しいBladeテクノロジーは、右利き用のニッケルモデルにのみ搭載されています。

●各部のサイズ

D

ただいまご予約受付中

Amazonでも販売中