ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2009-12-07

Dwarfcraft The Great Destroyer

出始めこそ、禍々しいサンプル動画、さらにサウンドでごく一部のファンを虜にしていたドワーフクラフトですが、ここ最近の彼らの活動はめざましい限りです。Deviとのコラボモデル、さらにギター開発など様々なジャンル、ミュージシャンと多岐にわたり交配を繰り返しています。そんな彼らの代表的ペダルDwarfcraft The Great Destroyerがいよいよ再入荷しました!

このペダルを、日本というよりも、世界を舞台に活躍されているBoris の Takeshi氏がレビューしてくださいました!

「The Great Destroyer」

ユーザー:Takeshi

正直、現状僕のプレイに於いては使い所が難しいペダル、というのが第一印象でしたが、ベースシンセ的な使い方や、キーボード、パーカッション、リズムマシンにかましてみると予測不能な変態っぷりを発揮して、これはかなりのポテンシャルを秘めていると思いました。発振系ファズは手元でいじると楽しい。

現在、曲作りの真っ最中なので、このペダルも積極的に使って面白い音を録りたいです。

実際に試奏してくださったお客様からも、非常に好評価をいただいておりまして、最初こそあのサンプル動画の影響でセールスはふるいませんでしたが、、最近やっと飛び道具系ファズとして認知されてきました。

このThe Great Destroyerは長い間切らしてしまっていたんですが、ようやく入荷となり、即納可能です!

D

今後の活動予定も非常に充実しているDwarfcraftです。

是非よろしくお願いいたします!

2008-12-08

日本初上陸!Dwarfcraft Devices、いよいよ到着!

きたるべくしてきた、というべきでしょうか?

Dwarfcraft Devices The Great Destroyer

Dwarfcraft Devices SHIVA FUZZ

怪ブティックブランド、Dwarfcraft Devicesが

ナインボルトを介していよいよ日本に上陸です!


知り合いのアメリカのギターショップからよく聞く

このブランド評は、いろいろなんですが、

一番多いのは'SICKO'という言葉がよく出てきます。


直訳すると、変人、変態、その他いろいろな

ネガティブな捉え方のできる言葉のようです。


たとえばなんですが、ギターで使うことを目的としていない

M.A.S.Fなどのノイズブランドは置いておいて、

ギター、若しくはバンドで使うことのできるノイズブランドとなると

数は限られてきます。

其の中においてのこのブランドの位置づけはあまりにも

かけ離れたイメージです。

たとえばDeath By Audioなどはまだまだ洗練されたイメージが

ありますが、このブランドは底辺をのたうつかのように

下品です。音もこれ以上無い、というほどに下品であり、

なおかつ凶暴です。


もちろん、これほどの怪気炎を放っているブランドを

アメリカミュージシャンが放っておくはずが無く、

現在わかっているだけで

Allan Sparhawk----(あのLOWのギタリスト!http://www.chairkickers.com/

は、なんとTGDを4つも購入し、'I LOVE CHAOS!'というメッセージを残しています。

Justin Meldal-Johnsen(BECK、MACY GRAYなどのバックべーシスト)

がTGDを。

Justin Vernon(Bon Iver)がSHIVA FUZZを購入した其の日にインスピレーションに

よってレコーディングを開始してしまったとのこと。

そしてそして言わずと知れたメタルジャイアンツKORNの複数メンバーが

すでに使用中!

これは、自己申告していただいた方のみで、

おそらくほかにもいらっしゃると思います。


なぜ設立間もない、なおかつホームページすらないような

(マイスペのサイトのみあります。)

このブランドがこれほどの脚光をあびるのか?


やはり一にも二にもこれほどのキャラクターの立ったサウンド

はほかでは作れないからです。

まず、一番のヒット作、The Great Destroyer(TGD)ですが、

これ、リズムオシレーター内蔵のオシレーターファズです。

一番右のSTARVEというノブの設定により、不安定な

チョッピートレモロ、さらにはタッチトレモロのような

ピッキングに靡くサウンドが作れます。

私も触りましたが、

これ、ツマミ全部(VOLUMEも)

を全開にしておかないといわゆる普通のファズサウンドは出ません。

それ以外ではほぼ発振します。


正直、オシレーターが複雑に絡み合い、

これほど使いにくいオシレーターファズは

ちょっと記憶にありません。

ファズファクの比ではありません。

そのかわり、悦に入ったときのサウンドは・・・

これ以上無いまでに凶暴なサウンドを作れると思います。

D

2008-12-01

Dwarfcraft Devices The Great Destroyer!!!!!

以前から少しづつご紹介しておりました、

Dwarfcraft Devicesからの最初の荷物が

発送になったとのことで改めてご紹介させていただきます。


さてこのDwarfcraft Devices(ドゥワーフクラフト デバイセズ)、

現在アメリカで驚異的なセールスを誇っているそうです。


売れる、という訳はやはり音に訳がある、というわけなんですが

やはり売れるには訳があります。破天荒なルックスの

製作者Ben氏の動画ももちろんセールスに少しは

影響を与えているのかも知れませんが

すでに出尽くした感のある発振系FUZZにおいて

これだけの発振ファズが新しく発売されるとは思ってもいませんでした。

まず、そのサウンドを見てみたいと思います。


ノブは4つながら、多彩なサウンドを操ることができます。

Starve(餓死、でしょうか?)と名づけられたノブによって

さまざまなサウンドを作り出すことができます。


D

例のごとく陽気すぎるビルダー。非常に下品ですので

受け入れない方もいらっしゃるかと思います。

全員コーラが大好きだそうです。


D

機材紹介のはずなんですがただ遊んでいるだけにしか見えない

3氏。彼ら3人によってブランドが運営されています。

彼らの人柄含めてのブランドでしょうね。

これほど製作者が前に出てくるブランドもそうそうありません。


D

録音状態も最高なTONEFACTORのデモ動画。

いろいろなサウンド、中には絶妙なトレモロでまるで

ショートエコーにしか聞こえないようなサウンドもあったりで

面白いです。

と、これだけ書き連ねると

結構高そうだな、という印象があるかもしれませんが

そうでもないです。

送料込みで19800円。

飛び道具を探していた方、

飛び道具に買ったFUZZが全く機能しなかった方、

突き抜けるFUZZが欲しい方全てにお勧めです。

ぜひよろしくお願いいたします。