ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr






2010-09-29

Catalinbread Teaser Stallionの破壊力

充実のラインナップを擁するCatalinbreadの中でも、古くから何度もバージョンアップを重ねて進化を続けてきたペダル、それがTeaser Stallionです。

オシレーション(自己発振)モードを搭載したディストーションペダルという独特の位置づけのTeaser Stallionは、実用性と独創性を併せ持っています。

D

Teaser Stallionは、強力な発振サウンドが注目されていますが、実はディストーションサウンドも凄いんです。

荒々しく、今にも暴れ出しそうなローエンドや、弦1本1本の震えがそのまま伝わってくるようなサウンド。

スムーズさと轟音が混ざり合ったような迫力のサウンドは、ほんの少しファズの要素が見え隠れします。

「Dirt Box」という言葉がこれほど当てはまりそうな歪みはなかなか見ることができません。

もちろん、ただ歪むだけでなく、音色に少し荒っぽい彩りを加えるブースターとしても使うことができます・

D

そんな「Dirty」なドライブサウンドに発振音が絡み合うオシレーションモードは、まさに圧巻!

ペダル本体のコントロールとギターのボリュームやトーンを駆使して発振音のピッチや、ギターサウンドと発振音の割合などを自在にコントロールできます。

ライブステージを飾る飛び道具的な使い方はもちろん、メイン歪みとして、ノイズ用として…使い方は無限大です。

それが、Teaser Stallionなのです!