ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr



2013-11-24

どんなシグナルにも必要なコンプレッサー!Fairfield Circuitry The Accountant入荷!

Fairfield Circuitryの新製品が入荷しています!

The Accountantは、小さなコンプレッサーです!

どんな仕事をするにも、会計士(The Accountant)は必要です。シグナルチェーンも例外ではありません。この小さな会計士は、何も聞かずにボードにすんなり溶け込みます。そして、静かに仕事を始めます。いざとなれば数字を改竄し、帳簿を誤魔化して必要な数字を叩き出します。

もちろん、実際の世界でそんなことをしてはいけませんが、音声シグナルの場合、それは非常に有用なことです。

こんな洒落の効いた紹介文、Fairfieldにしか書けませんね。

音色のダイナミクスコントロールを楽しんだり、強くコンプレッションをかけたり。小さなペダルですが、The Accountantは様々なスタイルに合わせて使えるコンプレッサーです。

オールアナログ回路で、JFETを用いたコンプレッサーです。The Accountantはギターだけでなくベース、ヴォーカル、シンセサイザーなど全てのシグナルソースに有効にお使いいただけます。

シンプルなコントロールインターフェイスで、コンプレッションレシオやゲインを簡単に設定できます。

コンプレッションは、ダイナミクスの形をコントロールするエフェクトです。つまり、大音量のパーツと小音量のパーツの間を調整するものです。

多くの場合、シグナルのトランジェント(つまりアタックなどの最初の部分)が最も音量が高く、そこの音量を歪む直前のところでどの程度抑えるかをセットします。コンプレッションはトランジェントを大きすぎないように調整し、結果的にアンプに入力された時の音量を高め、シグナル全体をラウドに、より分厚く、そしてコンプレッションの強さによっては軽い歪みを付加することができます。

こういった働きは、シグナルレベルが値を超えた時にのみ行われます。この値をスレッショルド(しきい値)と言います。

The Accountantのスレッショルドは固定されています。

PADとRATIOコントロールは、コンプレッションの動作を設定するものです。PADはコンプレッションされる前の音色をシンプルにアッテネートします。ラウドなシグナルほどコンプレッションが強くかかりますので、PADセッティングでコンプレッションのかかりやすさを設定できます。

RATIOは、ラウドな部分をどの程度圧縮(コンプレス)するかを選択します。例えば、6:1のセッティングでは、スレッショルドを超えた部分のシグナルが6dBだった場合、それを1dBまで圧縮するという意味です。つまり、コンプレッションの強さを設定します。

そしてVolumeコントロール。これはアウトプットレベルを調整するものです。コンプレッションエフェクトには影響しません。

The Accountantは、様々な状況に合わせて使うことができます。ここでは、いくつかの例を載せますが、それぞれの使い方やスタイルに合わせ、いろいろなセッティングを試してみてください。

・Light Compression(PAD:0、RATIO:0)

このタイプのコンプレッションは、場合によってほとんどエフェクトがかかっていないように聞こえるかもしれません。ほんの少しだけ色付けを行いますが、ほとんど音を変えません。このセッティングは、音色全体を調和させたい場合などに使ったり、他の楽器とのアンサンブルで馴染みの良いサウンドにするために使います。小さくプレイする部分も聞き取れるようにできます。

・Heavy Compression(PAD:2、RATOI:2)

この設定では、コンプレッションがかかっていることが分かりやすくなります。エフェクトをかけると明らかに音がリッチになり、歪みと組みあわせれば、歪みがより強くなります。音もより大きくできます。アタックとリリースも強くなり、プレイのメリハリをつけやすくなります。

・Limiter(PAD:0、RATIO:2)

リミッターは、コンプレッサーの一種ですが、特にスレッショルドを高く、レシオも10:1以上の高い値に設定されています。この設定で、リミッターをエミュレートする事ができます。リミッターとして使いたい場合は、実際に音を出しながらヴォリュームの設定を調整してください。



The Accountantは、スタンダードなセンターマイナスのレギュレートされた9〜9.6Vのアダプターに適合して作られています。ペダルは逆極性のものに対してプロテクトされています。(センタープラスのものを接続しても動作しませんが、それで故障しないように作られています。)しかし、ご使用の際にはパワーサプライが適合しているかどうか確認してください。電池はご使用になれません。

D

今なら即納可能!