ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr





2015-10-12

エクスパンドラを最大限にブラッシュアップ!ギタリストのやりたいことを全部詰め込んだJHS Pedals The Kilt!

JHS PedalsとUKバンドのStu.Gがコラボレーション!Stu.Gのやりたいことを全部詰め込んだペダルが入荷しました!

JHS Pedals The Kiltは、ギタリストが必要とするパワー、レンジ、オプション、トーンを詰め込んだ、2in1のオーバードライブ/ブースターです。伝説的なファズペダルの、Expandoraから強くインスパイアされていますが、そのクラシカルなサウンドをさらに大きくアップデートし、全く新しいものへと進化を遂げています。出来る限りの機能を詰め込んだ“全部入り”ペダルと言っても良いでしょう。

トランスペアレントトーンからチューブライクなクランチ、ブルージーオーバードライブ、太くナチュラルなディストーション、そしてファズサウンドまで、クラシックロック〜ブルース、ハードロックあたりまでなら全てをカバーできます。

The Kiltの制作のきっかけとなったのは、英国の有名バンド、Delirious?の創設メンバーであり、伝説的ギタリスト、音楽家、プロデューサーなど多彩な活躍をするStu.Gの依頼によるものでした。その多方面に及ぶスタジオワークやツアーなど、全てをカバーすることの出来るペダルを作って欲しい、そこから始まりました。そのためか、The Kiltはどこかブリティッシュよりなトーンが特徴です。

The Kiltは、ドライブセクションとブーストセクションが独立しています。左側のドライブセクション側は、超ローノイズでスムースなストラクチャーとオリジナルExpandoraを超えるフィールを持つOp-Ampを選びぬきました。ここには3つのトグルスイッチを設け、多彩なサウンドを設定できます。

Cutトグルスイッチはローエンドのカット/ブーストが可能。ダウンポジションではオリジナルを超えたローエンドを実現します。アップポジションではオリジナルExpandoraに近い、鋭いトーンを作ります。

G1とG2トグルスイッチは回路のクリッピングセクションを切替え、様々な歪みを作ることができます。

これらのスイッチを組み合わせることで、The Kiltはトランスペアレントドライブから“歪みの壁”のような厚みのある迫り来るトーンまで、多彩なセッティングが可能です。

ドライブセクションの3つのノブはVolume、Tone、Gain。スタンダードなコントロールを搭載し、多機能でありながら感覚的に扱えるペダルです。


右側のブーストセクションはJFETを用いたブースト回路です。リード時のヴォリュームブーストや左側ドライブセクションをプッシュするのに最適です。

Boostノブはブーストレベルをコントロールし、Orderトグルスイッチはブーストセクションとドライブセクションの接続順を切替えます。ダウンポジションではプリブースト、アップポジションではポストブーストとなります。

The KiltはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで動作します。トゥルーバイパススイッチを採用し、カスタムポリッシュのアルミニウムエンクロージャに収められています。

D

ただいま即納可能!