ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr




2014-10-16

1ペダルで軽いドライブ〜ハイゲインまで!Amptweaker TightDrive Pro!

Amptweakerより、フレキシブルに使えるペダルが入荷します!

TightDrive Proは、オーバードライブ〜ディストーションまでをカバーします!

Amptweakerのペダルは、全てアンプデザイン・エンジニアであるジェームス・ブラウン氏の手によって設計・製作されています。

ジェームス・ブラウン氏は世界的に有名なアメリカのアンプメーカーに在籍し、有名な大物アーティストと共に数々の名アンプを世に送り出してきました。

大変なご好評をいただいている、TightMetal ProBigRock Proの開発を終えたAmptweakerは、最も有名なモデルであるTightDriveの2フットスイッチバージョンの開発を始めました。

Amptweaker TightDrive Proは、まさにその成果です。多くのスイッチを搭載し、TightDriveの全てのトーンを網羅しながら、さらなるトーンバリエーションや操作性を実現。新たに追加されたGainスイッチをOFFにすれば、トランスペアレントなオーバードライブトーンにまで手が届きます。ユニティゲインをデフォルトとし、トランスペアレントブーストペダルとしても活躍します。

多くの“ブースト付オーバードライブ”とは違い、TightDrive Proは2つのブーストを内蔵しています。1つはプリブースト、もう1つがポストブーストです。ゲインブーストもボリュームブーストも自由自在で、リードパートでのトーンを完璧に作ることができます。Boost VolumeとBoost Gainノブでコントロールできるこのブーストは、音量を下げる設定も可能なため、ゲインを強くブーストしながらブーストON/OFFで音量のバランスをコントロールできます。さらにMidboostボタンによって、ブースト時、アンサンブルの中でギタートーンを強く前に出すこともできます。

TightDrive ProはEdgeスイッチをSmoothモードにすることで、ハイエンドのエッジを削り、暖かなトーンを得ることが出来ます。逆にこのスイッチがOFFなら、明瞭ではっきりとしたトーンを作ることができます。実際のギタートーンに合わせて設定してみてください。

また、TightDrive Proには2つのFatスイッチを搭載し、ノーマルトーンとブーストトーンそれぞれの音色を個別に、より太く、コンプレッションを少し加えた音色に設定できます。また、追加された3バンドEQにより、オリジナルTightDriveよりもさらに幅広いトーンバリエーションを実現。また、MidスイッチをPlexEQ側にスライドさせると、トラディショナルなブリティッシュスタックトーンを作ることもできます。また、新たに進化したされた“Cleaner”ノイズゲートを搭載し、クリーントーンを保ちながらノイズを低減することができます。NoiseスイッチをGate側にすればノイズゲートがかかり、逆側にスライドさせればゲートはかかりません。

また、TightDrive ProにはAmptweakerペダルでおなじみのエフェクトループも搭載。TightMetal ProやBigRock Pro同様、3つのエフェクトループでフレキシブルな運用が可能です。搭載されるのはエフェクトのON/OFFに連動するユニバーサルループ、BoostのON/OFFに連動するブーストループ、そしてエフェクトOFF時にのみONにするSideTrakループです。

例えば、クリーントーン時にコンプレッサーやコーラス等をかけたり、他の歪みペダルとTightDrive Proを1発で切り替えたい場合、SideTrakループに接続します。ビルトインABボックスのように使えば、エフェクトのOFF時とON時でアンプを分けることもできます。

エフェクトON時とブースト時に有効になるユニバーサルループとブーストループは、内部の切り替えスイッチによりエフェクト回路のプリ(前段)、またはポスト(後段)のどちらに設置するかを個別に切り替えられます。

TightDrive Proはアダプタだけでなく電池駆動時にも18V駆動を実現。内部に2つの電池を入れることが出来、また内部の切り替えスイッチで駆動電圧の選択が可能です。電池ボックスはマグネット式なので、開閉時に工具は必要ありません。アダプタ駆動時は9V(EPA-2000推奨)、または18V(RPA-1000推奨)での駆動に対応します。9Vと18V駆動は、まるで50Wと100Wアンプのような違いとなります。アダプタ駆動時にはLEDが常にノブを照らし、セッティングがひと目で分かります。また、ずらりと並ぶノブの背後には電源スイッチがあり、電池を入れたままボードに組み込んでいても、電池の消費を抑えることができます。

●特徴

・ブーストフットスイッチに連動する2つのブーストノブを装備

・Smooth EdgeとPlexEQスイッチを備えた3バンドEQ搭載

・ユニバーサル、ブースト、SideTrakの3つのエフェクトループを搭載

・Gain、Tight、Volumeノブ

・ハイゲインスイッチでオーバードライブトーンとクリーンなトランスペアレントトーンを切替可能

・調整用内部トリムポットを持つNoise Gateスイッチ

・PlexEQセッティングで有効なMidスイッチ

・パンチのあるサウンドを作るMid Boostスイッチ

・リズムとブーストトーンをより暖かく、個別に設定できる内部Fatスイッチ

・アンプのインプットだけでなくプリアンプとしても使用可能

・LEDを使ったノブ用の照明を搭載(アダプター使用時)

・DCアダプタージャックはスタンダードなセンターマイナスの2.1mm X 5.5mm

・バッテリーディスコネクトスイッチ

・センターマイナス DCアダプタジャック搭載(9〜18V駆動に対応)

・道具を一切使わずに電池交換可能

・14ゲージスティールシャシー

・アメリカにてハンドメイド

・インプットインピーダンス:240k Ohm (Effect On)

・アウトプットインピーダンス:1k Ohm (Effect On)

・18mA current consumption(電池使用時)

・22mA current consumption(9Vアダプタ使用時)

・24mA current consumption(18Vアダプタ使用時)

・サイズ: 143(W) x 127(D) x 54(H) mm

D

D

ご予約受付中