ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ナインボルトワールドレポート  Ninevolt World Report このページをアンテナに追加 RSSフィード

負けるな岩手!負けるな東北!
エフェクターショップエフェクター専門店ナインボルトオフィシャルブログです。
Amazonショップはこちらから!
ヤフオク出品中!


LEP INTERNATIONAL OFFICIAL Site
ナインボルトのメルマガ登録はこちらから!
ナインボルトのTwitter
ナインボルトのFacebook
ナインボルトのInstagram
ナインボルトのTumblr


友だち追加数

2013-05-11

徹底した実戦志向!Amptweakerペダル、TightDriveを使いこなせ!


伝説的なアンプビルダーが設計したエフェクターとして、大変話題のAmptweakerペダル。使えば使うほど、このペダルが目指した高みが見えてきて、その音だけでなく全ての機能が経験から作られていることが分かっていただけるのではないかと思います。

そして、もっともっとAmptweakerペダルのことを分かっていただくために、より細かく、Amptweakerペダルについてご案内したいと思います。

まずはAmptweakerのフラッグシップモデル、オーバードライブのTightDriveを特集します!


TightDriveは、独自のスラント型ケースを身にまとったオーバードライブ。往年のMarshall 御三家のようなスタイルのケースですが、その機能や使い勝手は最新の技術と長年の経験に基づいたものです。


スタンダードなVolume、Tone、Gainに加え、ローエンドのタイトさを調整することで歪み全体の特性を変えられるTightノブ。この4つのノブは、Amptweakerペダルの歪み系ではもっとも基本的なノブとなります。

あえてアンプ的な3バンドEQにするわけでなく、ローエンドだけを独立させることで、素早い音作りと譲れない操作性の高さを両立させています。

また、ノブの側面にはノブの位置に合わせたドットが打たれていて、このケース特有の角度からも今の設定が一目で分かります。


アダプタで駆動させていれば、このようにLEDがノブを照らすので、ステージ上でもすぐにセッティングを見分けられます。


もちろんアダプタだけでなく電池駆動のこともよく考えられています。本体側面にある電池ボックスはネジを使っておらず、開閉には一切の器具等は不要。それでいて通常時はしっかり固定されているので、ボード内で開くこともありませんし、万一開いてしまっても電池はスナップで繋がっているので電源が切れてしまうこともありません。


多くのエフェクターはインプット、またはアウトプットを電源スイッチとして兼ねています。Amptweakerペダルもそれは同じで、使わないときにはプラグを抜いておくことを推奨しています。

しかし、それほど長期間ではない場合、例えば数日中に使うペダルのボードを組んで、毎回プラグを抜き差しするのは面倒です。そんなときのため、Amptweakerペダルには電源スイッチも搭載。

見ての通り、ペダルの一番奥、ノブとバーで守られた位置にあるスイッチなので、誤って踏んだり蹴ったりしてもこのスイッチを変えることは至難の業です。もちろん、スイッチをON/OFFさせようと思えば即座にできます。

また、Amptweakerペダルの特徴の1つが、このエフェクトループです。エフェクトのON/OFFに連動していて、複数のエフェクトをON/OFFしたい場合などに、Amptweakerのスイッチだけを切り替えればOKというもの。使い慣れるとこれほど便利なものはありません。

本体裏側には切替スイッチがあり、これでエフェクトループの位置を切り替えられます。例えばエフェクトの後にディレイをかける、それを同時にON/OFFしたければPOSTに設定してループにディレイをつなぎます。逆に、エフェクトの前にブーストを同時にかけるとすれば、このスイッチをPREにすることで可能です。もちろん、エフェクトループに設置したペダルをOFFにしておけば、TightDriveのみの音を使うこともできます。

非常に工業製品的な見た目のペダルですが、中身はもちろんハンドメイド。トゥルーバイパススイッチをはじめ、各種パーツも丁寧に、高いグレードのものが使われています。


D

音はまさに現代的なチューブアンプサウンド。熱く、厚く、そして繊細で伸びやかな音色です。

究極の実戦志向、かつ妥協無き音色を実現したペダル、AmptweakerのTightDriveは、今なら即納可能!

ライブやツアーなど、ヘヴィに使われる方には特におすすめです!

2012-01-07

これぞモダンアンプの音色!TightDrive、即納可能!

クラシックなアンプサウンドを作り出すエフェクターは数多くあります。特に多いのがマーシャル系のドライブペダルで、続いて、VoxやHiwatt、Orangeなどのブリティッシュ系モデル、Mesa/BoogieのMarkシリーズやSuproアンプ、ツイードFenderなどのアメリカンアンプなどが続きます。モダンなハイゲインアンプをシミュレートしたモデルでは、Mesa/BoogieのRectifierやEnglアンプ、Soldanoなどを元にしたモデルを最近見かけるようになってきました。

TightDrveは、何か特定のアンプを元につくられたペダルではありません。しかし、そのサウンドの根底にはモダンアンプのサウンドの血統が流れ、現代的なサウンドを必要とするジャンルにとって、とても良好な歪みを作り出します。

D

今あえて言うこともないかもしれませんが、Amptweakerのペダルを設計しているのは、モダンアンプの基礎を築き上げ、多くのアンプのお手本となったモデル、5150アンプを製作したアンプエンジニア、James Brown氏です。EVHやJoe Satorianiをはじめとする数々のアーティストと共に、彼らのシグネチャーサウンドとなるアンプを設計し、モダンアンプの父と呼ばれるほどの人物です。

D

多くのアンプシミュレート系ドライブペダルにとって、必要としているプレイヤーが限定されてしまうのは仕方のないことです。どういうことかというと、例えばあるアンプをシミュレートしたペダルは、そのアンプ自体を持っているプレイヤーには必要ないと思われてしまうことがあります。

しかし、モダンアンプのドライブサウンドを作り出すTightDriveは、モダンアンプとの相性も非常に良いのです。

D

モダンアンプはそれ自体が強いローエンドと分厚いミッドレンジを出力できるので、クラシックなドライブペダルを使うとミッドが強すぎたり、ローが出過ぎてぼやけてしまうことがあります。

TightDriveはそもそもモダンアンプの特性と似たペダルなので、余計なところが出てしまうことがなく、さらにTightコントロールでローエンドを調整することで、ローがぼやけることも防ぎます。

低音リフから粘り気のあるリードトーンまで、ハイゲインアンプ+TightDriveのコンビネーションで強力なサウンドを作り出すことができます。

TightDrve、即納可能です!

 

お買い求めはこちらから!

楽天エフェクター専門店ナインボルト
ナインボルトオフィシャルショップ
ナインボルト Yahooオークションストア

メルマガ登録はこちらから

2010-07-27

Amptweakerついに入荷!

実力派アンプエンジニアがエフェクターを設計したとして、かねてより世界中で話題の新鋭ブランド、Amptweakerがついにナインボルト上陸!

Amptweakerのペダルを設計するジェームス・ブラウン氏は、かつてPeaveyでEVHやJoe Satorianiと共に、かの5150アンプやJSXアンプの設計、製作に携わったエンジニアで、他にもさまざまなアーティストと共にアンプや音作りに情熱を燃やしてきました。現在はAmptweakerの代表を務めると共に、Kustom Ampのチーフエンジニアとしてもアンプ製作に関わる、現役のエンジニアです。

そんなエンジニアが長年の経験と数々のプレイヤーの意見を集約して作り上げたのが、Amptweakerのエフェクトペダルです!

Amptweaker TightDrive

D

D

TightDriveは、クランチオーバードライブからハイゲインディストーションまでをカバーする究極のハイゲインディストーションです。

一般的にハイゲインディストーションはクリーンなアンプとは相性がよくても、歪んだアンプに合わせると音がゴリゴリしてしまったり逆に抜けが悪くなってしまったりすることがよくあります。しかしTightDriveは、動画を見ても分かっていただけるとおり、クリーンなアンプにはもちろん、大出力のハイゲインアンプに接続しても素晴らしいドライブサウンドを得ることができます!

ギターアンプの特性を知り尽くしたエンジニアだからこそ作り出せるペダルといえるでしょう。

Amptweaker Bass TightDrive

D

TightDriveのベース用モデル、Amptweaker Bass TightDriveは、Red ChordのGreg Weeksがギターショウに出展されたTightDriveを弾いたのがきっかけで製作されたペダルです。

低域を引き締めたり、逆にルーズなドライブを作り出すTightコントロールがベースの音作りを強力にバックアップします。King's Xのベースボーカリスト、dUg Pinnickはあまりに気に入ったため、「TightDriveの歌」を作ってしまったほどです。

D

TightDriveにはギター用、ベース用共にエフェクトループを備えています。エフェクトループは歪み回路の前と後を切り替えることができ、さらに電池使用時にInputにプラグを挿したままでも電源を切ることのできるスイッチや、アダプター使用時に足下のノブを照らし出すLED、ワンタッチで交換できる電池ボックス等、まさにプレイヤーの悩みを解決するような機能も満載!

今ならどちらも即納可能です!お早めに!

2010-07-11

Amptweaker Tight Drive取り扱い決定!

アメリカから新ブランドの取り扱いが決定しました!

Amptweakerは、Peaveyであの「5150」や「JSX」という名機を設計したアンプエンジニア、James Brownの設計するエフェクターブランドです。

Amptweaker Tight Drive

D

D

ローゲインからハイゲインまでカバーする幅広さ、そしてアンプやギターに合わせて音色を自在に可変できる2バンドEQとTightコントロールを装備しています。さらに、エフェクトループやアダプター使用時にはノブを照らすLEDなど、プレイヤーの立場から作られた機能が満載です。

Amptweaker Bass TightDrive

D

D

Tight Driveのベース用モデルも入荷決定!The Red ChordsのGreg WeeksやKings'XのdUg Pinnickも絶賛するペダルです!

低域の「タイト」さを調整できるこのモデル、ベース用歪みペダルの決定版となるのではないでしょうか。

どちらも、アンプのサウンドを知り尽くしたエンジニアだからこそ作り出せるペダルです。ただいまご予約受付中!