古本屋 ワールドエンズ・ガーデンの活動報告

2017-04-28

5月10日  「旧グッゲンハイム邸物語」刊行記念イベント神戸・灘編 〜ちいきいと場外乱闘 灘vs塩屋 王子公園死闘篇〜

f:id:worldends-garden:20170504113545j:image
神戸発、地域と地域が互いのプライドをかけてシノギをけずるジモト系非暴力抗争頂上決戦「ちいきいと」。毎回神戸阪神間を中心に、ジモトを愛しジモトを極めた「まちの顔」たちが集結。写真とトークで血で血を洗う死闘(非暴力!)を繰り広げます。
というのが「ちいきいと」です。今年の3月で20回を迎えた息の長い名物イベントですがなんだかよくわかりませんよね。その「ちいきいと」の東西両看板、灘・慈憲一(naddist)、塩屋・森本アリ(塩屋百景)が、いままでの「ちいきいと」のいいとこ取りを見せ合います!

森本アリ著「旧グッゲンハイム邸物語」刊行記念イベント神戸・灘編として、ちいきいとのベストセレクション的番外編と、お二人による塩屋・灘トークの2本立てでお送りいたします。

旧グッゲンハイム邸物語」刊行記念イベント神戸・灘編
〜ちいきいと場外乱闘 灘vs塩屋 王子公園死闘篇〜


日時 2017年5月10日(水) 
   open19:00 start19:30

場所 古本屋ワールドエンズ・ガーデン
灘区城内通5丁目6-8/阪急王子公園・JR灘)

入場料 1000円(1drink付き)

出演 森本アリ、慈憲一(naddist)


ご予約・お問い合わせ
古本屋ワールドエンズ・ガーデン
info@worldendsgarden.com
078-779-9389
(メールでのお申し込みの際は必ず氏名・参加人数・連絡先をお知らせください)


f:id:worldends-garden:20170216163809j:image
旧グッゲンハイム邸物語』(ぴあ)
http://kansai.pia.co.jp/news/art/2017-02/guggenheim.html

ちいきいと
chiikiito.com


開催日まで日があまりないです。早めのスケジュール帳のご確認をお願いいたします。
GW明けの10日はどうぞお誘い合わせの上お越しくださいませ!

2017-03-21

4/8(土) 『前田文化X劇団子供鉅人 文化住宅解体公演MOVIE上映ツアー』

f:id:worldends-garden:20170321164856p:image
前田文化 X 劇団子供鉅人 
文化住宅解体公演MOVIE上映ツアー

日時:2017年4月8日(土)
   18時半開場 19時スタート

参加費:1,500円 ※定員30名様

場所:古本屋ワールドエンズガーデン
灘区城内通5丁目6-8/阪急王子公園・JR灘)

予約:info@maedabunka.com
(「〇疚勝廖岫会場」を記入の上、ご連絡ください。)

WEB:http://www.maedabunka.com/tsuchikabe/

2016年10月に公演された、実際の文化住宅を破壊しながら進行していく初の演劇。その記録映像上映会です。
文化住宅を舞台に、寝たきりじいちゃんと引きこもりの孫、大きな鳩を飼う貧乏カップル、世界=前田文化征服を目論むマッドサイエンティストと彼女が創った人造人間、それを調べる謎のエージェントなど、灰汁の強い面々が織りなす4つの物語が交錯した時何が起ったのか?スリリングな公演記録です。

f:id:worldends-garden:20170321165356j:image
f:id:worldends-garden:20170321165355j:image

2017-01-27

三度開催!2月3日(金)鬼の慰労会やります!

今年もやりますよ〜

節分っていつも鬼が虐げられるじゃないですか?
自分は『泣いた赤鬼』を読んで以来、鬼って実はいいやつなんじゃ?と思っています。
節分当夜はそんな鬼たちの避難所っていう体で、当店閉店後に鬼(のお面とかをつけた人)が
集まって慰労会をしたいと思い立ちました。

鬼の設定で集まって持ち寄りで酒盛りをしようという企画です。


日時:2月3日 20時ころ ※予約不要

場所:古本屋ワールドエンズ・ガーデン
   神戸市灘区城内通5-6-8 

ドレスコード:鬼の扮装(節分豆とかに付属の軽いお面とかでOK)

ルール:1飲食類は持ち込みです。お好きな飲み物食べ物を各自ご用意ください。(おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます)
    2会場内では自分はあくまで「鬼」であるとして振舞うこと(「コンビニの金棒立てに差してたら、間違えて他の鬼に持って行かれた」などの鬼あるあるとかをいくつか仕込んでおくと楽しめます)
    3会場内では語尾に「オニ」を付けて会話すること


※どこから逃げ落ちてきたかとかの設定を考えると楽しいと思います。

毎年、相撲取ったりとかちびっこから豆を喰らっているあなた!今年は日ごろの傷の舐め合いをしましょう!
ぜひご参加を!

2017-01-24

2/17(金)ライブイベント『本とココアと原田さん』

2/17(fri)
Open18:00/Start19:00 21:30くらいまで予定
Charge¥1,500 +1drink or 1book ※定員20名
(ふるまいココア付)

Live 原田晃行(Hi how are you?)
   辻賢二朗(Commune)

ご予約・お問い合わせ
(お名前/人数/ご連絡先を記入の上ご連絡ください)
078(779)9389
info@worldendsgarden.com

f:id:worldends-garden:20170124175713j:image

原田さん、若々しいネオアコサウンドがとってもさわやかです。
https://www.youtube.com/watch?v=OteRulFYq9E

https://www.youtube.com/watch?v=H5S0n4Rqxpw

当日はひと足先に神戸早春の風を運んでくれます(笑)
お仕事の方も少し遅れてでも大丈夫です。
奮ってご参加くださいませ。

2016-12-07

12/8 クロージングトーク 「サッカーの余白、'Winning Position'の皮肉」 飯川雄大&小笠原博毅

好評開催中の飯川雄大個展『ウイニング・ポジション』http://d.hatena.ne.jp/worldends-garden/20161104。その最後を締めくくるイベントが急きょ開催決定です!


クロージングトーク
サッカーの余白、'Winning Position'の皮肉」
飯川雄大&小笠原博毅

日時:2016年12月18日17時より
場所:古本屋ワールドエンズガーデン
灘区城内通5丁目6-8/阪急王子公園・JR灘)

参加費:500円 (お土産:限定サッカーカード付き) ※定員30名様

一瞬にして数多くを興奮の渦に巻き込むサッカー

しかし、それゆえに、あるいはそのために、試合後のダイジェストやハイライトから漏れ落ちる一見退屈な時間帯が続き、キーパーをはじめとする多くの選手たちが手持ち無沙汰の時を過ごす、余白に溢れたスポーツとも言えます。

そんなサッカーの性質を、飯川雄大は映像や写真を用いてユーモラスに描いてきました。

今回はサッカー主題にカルチュラルスタディーズを実践する小笠原博毅を招いてトークショーを行います。


飯川雄大(いいかわたけひろ):美術家
映像、写真、イラストレーションなど様々な分野で活動。主な作品として、サッカーの試合中ボールに触れることのないゴールキーパーを捉え続ける「ハイライトシーン」(2014 〜)、“衝動”を記録することで欠落する情報に着目する「デコレータークラブ」(2013 〜) がある。WEB: http://www.takehiroiikawa.com


小笠原博毅(おがさわらひろき):神戸大学教授/文化研究
ロンドン大学ゴールドスミス校で博士号を取得。編著に『反東京オリンピック宣言』や『サッカー詩学政治学』など、近刊予定に『セルティックファンダム』。


日にちが余りないのでお早目のお申し込みをお待ちしております!

12/18クロージングトーク 「サッカーの余白、'Winning Position'の皮肉」 飯川雄大&小笠原博毅

好評開催中の飯川雄大さんの個展『ウイニング・ポジション』。
その最後を締めくくるイベントが急きょ開催です!
日程が迫っておりますので、お早目のお申込みお待ちしております!


クロージングトーク
サッカーの余白、'Winning Position'の皮肉」
飯川雄大&小笠原博毅

日時:2016年12月18日17時より
場所:古本屋ワールドエンズガーデン
灘区城内通5丁目6-8/阪急王子公園・JR灘)

参加費:500円 (お土産:限定サッカーカード付き) ※定員30名様

一瞬にして数多くを興奮の渦に巻き込むサッカー

しかし、それゆえに、あるいはそのために、試合後のダイジェストやハイライトから漏れ落ちる一見退屈な時間帯が続き、キーパーをはじめとする多くの選手たちが手持ち無沙汰の時を過ごす、余白に溢れたスポーツとも言えます。

そんなサッカーの性質を、飯川雄大は映像や写真を用いてユーモラスに描いてきました。

今回はサッカー主題にカルチュラルスタディーズを実践する小笠原博毅を招いてトークショーを行います。


飯川雄大(いいかわたけひろ):美術家
映像、写真、イラストレーションなど様々な分野で活動。主な作品として、サッカーの試合中ボールに触れることのないゴールキーパーを捉え続ける「ハイライトシーン」(2014 〜)、“衝動”を記録することで欠落する情報に着目する「デコレータークラブ」(2013 〜) がある。WEB: http://www.takehiroiikawa.com


小笠原博毅(おがさわらひろき):神戸大学教授/文化研究
ロンドン大学ゴールドスミス校で博士号を取得。編著に『反東京オリンピック宣言』や『サッカー詩学政治学』など、近刊予定に『セルティックファンダム』。



ご予約・お問い合わせ
(お名前/人数/ご連絡先を記入の上ご連絡ください)
info@worldendsgarden.com
☎078(779)9389