TrickDiary このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-08-01

[][]愚者はメールで議論しようぜ!

  • 私の主張としてはメールは通知・伝達あるいは記録の為にのみ使用すべきであり、メールで議論や解説の類いを行うべきではない。
  • メールで議論や解説をする事の問題点
    • 相手に無駄に攻撃的な印象を与えてしまう。
    • メールを書くのはしばしば非常に手間暇がかかるものでありつつ、その上、長文のメールはまともに読んでもらえない事が多く、非効率的且つ非合理的である。
    • 伝えたい内容を相手が正しく理解したかどうかの確認が困難を極め、それが不確かな状態で話を進める事はコミュニケーションS/N比が下がって行く一方で非効率的且つ非合理的である。
    • 伝えたい内容が適切に伝わるのは奇跡だと前提するべきであり、伝えたい内容を過不足や誤謬無く表現するのは大変な事であり、またその表現をどのように解釈するかは受け手次第で大きくブレる。この為、相手が伝えたい内容を正しく理解したかどうかを常に確認しながらコミュニケーションする事は重要であり、それがまともにできないコミュニケーションはまともなエラーハンドリングがなされていないソフトウェアハードウェアと同然で目的が果たせないどころか大きな損害をもたらすリスクの覚悟を迫られる事になる。
  • メールで議論や解説をする事のメリット
    • 後から議論の経過を追跡する事が可能。
      • 各決定事項の理由がまとめられていれば良い話であり、まとめがあった方が確認も簡単であり、メール上で議論をする事を肯定する理由としては弱い。
    • 言った言わないの水掛け論を防ぎ易く責任の所在も明確になり易い。
      • 残念ながら個人や会社間での自己防衛として機能する面があり、またそれが必要とされる場面がある以上、この理由は否定し切れない。
      • これが必要となるのはそもそもコミュニケーション上の齟齬に起因するものであり、これが必要になった時点で負けであり、あくまで敗戦処理上の都合だと言える。
      • チームで仕事をする時に自己防衛を考えなければならないというのも、またとても望ましい状態とは言い難く、その状況自体の改善が望まれる。
    • 母国語でないコミュニケーションの場合、辞書や翻訳ツールが手軽に利用できる。

2013-07-07

VAIO Pro 11 | red edition - SVP1121A

[] VAIO Pro 11 | red edition - SVP1121A1J

個人的にはいままでで最高のPC

けっこう難点も多々あるんですが、自分的には過去最高のPCです。自分のランクづけ的に次にくるのはノートPCとしては初めて買った DynaBook SS PORTÉGÉ 3010 で、さらに次は VAIO type T(TZ) って感じで、はい、B5ファイルサイズの薄型が超大好きです。この VAIO Pro 11 が届いた時には感極まって泣いちゃいそうな勢いでした。そんくらい大好きです。他のサイズもいろいろ試してはみましたけど、やっぱり自分的にノートPCとして一番しっくりくるのはB5薄型。VAIO P とか VAIO type U みたいなああいうイロモノ系はそれはそれでアリだと思うんですが。

「メガネは身体の一部である」なんて話もありますけど、少なくとも自分にとってはPCはメガネ以上の存在であり良きPCに手にすることは非常に重要なことです、はい。

red edition

もっと下品な赤かと思いつつも、red edition にしてみましたが、上品な感じで安心しました。とは言え派手は派手ですねw 黒ほどではないらしいんですがやはりテカテカのボディの為、指紋が気になっちゃう。

多くを望む人には向かない

割と難点が多々あるんで、 VAIO Z のようななにもあきらめないモバイルPCみたいなノリを求めてる人には向かないマシンです。それでも性能を犠牲にし過ぎた VAIO P や VAIO X と違って全然ストレスなく快適に使えるレベルではあります。

VAIO X は iPad に殺された

B5薄型が最高!・・・ってことなら VAIO X がいいのでは?となるのは当然だと思うのですが、 VAIO X は駄目でした。なにが駄目だったかと言うと、 VAIO X だけだったらまだよかったんですが、自分にとって VAIO X を殺すことになってしまったのは iPad の存在でした。大きさや重量的にも VAIO X と iPad って非常に近いんですが、ビューアとしては余分なものがなくタッチパネルで操作できる iPad のほうが明らかに勝っていて VAIO X のアドバンテージであったキーボードも本体性能が十分でなく、またタッチパッドが貧相なこともあって入力を伴う作業でも決して快適とは言いがたく、どうせ快適でないなら iPadソフトウェアキーボードでいいじゃんってことで自分の中で VAIO X は iPad にその価値を殺されてしまいました。しかし、この VAIO Pro 11 は違います。さすがによりサイズの大きなノートPCやデスクトップ機に比べたら劣りますが、それでも十分に快適なレベルでの作業が可能であり、今度は VAIO Pro 11 が iPad を日常的に頻繁に使うガジェットではなくしてしまいました。

ディスプレイの解像度について

11インチクラスのディスプレイにFullHD以上の解像度は不要だと言う人も多いですが、一度 retina ディスプレイに慣らされてしまうとドットの荒い電子書籍(PDFを含む)なんてとても読んでいられません。読む速度も落ちれば目の疲労度も全然違いますし、もっと retina クラスのディスプレイが一般的になって欲しいところです。

全般的なパフォーマンスについて

どうもこの機種をあくまでサブマシン的に捉えてる方も多いようですが、自分的には事実上、これがもうメインマシンになってます。MS OfficeAdobe CSVisual Studio さらに Hyper-V 上に LinuxWindows仮想マシンを同時起動させたりまでしてガンガン使ってます。繰り返しになりますが、よりサイズの大きなノートPCやデスクトップ機に比べたら劣りますが、それでも十分に快適なレベルでの作業が可能であり、特別な理由でもない限りわざわざ他のマシンで作業する必然性に欠けます。とは言え、所詮B5薄型ノートなところもあって、Super Street Fighter IV のような3Dゴリゴリのリアルタイム処理を要求するゲームとか動かそうとすると解像度を最低にしないと話にならない・・・といったところもあります。

頻繁なアップデート

いまのところ、VAIO Update で頻繁にアップデートが来ている為、ここで記述してることはちょこちょこ変化があるかも知れませんのであしからず。

以下、Windows 8 全般な話も込みでのその他のコメント

  • ハード関連
    • キーボードはけっこう酷い。
      • Nキーロールオーバー非対応でアクションゲームで複数キーの同時押しは組み合わせによっては反応しない。
      • 慣れればそれ程気にならなくはなると思うけどぺちぺちふにゃふにゃな打鍵感でけっこう残念。
      • 打鍵感こそ残念だが、VAIO Duo 11 ように注意して打たないとすぐにキー漏れするようなことはない。
    • 液晶パネル&タッチパネル
      • タッチパネルのタッチは自動補正による変な癖があるので注意。
        • 特にIEなんかで大きなクリッカブルなエリアの近くにある小さいクリッカブルのエリアはどんなに頑張ってもクリックできないことがあるっぽい。
      • 一回だけタッチパネルが勝手にタッチされた状態になった。
        • VAIO Duo 11 は悲惨なレベルのタッチパネルの障害があるんですが、 VAIO Pro 11 でもそのレベルで再現しないかちと不安。VAIO Duo 11 のタッチパネルはデジタイザでもあるんで前提条件が全然違うんで大丈夫だとは思うんですが・・・
      • [VAIOの設定]→[画質]→[ディスプレイの色モード]で自分好みの色設定にしたほうがよい。
      • 画質は保護シートのせいか若干ギラつきがある。
      • 保護シートのおかげで指紋は全く気にならない。保護シートがあるほうがタッチパネル操作時に指の滑りもいいらしいので、タッチパネルなしにしないのであれば保護シートは割と必須オプションっぽい。
    • 光度センサーの位置が頭おかしいって、感じでなぜか本体側のベゼル付近の中央に近い位置にあり自動調整を有効にしてるとタッチパネルに触れる度に手の影に入って画面が暗くなる。
    • タッチパッド
      • タッチパッドはあんまり出来が良くない。
        • マルチタッチ対応にすることで近年のこの品質になってしまうぐらいなら、マルチタッチ非対応のものに戻して欲しいところ。
      • 右下を強く押すことでも右クリックになる他、二本指タッチでも右クリックになる。
      • いろいろ設定できるので自分の使い方や好みに合わせて設定すべし。
      • タッチパッドに対してもタッチパネルでのジェスチャーの多くが有効。
    • 使ってると度々手前両端の角で痛い思いをすることがある。
    • VTは例によってデフォルトではオフになっているので、仮想マシンを使うつもりならBIOSから有効に設定。
    • ケースはMacBook Air(11インチ)用のものを使用。少なくとも自分が使ってるMacBook Air(11インチ)用のケースはジャストフィットです。
    • ファン
      • なにもしてない時に Windows Defender さんが頑張って五月蠅くなっちゃう。
    • 電源ケーブルがやけに抜け易い。電源ケーブルを足に引っかけりした場合なんかのトラブル回避の為だとは思うけど、充電してるつもりがバッテリーが空になってたってことになりかねないのでそのあたりは要注意。
    • シール
      • 結局は剥がしたけど、今回のはそんなに外観を損ねていない。
      • Windows 8 のシールだけは未開封を証明する類いのシールと同じ作りになってて綺麗に貼り直すのは多分無理。
      • インテルはアンチセフトシール作れよー! 防犯会社のシールと同じで盗難防止効果が望めると思うんですけどねぇ。
    • スピーカーは自分が今まで使ってきたこのサイズのマシンとしては別格で最高。
      • スピーカーとヘッドホンで音量設定が個別に扱われないのは地味に辛い。
      • [VAIOの設定]→[音質]→[詳細]で自分好みの音設定にしたほうがよい。
        • ただしバグがあるようで、OS側から音量調整すると一部設定が無効になるのか明らかに音質が変わる。
        • ここではスピーカーとヘッドホンを個別に設定できるのでここでスピーカー音量を大きめに設定しヘッドホンの音量を小さめに設定することで前項の問題を大きく緩和できる。
    • バッテリーのもちはお察し。
      • 使い方にもよるけど、拡張バッテリー抜き&いたわり充電で自分の使い方だと4時間持ちそうにない。
    • WiFi
      • 2ch見てると主にAtremユーザーから不調の訴えが多いようですが、WZR-1750DHPで使ってて特に問題ないですね。
  • ソフト関連
  • 完全に Windows 8 関連の話

2008-10-19

SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S739F

[] SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S739F

NW-S739F を1週間少々使っていて気付いた点、特に NW-A919 との比較をまとめておきます。

たまにフリーズすることがある。
1年ほど使ってたNW-A919 は一度もフリーズなんてしませんでしたが、この NW-S739F はいまのところ2回ほどフリーズしました。フリーズ後は BACK ボタン等を長押ししているとリセットがかかり復帰しました。どうもおまかせチャンネルを使ってる時にフリーズしやすいようです。
専用イヤフォンが黒い。
NW-A919 では(ノイズキャンセルの為の)マイク部分はシルバーでしたが黒になってます。
専用イヤフォンのケーブルが長い
FMラジオのアンテナに使う為なのでしょうが、ケーブルが長すぎて邪魔でたまにひっかけてしまいます。
ノイズが結構入る。
NW-A919 ではこんなノイズは入りませんでしたが、恐らく静電気によるものと思われるノイズが結構入ります。元が iPod nano 2G みたいな酷い音質とは違うだけにこれは非常に残念です。
大きさ的には iPod nano 2G より微妙に大きい程度
NW-A919 は胸ポッケに入れるにはちょっとデカ過ぎ&重過ぎでしたが、十分に小さく且つ軽くなってます。ただ、本体がせっかく小さくなってるのに専用イヤフォンのコネクタの付け根が本体より厚みがあってちょっと萎えます。
メニューがスクロールして現れる。
これがフリーズの原因のひとつになってるような気がします。
おまかせチャンネルは選曲が無茶苦茶。
アイデアとしては面白いと思うし、今後(の製品)に期待はしたいとも思うけど、現時点では選曲が無茶苦茶で全然用をなしてません。
筐体はヘアライン加工
周辺部分は光沢のあるポリエチレン系のような素材で、前面と背面は綺麗なヘアライン加工になっています。私が持っている NW-A919 は鏡面仕上げのアイスブラックのヤツで細々なキズが入りまくって今や悲惨な状態となっていますが、NW-S739F のこの表面加工であれば恐らくそんなことにはならないんじゃないかと思います。

追記

NW-A919と比べるとハードウェア的な操作性が悪い。
NW-A919のカーソルボタンは無骨でカッコ悪いんだけど操作性という観点からは優れていました。NW-A919を使ってなければ気にならないだろうしそうでなくともすぐに慣れて気にならなくはなるんだけど、NW-A919のユーザーからすると最初はすごく操作性が悪いと感じてしまいます。
専用イヤフォンのケーブルの分岐・合流ポイントがスマート
NW-A919ではこの箇所にちょっとした電子部品を組み込んでいるらしくごつくて不格好になっているのですが、NW-S739F のそれは普通のイヤフォンと同じような作りになっています。(逆にこの関係でノイズが乗ってしまうのかもしれませんが。)
テーマはかなりいい感じ。
個人的には筐体のヘアライン加工をイメージした「テーマ2」がツボに嵌ってます。このテーマと筐体のヘアライン加工で評価点+50%ってぐらいに気にいってます。逆にこのヘアライン加工とテーマがなければ、NW-A919と比べて結構マイナスなポイントがあるので恐らく私はこの買い物は若干失敗だったと評価していることと思います。

2007-12-30

[] MacBook に接続した USB HDD のパーティションのひとつが丸々消し飛ばされました。

  1. 同じ MacBook 上にインストールしてある Vista へ、ちょっとデータをコピーすんのに手の届く範囲に FAT32 でフォーマットされた USB メモリがなかったんで、パーティションを切って FAT32 と NTFS でフォーマットしてある HD-PSG160U2 を MacBook に接続。
  2. 探していたデータが実は MacBook 上に存在しないことに気付いて、USB HDD の切断の操作を試みるもいつまで経っても切断が完了せず。
  3. 仕方がないんで Mac をシャットダウンの操作を行うが、同じくいつまで経ってもシャットダウンが完了せず。
  4. さらに仕方がないんで、Mac の電源ボタンを長押しして強制電源オフ。

...以上の経緯で USB HDD の FAT32 でフォーマットされていたパーティションのデータが丸々サヨウナラ。もともと、主にバックアップ用に使ってた HDD なんで消し飛ばされても平気だったんだが、これは酷い。どうしてこう Apple にはフェイルセーフという考え方や設計がなってないんだか。QuickTime なんてセキュリティ的にザルだしブート周りをコントロールしているHDDのデータが飛んだらハードウェア的にはHDDが無事でも OS の再インストールすらままならないし

2007-04-22

[] EMOBLE D01NE

EMOBLE のデータ通信カード D01NE を3週間ほど使ってみてのレビュー。

まず、専用の接続ユーティリティについてはこの手のものにしてはスッキリしててそんなにうざくないです。ただ、システム上にはダイヤルアップ接続の登録を行ってくれないので自動でダイヤルアップさせるようにするには自分でダイヤルアップを登録する必要があります。

ダイヤルアップの登録は"EMOBLE D01NE ユーティリティ"のメニューバーから[設定]→[ダイヤルアップ設定](切断している状態でないとこのメニューは利用できません。)で[ダイヤルアップ設定]ダイアログを表示してそこで表示される[ダイヤルアップ接続先(APN)]から"emb.ne.jp"を選択して[編集]ボタンを押せば[ダイヤルアップ接続先設定]ダイアログが表示されるので更にそのダイアログにある[詳細設定]ボタンを押せば[emb.ne.jp のプロパティ]が表示されるんで、それを真似て Windows の[ネットワーク接続]からダイアルアップの接続情報を登録すればいけます。

ちなみに接続先の電話番号/ユーザ名/パスワードは付属のドキュメントにも記述されているので合わせてそちらも参照してください。

接続ユーティリティが常駐するのが嫌な人は msconfig で[スタートアップ]タブにある

utility,C:\Program Files\EMOBILE\EMOBILE D01NEユーティリティ\utility.exe /AutoStart,SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

を切ってしまいましょう。

ドライバについては Windows XP でも Windows Vista でも動作はするのですが、多少問題があるようで時々、接続はできてるのに一切データを受信できなくなったりそもそも一切接続ができなくなるなどといった現象が発生します。

このような状態に陥った場合は、接続が切断されている状態でタスクバー上のシステムトレイにある "ハードウェアの安全な取り外し" のアイコンから "NEC PCI to USB Open Host Controller を安全に取り外します" を実行してからいったんカードを抜いてもう一度刺しなおせば正常に動作するようになります。

これは苦肉の策に過ぎないので早いとこドライバのアップデートが提供されることが望まれます。

電波状況については、私の自宅で使ってる分には常時良好な状態で問題はありません(元々自宅用に購入したモノであり、外で使う予定はいまんとこありません)。

ただ、先述のドライバの問題の関係か何時間か接続してると接続が切れてしまうことがよくあり、接続状態の維持に関しては劣悪とまではいきませんが少なくとも良好ではありません。

速度については4月の初旬ごろにテストした時は確か 3Mbps ぐらいの速度が比較的コンスタントに出ていたのに今日テストし直してみたところ速度が安定せずに 1.2〜2.4Mbps ぐらいの範囲で揺れています。バックボーンの回線がまだ細くて混んできたってところでしょうか?

wraith13wraith13 2007/04/22 23:36 ちょっと調べてみたところ、どうも EMOBLE D01NE には専用のドライバというものはなく汎用的なドライバのみで構成され、飽くまでただの USB 接続のモデムという形態をとっているみたいなので、問題なのはドライバじゃなくてファームウェア?

wraith13wraith13 2007/04/25 22:01 前言撤回、USB接続のモデムに見せる部分までは確かに汎用のドライバのみで構成されているのですが、モデム本体部分にD01NE専用のドライバ(d01nemdm.sys)がありました。