Hatena::ブログ(Diary)

北九州ライターズネットワーク RSSフィード

2008-05-12

[] KFC 22:52  KFCを含むブックマーク


今日はケンタッキーフライドチキンの話・・・ではありません。

北九州でKFCと言えば、そうです。北九州フィルム・コミッション

北九州で撮影される映画やTVドラマ、CMの誘致で大活躍しているので、ご存じの方も多いかもですね。


フィルムコミッションは全国の地方自治体に普及していますが、自治体がこぞってロケーション撮影を支援する理由は、映像作品をとおした地域プロモーションやブランディング効果とか、撮影隊が地元に落とすアゴ足代といった経済的メリットに加えて、市民がエキストラやスタッフとして関わる住民参加型の手法を育て、地方の自立や活性化に繋げたい思惑など様々にあるようです。


KFCとご縁ができたのは4年前、KFCのPR用自主制作映画プロジェクトからでした。

できる限り地元スタッフで制作したいという意向から、素人ながらに私も参加。

もちろん北九州には映像のプロも少ないし、制作系の事務所も足りない、というわけで東京・福岡のスタッフも合わせた数十名と共に1ヶ月半、いやいや、企画段階から考えると約4ヶ月の間、シナリオ確定からロケハン、並行作業で小道具集めやらキャストのオーディションやらエキストラ手配やらで上へ下への大騒ぎ。


撮影に入ったら入ったでフィルムを回す間は車両や人の通行を止めなければならず、「こっちは急いどるんぢゃ!」と市民の皆さんに怒られ(笑)、予算不足・時間不足に頭を悩ませ、全員グダグダになりつつ乗り切ったのも決して甘い思い出ではありません。が、今は制作に関われて心底良かったなーと懐かしく感じます。

また、立場も違えば考えも違う人たちと一緒にモノを作りながら連日連夜を過ごすのは、例えプロといえども大変なことだと痛感しました。


東京から来たスタッフは撮影開始日に入院した。

辛くて逃避しかけた地元スタッフもいた。

それでも皆で1つのモノを作り上げていく緊張感・充実感といいますか、何とも形容しがたい魔力があるからこそ、心身の限界に挑戦!的な状態になっても映画作りは止められないんだろうなーと、いろいろな映画を見る度に思います。


そのKFCのWEBサイト(注:音が出ます)がこの春リニューアルしたので、お知らせをば。

KFCは日本初のフィルムコミッション。多くの映像関係者から非常に高い評価を得ている全国屈指の組織です。

その訳を、サイトコンテンツ内「ヒストリー」で紹介していますので、興味を持たれた方はのぞいてみてください。

また、サイトでは市民エキストラやサポートスタッフ、撮影協力施設などなど随時登録募集中。とっても面白い経験ができると思いますので、機会があればぜひ!

ちなみにオープニング動画でスタントマンよろしくジャガー・Eタイプをぶっ飛ばしてるのは、4年前のワタクシですー


(担当/中河原)