白豚饅頭日記

2018-06-16 ひょっとしてあの映画の主役機に?

[]スーパーホーネットの事など・・・

はあ、全く書けてませんねぇ。仕事が忙しかったり、ゲームが忙しかったり、休みの日はボーっとしている間に終わっちゃったりと中々書く時間がありません。

それはそれとして、久しぶりにヒコーキの話題を書こうかと、好きな戦闘機の一つでもあるスーパーホーネットについての最近の動きなど。

こんな映画もクランクインしましたしねぇ。

f:id:wrx-sti:20180609234221j:image

このツィートをアメリカ空軍公式は「マーベリックにはF-15Eが相応しい」ってリツィートしたら、海軍公式は「いいか、ここには1番しかいらない(とどのつまりは「空軍は黙ってろ!」って事)」と切り返したり、海兵隊まで混ぜっ返す事態となっておりました(^^;;

さて、調達計画から2013年度予算の調達分をもってアメリカ海軍向けの生産は終了(2016年末)となるはずだったF/A-18E/Fスーパーホーネットですが、2016年度予算以降に更なる追加調達を再開し2023年までに143機の新規調達が行われる事になりました。表の理由はトランプ政権が発足当時からスーパーホーネットの追加調達を明言していた事ですが、実際は海軍の台所事情がこの追加調達に影響を与えています。

老朽化したF-14トムキャットやA-6イントルーダーを更新できる機体をして「F/A-18ホーネットの発展・改良型」という名目(実際にはホーネットの外観だけを真似た全くの別の新開発機)で誕生したスーパーホーネットは、海軍の様々な要求に応える高い柔軟性が評価され2002年の実戦デビュー以降、イラクシリアなどの長きにわたる実戦の数々でほとんど休みなく酷使された結果、サービスライフ(メーカーが保証する運用寿命)を大幅に食い込んでここ数年で予定より早く退役する機体が発生する事態となってしまいました。元々、スーパーホーネットは統合打撃戦闘機F-35海軍型であるC型の就役、更には2020年代に開発される予定だった「F/A-XX(次世代戦闘攻撃機)」が実用化すれば順次新開発機に切り替わる予定でしたが、本来なら2015年には初期作戦能力を取得し、2018年ごろには艦隊配備となる予定だったF-35Cが開発スケジュールの遅れから今年の後半になってようやく初期作戦能力を取得するものの、実働部隊空母航空団への配備は2020年以降までずれ込みそうな事と、海兵隊の航空隊へC/D型「レガシーホーネット」を回す(海兵隊スーパーホーネットを採用せず、海軍より一足先にF-35に全て入れ替える計画なので、調達が遅れているF-35の充足する2030年代まではレガシーホーネットを使い続ける)都合から海軍レガシーホーネットを運用する部隊の幾つかもスーパーホーネットに転換する必要があること、F/A-XXの開発が2030年代まで先送りされた事などから、アメリカ海軍は今後20年くらいの稼働作戦機を確保する為にスーパーホーネットを追加調達する事を決定したのが本当の理由みたいです。さらには現在運用中の機体の中から50機が運用寿命を延伸する寿命延長改修を受ける事も決定しました。これでF-35Cの本格的運用が始まっても、2040年代まで各空母航空団に2個飛行隊はスーパーホーネットを充足させられる事になります。

メーカーのボーイング軍用機部門(旧マクダネル・ダグラス→ボーイングセントルイス)は2000年代後半からスーパーホーネット潜在的発展性を見越して「スーパーホーネットインターナショナル・ロードマップ」と言う機体を研究していました。当時はアメリカ海軍への納入が2010年代初頭には終了する予定だったので、主には日本やインドなど当時次期戦闘機を検討していた国向けに「まだまだこんなに性能向上できますよ」的なパフォーマンスも含めた物でしたが、提案した多くの国で検討されたもののF-35タイフーンラファールグリペンに(下手をしたら中古のF-16やF-18に)敗北しています。能力的には必要十分な性能を持ち、多用途性も高く、調達コストも低い機体ですが、一方で「鈍足」「重量が重い」「艦上戦闘機であること」「機動性においては従来の機体にも劣るのでは」的な評価や単純なスペック比較で不利となり、アメリカ海軍以外で採用されたのはF-111Fの後継機として導入したオーストラリア空軍が最近まで唯一でした。ホーネットユーザーであるカナダF-35の価格高騰からスーパーホーネットを採用寸前でしたが、ボーイングの民間機部門(シアトル)が市場で競争相手となるカナダの民間機企業ボンバルディアダンピング提訴した事で話がこじれて破談し、カナダオーストラリアから余剰の中古機を部品取り用として購入し、現有のホーネット延命を図りF-35の価格が落ち着くのを待つ方向になっています。他には現在運用中のF/A-18Dを高く評価するマレーシアが購入に興味をもっていますが、価格面が厳しく採用には至っていません。スイスフィンランドといったホーネットユーザーの次期戦闘機の決定はもうちょっと先。輸出では厳しい状況のスーパーホーネットですが、先日クェートが次期戦闘機として購入を決定し、アメリカ海軍の導入する新規製造分も含めて今後の動向は注目する必要があるでしょう。ちなみに現状では唯一のスーパーホーネット海外カスタマーであるオーストラリア空軍における同機の評価は極めて高く、導入当初は購入した24機をF-35の導入が進んだ後に電子戦型に改造する計画でしたが、24機は戦闘攻撃機型としてそのまま運用し、新規にスーパーホーネット電子戦型E/A-18G「グラウラー」を追加で購入する計画に変更になりました。また、日本の防衛省も「対電波源攻撃能力を含む電子攻撃及び電子情報収集可能な機体」の調達を検討し始めており、最大の候補としてグラウラー(ってかこれ以外に現状で候補がない)が挙げられていますね。航空自衛隊のF-XではF-35に敗れたスーパーホーネット系列の機体が電子攻撃型で採用されるかも?

コホン、ところで「スーパーホーネットインターナショナル・ロードマップ」って機体はこんな感じでした。

f:id:wrx-sti:20180609235420j:image

D

機体上面にコンフォーマルタンク(機体と一体化した外部燃料タンク)を装備し、機首下面にはIRST(赤外線探知追尾装置)ポッドを装備、胴体下のセンターパイロンにはミサイル誘導爆弾を内装しステルス性を向上させるエンクローズド・ウェポンポッドと呼ばれる兵装内蔵型ウェポンポッドを懸架できるようになっています。更には全方位ミサイル/レーザー警報装置や、最新のデータリンクシステムとレーダーシステム及びコンピューターを装備する計画でした。アメリカ海軍では「インターナショナル・ロードマップ」をベースにコンフォーマルタンク導入や、データリンクシステムとコンピューターを最新型とし、レーダーの性能向上とコクピットの近代化、エンジンを推力向上&燃費向上した新エンジンに換装する「ブロック3」と呼ばれるスーパーホーネットを2019年会計予算分の新規調達から採用する決定をしています。

f:id:wrx-sti:20180609234214j:image

スーパーホーネット部隊配備以降、順次改良が行われ性能向上が進められてきました。最初の「ブロック1」と呼ばれる機体は予算の都合でレーダーがC/D型と同じAPG-73で能力的には「単純な機体性能や運用能力の向上」がメインでしたが、ここからスパイラルな改良が行われ「ブロック2」へ移行します。「ブロック2」は、レーダーがアクディブ電子スキャン走査型のアンテナとコンピューターの信号処理能力を飛躍的に向上したAPG-79に変更となり、夜間戦闘能力を向上させる「発展型前方監視赤外線ポッド」の運用能力や自衛電子戦システムの能力向上が行われました。さらに「ブロック2プラス」では新型のミッションコンピューターと電磁波攻撃に耐性のある光ファイバーネットワークを追加しています。

D

D

「ブロック2(2プラスを含む)」は戦闘能力が極めて高く、特にAPG-79火器管制レーダーの性能は同世代機の中でも最高レベル(航空自衛隊F-2が装備するJ/APG-2が捜索距離で同等か少し上と言われています)で空対空・空対地同時捜索・捕捉能力や複座型(F/A-18F型及びE/A-18G)では前席と後席で異る操作(例えば前席が空対空モードで索敵警戒し後席が空対地モードで攻撃とか、空中戦や対地・対艦攻撃でも別々の方向から接近する複数の目標を前席と後席で別々に同時捕捉・攻撃が可能などなど)が可能で、モジュール構造の徹底化と自己診断機能の能力向上で整備性も高く、現時点で戦闘機用レーダーとして能力的に上回りそうなのはF-35のAPG-81くらいでしょう。レーダー性能以外にもアメリカ海軍が近年力を入れている「戦闘情報ネットワークの充実化」にも柔軟に対応できる大容量・高速処理型コンピューターと最新のデータリンクシステム「LINK16」を装備し、単純な機体性能での最高速度は遅くとも「情報共有・情報把握・情報処理」の速さでは抜きん出た性能を持っています。第1次世界大戦で軍用航空機が誕生してから航空戦闘では「情報の速さ」が即実力につながり、情報処理でモタモタしていたら最初から負けが確定(以前に書いた「単純な機体性能ではF-15SJに劣るF-4EJ改が空中戦において情報処理の速さで勝利してしまう逆転現象」がこれ)。スーパーホーネットは前線のパイロットの見ている情報がリアルタイムで洋上の母艦にいる上級指揮官と共有される事で、判断のスピードを上げ様々な状況にも柔軟に対処が可能であり、情報が刻々と更新される現在の戦場では極めて有能な性能を持っています。

では今後調達される「ブロック3」とはどんな機体なのか?

f:id:wrx-sti:20180609234211j:image

D

先ほど書いた通り「インターナショナル・ロードマップ」をベースにコンフォーマルタンクの追加やレーダーの性能向上、エンジンの高推力型への換装、次世代コクピットの採用などがありますが、アメリカ海軍が強く要求しているのが「NIFC-A(海軍統合火器管制-対空)」への完全対応で、その一環として「ネットワーク中核共同ターゲッティング技術」や「戦術ターゲッティングネットワーク技術」の開発が行われており、スーパーホーネットにはそれに対応する高速大容量型データリンクが「ブロック3」から実装される事になりました。

「NIFC-A」についてはコチラの本がオススメ。

弾道ミサイル防衛巡航ミサイル防衛や地上及び海洋部隊との有機的連動など、現代戦に必須となっている統合戦術データリンクシステムは政府内部でも導入が検討されていますが、今の所は海上自衛隊イージス艦や地上迎撃システムとして採用された陸上型イージスシステムイージス・アショア」との連携などの要素から「NIFC-A」の採用に大きく動く事になるかもしれません。

コホン、さて「ブロック3」の続きです。アメリカ海軍では近年脅威が増している中国爆撃機(正確には巡航ミサイル母機)やかつての勢いと取り戻しつつあるロシアの航空戦力に対抗して、F-14トムキャット&AIM-54フェニックス退役以降久しく失われていた長距離空対空迎撃能力の復活を「ブロック3」で導入する研究も進めています。とはいえ、今更フェニックスを再生産するのではなく、より最新鋭のRIM-154A「スタンダードSM-6」を空中発射型に改造してスーパーホーネットで運用しようという研究です。スタンダードSM-6は弾道ミサイル迎撃や対空目標迎撃用にイージス艦が装備する最新鋭の対空ミサイルで射程は240km以上あります。このミサイルブースター部分を取り外したのが空中発射型SM-6で上空からの発射する為、洋上からの発射よりも射程が伸び(ブースターによる初期加速が必要ないため推進剤の全てを射程に持っていける、また飛翔中の航空機から発射すれば物理法則で射程が伸びる)フェニックスを遥かに凌ぐ能力を持つとの事。一方で「インターナショナル・ロードマップ」で提案されていたIRSTポッドは空気抵抗の増大を嫌って、エンクローズド・ウェポンポッドは外観ほどに効果が無い事、全方位ミサイル/レーザー警報装置は開発コストか非常に高い事から採用されず、IRSTはセンターライン装着の増槽先端にIRSTを取り付けるFPU-13/Aが採用され、エンクローズド・ウェポンポッドよりも従来のパイロンを活かした兵装選択の方が運用の柔軟性が高い事(大型ミサイルであるLRASM(長射程対艦ミサイル)や大型空対空ミサイルである空中発射型SM-6などの運用を重視)、対ミサイル防御は従来の電子戦システムをアップグレードする事で対応する事になりました。

これらの改良も盛り込んだ「ブロック3」のスーパーホーネットは2019年度予算分から配備開始(実際の実働部隊配備は2020年ころか?)になります。日本に展開しているCVW-5についてはVFA-115とVFA-195が2021年ごろにF-35Cに転換した部隊と入れ変わる形でアメリカ本国に戻り、VFA-102(F/A-18F)とVAF-27(F/A-18E)はスーパーホーネットを引き続き運用する事になりそうなので、おそらく複座型を運用するVFA-102から「ブロック3」に転換する可能性があります。理由としては複座型の方が洋上でのスクランブル(緊急発進)に使用されている事(不明機を確実に捉えて写真撮影をする必要から、スクランブル任務には複座のF型が充てられている)、レーダーシステムやウェポンシステム的に複座の方が運用の柔軟性が高い事ですが、ひょっとしたらアメリカ本国での訓練を利用して両隊とも一緒に「ブロック3」に転換するかもしれません。まあ、実際「ブッロク3」が来日してもコンフォーマルタンクを装着していなかったら判別は難しいだろうなぁ。

・・・と好きな戦闘機F/A-18E/Fスーパーホーネットについて最近の動きを書いてみました。

一方で海兵隊が使い続ける「レガシーホーネット」についても近代化改修の計画があるんですが、それはまたの機会かな?

2018-05-20 愛機の事やら読書の事など

[]ミッション&デフオイル交換

袖ヶ浦からの船橋宴会を過ぎて今週は本当に激務で部屋に帰ってもグッタリな日々でした。いよいよ主力商品の「終わりと始まり」がスタートしててんてこ舞いな日々です。さて、そんな日々ですが先日入荷待ちで先送りしたミッションオイルとデフオイルの交換をカーステーションマルシェさんで実施してきました。

f:id:wrx-sti:20180520224943j:image

駆動系オイルもエンジンオイルと同じく、以前使っていたショップオリジナルが諸般の事情廃盤となってしまったので、さてどうしたものか?と色々検討した結果として「オイル系はエンドレスで統一してみる」事を以前から考えていて、今回それを実施する形です。駆動系オイルはプロ仕様と言うかエンドレスのレースチームも使っている物も検討しましたが、予算的にかなり厳しかった(結構お高い)のと「スバル用にオススメ」とカタログにも書いてあったスタンダードタイプのSG-8090を今回入れてみました。製品の数字通り80w-90のオイルで、粘度的にはもう少し柔らかい75w-90タイプもあったのですが、今回は硬めの方をチョイス。これでも前に使っていたオイルよりは柔らかい方なんですけどね。マルシェでもエンドレスのギアオイルは初めてなので、今回は僕が使う分だけ卸してもらって、僕がお店としては今の所ただ一人僕が使う事になってます。今後は?さてどうなんでしょう??

とりあえず入れた後、帰宅するまでの感触でしか無いのですが

「なんか良いぞ♪」

って感じ。まあ、新しいオイルなんで感触が良いのは当たり前なんですよね。今後の「使い方」で良いか悪いかは判断になりますが、6月はちょっと休日は真面目に勉強しようと決めていますからサーキットでの感触チェックは7月以降かな?しかもタイヤが「どうやら終わりかけている」のも袖ヶ浦で感じているので、夏の間は無理の無いレベルで練習して涼しくなってきてからニュータイヤを購入するか、それとも来年までは騙し騙し使い続けるか?(会社から「冬はスタッドレスを履け!」と言う圧力も厳しくなってますので、冬に安いアジアンスタッドレスを購入して何とか凌いで、来年ニュータイヤと言う事も考えています)

とりあえず、エンジンオイル同様に前のオイルみたいな使い方はできませんので、日々の中で劣化具合をきちんと確認しながら使わないといけませんね。とりあえず、最初の感触としては良い感じ。

後日サーキットでの感触も含めて感想を書こうかな?って考えています。

さて、オイル交換の待ち時間を使って・・・

[]アニメ版が楽しみ♪

こちらの本を「読み直し」で読んでました。

ゴブリンスレイヤー』の第6巻。先日、GW連休中から読み直していた第5巻を読了しましたので、今は第6巻を時間の余裕がある時を使ってチマチマ読み直しを進めています。

なにせアニメ化も決まりましたしね。

D

まさか「ゴブリンスレイヤーゴブリンを殺す」だけの物語がアニメになるなんてねぇ・・・。もちろん「だけ」でなく登場人物達の人間的成長や、物語の世界観における「ゴブリンという『災害』に苦しむ人々」の唯一の救い的存在としてのゴブリンスレイヤーの活躍が読み手を引き込ませるのも作品の魅力なので「ゴブリンってRPGのザコキャラじゃね?」って人にとっては結構ショッキングな展開もあります。とりあえず第6巻を読み終えたら速読で終わっている第7巻

も読み直したいですね。とは言ってもこんなゲームも始めちゃいましたし・・・(^^;;

f:id:wrx-sti:20180520224934p:image

D

D

6月は試験勉強に注力するって決めてるのに・・・(^^;;

2018-05-13 久しぶりの袖ヶ浦

[]オイル交換

金曜日は翌日のサーキット走行に備えてエンジンオイル交換を実施しました。

f:id:wrx-sti:20180513133431j:image

オイルはいつも通りエンドレスのR-1550、オイルフィルターも交換を実施でこちらはスバル純正品を使用し、合わせてブレーキフルードエア抜き作業も実施。作業はいつも通りカーステーションマルシェさんで行っています。ホントはミッションオイルとデフオイルもそろそろ寿命なので交換したかったのですが、注文していたエンドレスのギアオイルがまだ届いていなかったので、そちらは20日の日曜日に作業する事になりました。

タイヤもチェックしてもらったんですが、その際に釘のような物がブロックに刺さっていた事が判明、抜いてもらったんですが、幸い深く刺さっていなかったので事なきを得ています。

さて、諸々の準備をして土曜日は袖ヶ浦でした。

[]スポーツドライビングレッスン「スパタイGP」in袖ヶ浦

昨日は袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された「injured ZEROプロジェクト アドバンス&スパタイGPスペシャル」のスパタイGPに参加してきました。

f:id:wrx-sti:20180513133423j:image

当初はスパタイの方は午後からという触れ込みだったので、夜勤明けでも何とかなるかなぁって思っていたら、急遽午前中にレッスンクラスと混走で開催する事に変更となり、金曜日に夜勤体質だったのを無理やり昼体質に切り替え睡眠時間も普段の休日より少ない状態で午前4時に起床、4時半にグンマーを出て袖ヶ浦を目指しまします。計画通りなら受け付け開始まで1時間以上余裕のある到着時間だったのですが、ショートカットで選んだアクアラインが朝から事故渋滞と交通集中による渋滞がダブルで発生しとんでもない大渋滞に。1時間以上ロスって結局受け付け時間ギリギリに袖ヶ浦フォレストレースウェイに到着。荷物も十分に下ろしきれない内にドラミが始まってしまい、なんともアタフタとした状態でした。

ちなみに、このスパタイGPは一応「レッスンの一環」なので通常の走行会と異なり、幾つか制限がある中でフリー走行が行われます。今回はコーナリング練習と言う事で「コーナーのイン側に設置したパイロンの位置をクリッピングポイントに持っていくようにライン取りする」という課題をこなしつつ、フリー走行中もコース上にいる全ての車両に対してリスペクトしながらタイムを出す事になりました。もちろん「走る事を楽しむ」のも忘れずに。

ドラミの後も走行開始までの時間が少なく、バタバタと準備をしてコースイン。久しぶりの袖ヶ浦でしたが、リニューアルした足回りやブレーキが本庄以外だとどうなのか?試せる絶好の機会。課題をこなしつつ愛機を操る感触は「狙った通りにちゃんと車が曲がる」セッティングになっていて、走っていて気持ち良かったです。一緒に走った友人たちも「後ろから追いかけてもコーナーがかなり速くて追いつけない」と言っていたので、自分の感触とのズレが無かったのも嬉しい結果。ただ、結構な速度で旋回はしたものの加速が若干鈍かったのは僕の技術がまだまだ拙い証拠ですね。もっと早く踏まないといけないんだけどなぁ。上手くいったりいかなかったりはありましたが、タイム的には前回より2秒以上更新している(パワーを上げていたGRBの頃よりも速い)し、ともかくもスピンやコースアウトがなかったので良しとしましょう。ただ、クルマ的な部分ではタイヤがもうそろそろ限界かな?さすがに3年落ちのネオバで気温・路面温度とも高い状態は厳しかったです。今フロントに履いているタイヤは結構減ってきているので、中古でもいいからもう少し山のあるやつを買おうかなぁ。

f:id:wrx-sti:20180513133438j:image

自分の愛機に関する収穫もあったし、自分の課題も再確認できたし、レッスンの課題である「クリップをもっと奥にとってみる」もまあ何とかできたので、楽しく走る事はできました。次の袖ヶ浦なり他の大きいサーキットで走る時に色々活かせる様、また本庄で練習しないと・・・なんですが、6月に公的資格を取る事にしたのでサーキットはちょっとお休みして勉強に時間を使う事になると思います。

袖ヶ浦のコース、やっぱり難しいですね。それと路面が悪くなっていて、ホームストレートに3箇所ほど大きいギャップがあり、クルマがかなり跳ねるのでちょっと加速するのが怖かったです。ドライなら慣れれば気にならなくなりますが、ウエットだとストレート上でスピンするクルマも出てくるかも・・・。普段走っている本庄サーキットが路面を全面改修してスムーズになっているから、余計にそう感じたのかもしれません。

ともかくも、1日無事事故なく楽しく走れた事が一番の収穫。やっぱりサーキットは楽しいですね。

そして走った後は宿泊先の船橋に向かい、夜は友人達と楽しく美味しいお酒と食事を楽しめました。

やっぱり「本気で楽しんだ」後のお酒は最高ですね♪

2018-05-08 ドライブ中のトイレは早めに(^^;;

[]愛媛からグンマーへ(2018年後編)

昨日は宿泊ポイントの小牧からグンマーまで戻りました。

f:id:wrx-sti:20180508223411j:image

日曜日はマッタリ休んでこんなの

D

観たりていたんですが、眠気を感じて就寝したのに何故か3時過ぎに目が覚めてしまい、そこから再び寝付くまでちょっと時間がかかっています。枕が変わると寝付けないタチでは無かったんだけどなぁ。移動中のコーヒーの飲み過ぎ?

8時に起床しホテルでバイキング形式の朝食を食べ、少し休憩してから9時半前にホテルを出発。

f:id:wrx-sti:20180507091603j:image

ルートはこんな感じ、通して天候は雨で集中力を消耗しました。小牧ICから東名〜中央〜長野〜上信越〜関越〜北関東グンマーへ。予定通り虎渓山PAで給油したんですが、ここでお詫びを。日曜日のブログで「復路全体の平均燃費を出す」と書いたんですが、給油後にうっかりメーターをリセットしてしまったので、燃費は小牧グンマーまでの表示に。とは言っても、大体愛媛小牧間と変わりませんでしたが。とりあえず復路は渋滞でもない限りSI-DRIVEはSモード、DCCDはAUTOのプラスで走行。これが高速道路での移動では一番乗りやすいかな。

虎渓山で給油と休憩を済ませた後は神坂で休憩し、恵那山トンネルを抜けて長野県に入り、昼食ポイントとして考えていた辰野PAを目指したんですが・・・(^^;;

ちょっとトイレ我慢しすぎてしまった。

「もうちょっと先、もうちょっと先」って思っていたら、いつの間にやらトイレ休憩のタイミングを逃し、我慢の限界状態のまま辰野まで運転することに。これは失敗だったなぁ、みなさん高速道路でのトイレ休憩はこまめに、そして早めに。

辰野PAでは予定通り「ラーメン龍王」で昼食。

f:id:wrx-sti:20180507115838j:image

龍王ラーメン」をチョイス、半ライスがサービスなんです。辰野を出てから岡谷JC長野道、ここからは「1時間に1回」の基本ペース、且つトイレが近くなったら迷わず休憩を念頭にドライブ。筑豊で休憩した後は更埴JCから上信越道に入り、千曲川さかき〜佐久〜甘楽と休憩して、最後は伊勢崎IC手前の波志江PAで休憩してICからは一般道へ。そこからは自宅まで何事もなく無事到着できました。

小牧グンマーの自宅までの距離はメーターの通り。

f:id:wrx-sti:20180507161249j:image

平均燃費はこんな感じ。

f:id:wrx-sti:20180507161256j:image

アップダウンの多い区間でしたが、結構燃費良く走れています。

f:id:wrx-sti:20180507161325j:image

レーたんもニッコリ。往復2000キロの旅も無事終了、まずは良かった。

荷物の移動と少しだけ休憩を取った後、諸用で市内に出かけてからようやくちゃんとした休憩です。

夕食を食べ、マッタリして0時過ぎに就寝。目が覚めたら10時間も爆睡していました。今日は1日休息をしっかり取って、明日からはお仕事再開です。とは言っても金曜日に有給が入っているので2日しか仕事しないんですけど。金曜日には愛機のエンジンと駆動系のオイル交換をマルシェで行う予定。駆動系オイルは新しいのを試してみます。土曜日は袖ヶ浦で開催されるタイムアタックイベントに参加予定。

今週末ものんびりって訳にはいかないなぁ。

2018-05-06 復路は初手で躓いた

[]愛媛からグンマーへ(2018年版)

さて、愛媛でのGW帰省休暇も終了、今日と明日を使ってグンマーに戻ります。

f:id:wrx-sti:20180506202531j:image

それにしても、ウチの弟達には「群馬と言えば焼き饅頭」と今までマンガのネタで散々に言ってくれましたので、お土産で持って帰ったのに全然喰らいやがりませんでした。それはそれとして、今日は実家からグンマーまでの中間点として設定してある小牧までのドライブ。一応、GW渋滞と考慮して1日ずらして移動。

f:id:wrx-sti:20180506092807j:image

実家は9時すぎに出発。愛機を駐めさせていただいた近所の和菓子屋さん、山村菓子舗さんには感謝です。お礼と言う訳ではありませんが、途中の疲労回復用として糖分補給にお店の手作りお饅頭を買って出発です。

f:id:wrx-sti:20180506093031j:image

ルートはこんな感じ。往路より1日目の距離もありますし、渋滞も予想されますがさて?

通常の予定通り西予宇和から松山道に入ったのですが、なんと自動車道に乗っていきなり事故渋滞で30分近くロス、事故地点を通過した時には1ボックス車が全損になっていましたが、どんな凄い事故だったのか??ともかく事故渋滞を抜けた後は流れに沿って一路本州を目指します。

f:id:wrx-sti:20180506202516j:image

伊予灘でトイレ休憩を済ませ石鎚SAにて昼食。大洲市ご当地グルメとなっている肱川ラーメンを頂きました。

f:id:wrx-sti:20180506113349j:image

お味の方は・・・まあSAの食堂ですからそれなり。昼食後は愛媛県境の上分PAまで移動して小休憩し、香川県を一気に走りきって瀬戸大橋を通過し岡山県の鴻池SAにて休憩。思った以上に愛媛で時間を消費してしまいましたので、ここからはペースを上げて最初の分岐点である神戸JCを目指します。

この曲が背中を押してくれました。

D

もちろん、出発前に朝食を食べながら「さくら」はしっかり観ております♪

基本「トイレ休憩以外は1時間に1回休憩」をスタンスにして移動しましたが、愛機の乗り心地(減衰もサーキット用に締めてますしねぇ)が思った以上に下半身を刺激したのか、ほぼ想定通り「1時間に1回のトイレ休憩」になってしまいました。山陽道は多少の混雑はありましたが、ほぼ流れは良く最初の事故渋滞でロスった時間を加味しても大体予想通り。神戸JCで若干の混雑はありましたが、新名神もほぼ混雑なく高槻JCまで通過し、いよいよ渋滞が想定される名神高速へ。事前の情報で京都南ICから大津まで渋滞が発生していたのは分かっていたので、京滋バイパスを抜けて草津 JCへ向かう裏道を選択したのですが、大山崎 JCで「同じこと」を考える車列による渋滞が発生していました。ただし、京滋バイパスに入ってからは流れがズムースで京都南からの渋滞通過よりは幾分時間短縮になったみたいです。

ただし、ファティマ「レーたん」には

「私の決めたルートが気に入らないのね!」

と随分厳しい事を言われましたが(^^;;

名神高速に入ってからは菩提寺PAで休憩し、懸念点の一つだった米原JCも手前の彦根から「少しダラダラ渋滞」で何とか切り抜け、その先の一宮JCで発生していた渋滞に備えて伊吹PAでトイレ休憩を済ませて岐阜県へ。岐阜県内の流れは(大垣IC過ぎまで)想定よりは良く、県境を越えて愛知県に入った辺りから渋滞に。一宮JCを中心とする「交通集中」という何だか舌でも噛みそうな状況による渋滞に突入しました。一宮の辺りっていろんな自動車道が接続するのに、名神の車線は2車線しかないので必然的に渋滞するんですよね。新名神は想定通り「事故渋滞」で亀山JC辺りを中心に大変な渋滞になっていましたし。渋滞を抜けて一宮PAでトイレ休憩をしてから小牧ICで名神高速を降りて小牧市内へ。予約していた定宿「キャッスルイン小牧」に到着しました。ココは温泉があったりサービスがきめ細やかだったりでお気に入りのホテル。

愛媛からの距離はこんな感じ。

f:id:wrx-sti:20180506190941j:image

燃費も大体リッターあたり13キロでここまで来ています。明日、虎渓山PAで給油予定ですので、このままグンマーまで走りきって合計の平均燃費をブログに載せようと思っていますが、思ったより良い感じ。

誰だ、EJ20ダーボの燃費は相変わらず悪いって言ってる人は??

高速なり自動車専用動をそれなりのペースで走れば下手にぶっ飛ばしているハイブリッドカーよりも燃費良いと思いますよ。それと今回の往復路の帰省で気になったのは「煽り運転」をしているのが大体プリウスアルファードだった事。もちろん、全てではありませんが、パンパー外れかけてフラフラ運転で高速走っているプリウスや危険なくらい接近してくるアルファード(そしてプリウスアクア・・・まあ、日本で一番売れている車ですから目立つのかもしれません。スバル車でもアイサイトの自動追随を使った危険な接近がありましたし)には怖い思いをさせられました。トンネル区間薄暮状態でライトを点灯しないトラックや乗用車にもヒヤヒヤしています。

コホン、とりあえず明日は事故渋滞などなければ中央道から長野経由でグンマーに戻る予定。

出発は9時で到着は16時前後って思っていますが、さてどうでしょうねぇ。

2018-05-04 マッタリしすぎ?

[]ゆるゆるスローライフ

まだまだ愛媛に実家に帰省していますが、5月に入って2日に雨が降って以降、なんだか肌寒い日々が続いています。今日も最高気温が20度くらいでした。

f:id:wrx-sti:20180502225142j:image

こちらもここから進んでおりません・・・。明日には何とか完成させたいけど、昨日も午前中は出かけていましたが午後からはダラダラしておりましたし、この調子だと無理かも?まあ、無理ならグンマーで完成させます。

今日はいい天気♪

f:id:wrx-sti:20180504160935j:image

f:id:wrx-sti:20180504160929j:image

f:id:wrx-sti:20180504160924j:image

午前中は母の買い物を手伝って、昼食後はいつもと違う「愛ある洗車」を。

f:id:wrx-sti:20180504200237j:image

帰省移動中にくっついた虫の痕を落としたり、小さなキズを磨いて消したり、コーティング補修をしたり、ガラスの雨ジミをコンパウンドで磨いて落ちして、最後はもう一度水洗いしたりと普段の数倍の手間をかけて洗車しました。普段なら30分の洗車に2時間かけちゃっています。でも、出発日は雨らしいんだよなぁ。

洗車が終わった頃に母がおやつでおはぎを作ってくれていました。

f:id:wrx-sti:20180504160033j:image

あ、全部は食べてませんよ。明日の分もありますし、弟も食べますから。久しぶりのおはぎは美味しかったなぁ。

さて、明日で今年のGW帰省における愛媛での休暇は最終日。明後日の出発に備えた準備をしつつ、できればガンプラの完成を何とかしたいと思います。

2018-04-30 一段上にある「奥深さ」

[]BRZ-STI試乗

土曜日〜日曜日と母の用事や親戚にお土産を渡しに隣町まで出かけたりで疲れが抜けきれず、家に帰るとダラダラと寝ておりました。あんまり良くは無いのですが、疲れも抜けず今日の午前中はほぼダウン状態。

でも、そんな事ばかりではいけませんので、日曜日に帰省してきた弟のBRZ-STIでチョイとドライブ。

f:id:wrx-sti:20180430195245j:image

弟はインプレッサのGH8からBRZ(D型)に乗り換え、今年の1月にBRZ-STIに乗り換えております。BRZ愛の溢れておりますが、昨年相談を受けた時には「BRZ-GT」が欲しいって言っていたのに、僕が「STIが出るよ」って言ったら即後者に鞍替えしておりました。本人は「やっぱSTI良いわぁ」って言っておりますが、さてその乗り味は??

f:id:wrx-sti:20180430195237j:image

ルートは実家を出て国道56号線を西予市方面に進み、途中から県道29号線を使って西予市野村町方面へ。野村町から国道197号線で大洲市に入り、そのまま56号線に接続する市内まで進んで56号線に乗って帰宅するルート。ほぼ愛媛の山の中を突っ切る事になります。途中、野村ダム、鹿野川ダムとダムダム出来るのもこのルートのオススメポイント。

スタートは弟の運転で最初の休憩ポイントである野村ダムの朝霧湖公園まで移動します。

f:id:wrx-sti:20180430145033j:image

肝心の朝霧湖は木々に阻まれて公園の展望台からは見えませんでした。ただ、明後日から開かれるダム祭りの準備で鯉のぼりが準備されていましたね。朝霧湖から野村町の中心街を抜けて途中のコンビニで飲み物購入休憩。野村町を抜け城川町に入り国道197号線を鹿野川ダム方向へ走ります。

f:id:wrx-sti:20180430151850j:image f:id:wrx-sti:20180430151855j:image

午前中は雨も降ってイマイチな天気でしたが、午後には晴れて気持ち良い空が広がっていました。山の木々も緑が綺麗でしたし、所々では藤の花も綺麗に咲いていました。

そして僕の天敵「栗の花」も(^^;;

僕は花粉アレルギーが酷くて、この季節は結構ヤられております。スギが終わると栗やみかん等の花でも鼻水が止まらなくなっちゃうんですよねぇ。今回は花粉症の薬を持ってきてあるので何とかなっておりますが。

この間、弟の運転だったんですが、僕としては本当に久しぶりの道で結構風景を楽しむ事ができました。鹿野川ダムに寄れるかな?って思ったら弟はダムはスルーして道の駅かのがわへ。

ちょっと写真タイム。

f:id:wrx-sti:20180430195141j:image f:id:wrx-sti:20180430153238j:image

マイナー後のスポイラー、カッコイイですよね。弟はオプションSTIエアロパッケージとマフラーを入れております。マフラーはHKSにしろって言ったんだけどなぁ。

そこでトイレ休憩を取って、そこからは僕が運転させてもらいました。

全体的な印象としては、コンプリートカーが良いって方には良いかなって感じ。決して悪い意味ではなく、全体が高いレベルでまとまっていて、操縦がしやすいセッティングです。街乗りやワインディングならクセもなく、思った通りのドライブが出来る印象でした。専用チューンのザックスダンパーも突き上げがなく、しなやかな動きをしてくれるので乗り心地も良かったですね。少し気になったのはブレーキ。パッドの特性がイマイチつかめず結構苦労しました。良いか悪いかはひとまず置いといて、いつものエンドレスのブレーキパッドの感覚で行くとちょっと分からなくなってしまいます。積極的に姿勢コントロールをするためのパッドかなって感じでした。ただ、かなり高いスピードレンジでないとこのパッドは使い難いんじゃないかなぁ。

エンジンは相変わらずトルクフルなFA20エンジン、とにかく使いやすいです。クラッチは相変わらず馴染めなかったなぁ。

実家の近くのショートワインディングでちょっとだけ「踏んで」みましたが、普段使いとは違う一段高いレベルで操縦しようと思うと「別の顔」を見せてきて戸惑いました。

「俺を乗りこなしてみろよ」そうBRZが僕に挑戦状を叩きつけてきた感じ。

僕が普段AWDの操縦特性に慣れ過ぎている事も原因だと思いますが、フロントが思った以上に軽くてブレーキをかなりガッツリ踏んで姿勢を作りタイヤを上手く路面に「押しつけて」やらないと、思ったイメージでノーズが向いてくれない感じです。ダンパーの沈み込んで行くタイミングとかブレーキのタイミングが全然違う車なので、もしあの時VABではなくBRZにしていたら、車の特性の違いに色々悩んでいたかもしれません。

コンプリートカーとしての上質さの「ひとつ上」に「乗りこなす楽しさ」を秘めたクルマって感じでした。

仮に僕なら・・・と考えると、STIでななく通常のSくらいを選んでダンパーやブレーキは自分の好きな方向にいじるって感じになるでしょうか。でも乗り降りが大変なのでBRZは選択肢には無いかなぁ。

色々考えるとBRZ-STIは、日常での「運転の楽しさ」と非日常での「乗りこなす楽しさ」を両立した1台だと思います。VABと方向性は同じなんですが、少しだけ「やんちゃ」がある感じ。それを普段の上質さの奥に隠しているんだから中々に侮れない。

結構奥深いクルマですね。

2018-04-27 想定外の失敗はあったけど

[]2018年愛媛への旅(第2レグ)

「GW連休、愛媛へVABで帰省」その2日目です。

f:id:wrx-sti:20180427065235j:image

前日に彦根まで到着し「マッタリ休んで後半に備えよう」って思っていたんですが・・・

大失敗しました

就寝して3時間くらいして目がさめてしまい、その後は色々な事が急に気になり始めて眠れなくなってしまって、ようやく寝付いたのが4時過ぎ。6時には起床しないといけなかったので、合計で4時間半くらいの睡眠時間。集中力を維持するにはかなり厳しい睡眠時間でしたが、シャワーを浴びて強制的に目を覚まして、途中休憩を長めに取る方向で7時半過ぎにホテルをチェックアウトして出発。前日、燃料を少し使い過ぎていたので多賀SAで早めの給油、今日はこれだけで愛媛まで走りきります。

思ったより集中できていたので、多賀から京都桂川PAまで一気に走りきって1回目の休憩。運転している間は集中できていましたが、休憩になるとどっと疲れが出てきました。少し長めに休憩して再出発、大山崎を抜けて高槻JCから新名神の新区間へ、ここを使えば山陽道神戸JCまで直通で行けます。

f:id:wrx-sti:20180427172435j:image

茨木千堤寺PAで休憩。新名神の新区間はほとんど山の中でしたが、道はスムーズで運転しやすかったですね。神戸から権現PAまで走って休憩。

f:id:wrx-sti:20180427172428j:image

思わずコレ買っちゃった♪

f:id:wrx-sti:20180427115404j:image

そこから倉敷JC瀬戸中央自動車道にスイッチし瀬戸大橋手前の鴻池SAで昼食。

f:id:wrx-sti:20180427113928j:image

カツカレーの大盛り頼んだら想像以上のボリューム(^^;;

瀬戸大橋を渡って四国上陸、そこから高松道を走りきって香川/愛媛県境を抜け松山道へ。松山道最初の上分PAで休憩。ここまで来てもまだ150キロ以上あるんですよねぇ。愛媛は長い・・・。石鎚SA伊予灘PAと休憩をとりつつ進んで実家には15時40分ごろ到着。

f:id:wrx-sti:20180427161823j:image

とりあえずコレ飲んでマッタリしました。

さて彦根からの距離はコレ

f:id:wrx-sti:20180427193536j:image

で平均燃費はコチラ

f:id:wrx-sti:20180427193546j:image

途中までリッター14キロくらいで走れていたんですが、四国側に入ってアップダウンが多く少し悪化してこの数字。彦根からはSモードを使って通しで走ったのは正解でしたね。給油は多賀の1回のみ。

さて、無事実家に到着できました。明日はお墓参りと買い出しの手伝いがまっていますので、ボチボチ寝ます・・・。

2018-04-26 さて連休突入です

[]2018年愛媛への旅(第1レグ)

会社のシステムを姑息に使って今日からGW連休開始です。

この「姑息」にはオマケがついて、会社の事情で連休が実質1日延びた事もあり、スケジュール的には4月26日から5月8日までになりました。なので、4月26日と27日を使って愛媛に移動、5月5日までは愛媛の実家で過ごし6日と7日を使ってグンマーに戻る計画変更しています。ホテルの予約も変更済み。

さて今日は6時まではぐっすり寝て、起床後は荷物をまとめて7時半に出発。第1目標の彦根を目指します。

f:id:wrx-sti:20180426073244j:image

ファティマ(今風に言うならオートマチック・フラワーか?)「レーたん」は6時間程度で到着と予測していますが、休憩時間を入れると大体8時間程度はかかるだろうと想定しました。この辺は経験からの想定で、案の定その通りに。

北関東自動車道伊勢崎ICから自動車専用道に入り、最初の波志江PAでいつもの通りドリンクと飴を購入。

f:id:wrx-sti:20180426173923j:image

そこからは甘楽横川と小まめなストップを繰り返しましたが、これは地元の親戚へのお土産購入の為。祖母のお彼岸の法要にも来ていただいたので、ここはきちんと礼を尽くさないと。それと弟に「スペシャルな」グンマー土産も買ってやりました。グンマーを甘く見た報いを食らわせてやる♪

まあ、基本お土産は群馬名産のこんにゃくですけどねぇ。

f:id:wrx-sti:20180426093512j:image

今日はいい天気〜♪おっきいスポイラーが映えるのぅ♪♪

横川からは一気にペースを上げて移動再開。千曲川さかきPAまで一気に走って小休憩後は更埴JC長野道に入り梓川SAで再び休憩、その後は中央自動車道の小黒川PAまで一気に走って昼食休憩。

さて、先日の回答。「ソースカツ丼ローメンか?」の結果は・・・

f:id:wrx-sti:20180426123332j:image

ソースカツ丼です。だってローメンは販売休止中だったんだもん。揚げたてだったので美味しかったですよ♪

それにしても日本アルプスは絶景だったなぁ。

f:id:wrx-sti:20180426112851j:image

小黒川で少し長めの休憩を取ってからはプラン通り阿智まで走って再び休憩。さすがに昨日までの仕事の疲れでこの辺りでは休憩時間が長めでした。しかもバンダイさん、このタイミングでこんなのプレバンに出しやがって。

f:id:wrx-sti:20180426173839p:image

もちろん注文してやりましたよ、バカヤロー。

難所恵那山トンネルを抜ければ1回目の岐阜県!下り坂が多いのでスピードを抑えつつ屏風山まで移動してトイレ休憩。そこから小牧JCを経て名神高速道路へ。2回目の岐阜県(ルート上、中央自動車道名神高速道路で2回岐阜県を通過する事になる)でも心配していた渋滞もなく滋賀県に突入し伊吹PAで最後の休憩をとってから今日の宿泊彦根へ。

16時半ごろに彦根のルートインに到着。隣がまん喫なので誤解を受けるかもしれません(^^;;

f:id:wrx-sti:20180426173812j:image

ここまでの走行距離

f:id:wrx-sti:20180426161841j:image

と燃費。

f:id:wrx-sti:20180426161859j:image

燃費は少し悪かったかなぁ。SI-DRIVE、乗り方にもよりますがアップダウンがある道路ならSモードの方が燃費が良いかも?あくまでHKSのフラッシュエディターのフェーズ1データを書き込んだ状態なので純正データとは違うかもしれませんが、Iモードだとスロットルの踏み込みに対する反応が遅い分、余計に燃料を食っているような感じです。Sモードだと反応が早い分ちょい踏みできちんと加速してくれるから上り坂での燃費運転はしやすかった様に感じました。踏み方とか条件など色々あるので一概には言えませんが。

それはそれとして、初めて訪れた彦根の街は昔ながらの城下町って感じ。近代的な部分と混じり合った感じは松山とかに近いかな?言葉使いも独特(近江弁?)で名古屋とも京都とも違うなぁ。

とりあえず、想定よりはスムーズに1日目を終えたので、マッタリ休息して明日に備えようと思います。

明日は予定通りなら新名神の新区間を試して見る予定。混んでなければいいけどなぁ。

2018-04-21 仕事しながらこんな事ばっか考えている・・・

[]GWの長距離ドライブに向けて計画

GW連休はVABで愛媛まで帰省しますので、色々と検討中。

コースについては1日目の彦根までは従来通りのルートで移動する予定です。平日なので、出発時間さえ遅くならなければ渋滞の心配は少ないと考えていますが、尾張一宮米原 JC間がちょっと心配かなぁ。そこさえ抜けてしまえば、事故渋滞でも起こらない限り大丈夫だと思っています。一応、7時半くらいには出発しておきたいのですが、伊勢崎ICを使うか太田藪塚ICを使うかは、当日の国道17号線の混雑次第ですね。

お土産購入を日曜日に済ませておくか、それとも道中で一旦下仁田ICで降りて買う(実家からのリクエストは「こんにゃく(できれば味付き)」ですので)かはちょっと決めかねていますが、多分移動中に一旦下仁田で降りるか、それとも手前に甘楽PAで買えればそれで良しとするか、それとも横川SAで購入するかの3択になるでしょう。日曜日は夜勤休日出勤明けなので、体力的に少し厳しいので・・・。

彦根からの2日目は、交通事情にもよりますが新名神の新しいルート高槻神戸JC間を使う予定。これは当日の交通事情によっては従来通りの大阪吹田方面に切り替えるかもしれませんが、概ね新名神を使うつもりです。

さてさて、それはそれとして。

1日目の彦根までのルートは概ねお昼くらいに駒ヶ根伊那辺りを走行中の予定なのですが

お昼は駒ヶ根ソースカツ丼かそれとも伊那ローメンか?

になるという点。え?重要じゃないだろうって??まあ、こんなアニメ好きになっちゃいましたしねぇ。

D

D

あぁっ、高ボッチかワンコ寺行きてぇ!

ってのは6月か7月くらいのドライブ計画に置いといて、5月は後輩Kの引きずられるように袖ヶ浦フォレストレースウェイだからなぁ〜。コホン、単純に中央自動車道を進んで行くと小黒川PAで昼食ならローメン駒ヶ根SAで昼食ならソースカツ丼なんだろうけど、いつものルート的には小黒川で休憩した後は恵那山トンネル手前の阿智までは走りきっちゃうだろうから、うっかりすると昼飯食べ損なうパターン。

下手をするとインスタントのローメン買って彦根のホテルで夕食にする事になりそう・・・。

それは避けたいから、昼食はタイミングを見て11時くらいに早めに食べる方向でしょう。そうなると、ルート的にはまだみどり湖あたりの可能性もあったりして・・・。そうなるとおにぎりかぁ。

あ、実家にはホットサンドプレートがあるので、カリカリ豚饅は絶対やってみます!

さてさて、まずは明日の休日出勤を無事終えて、日曜日はVABの点検メンテナンスと車内の清掃を行い、出来れば洗車もして、後は水曜日まで仕事を頑張ればGW連休に突入!あ、グンマー出る前に家賃やらガス代やらの振込は仕事終わった後にしておかないと。

と、言うわけで日曜日はメンテナンスと掃除かなぁ。