白豚饅頭日記

2017-10-11 桜の心

[]Aimer 「花の唄」

今週の土曜日から公開となる映画『Fate/stay night Heaven's Feel 第1章~I presage flower~』の主題歌でAimerが歌う「花の唄」が発売になりました。

『Heaven's Feel』の予告

D

を見た瞬間に撃ち抜かれた気持ちになり、iTunesで予約し発売日の今日、ダウンロードして仕事帰りに愛機を運転しながらきいてみましたが・・・

凄い!

という感情しか出てこないくらい、圧倒されっぱなし。途中でコンビニに駐めて、何度もリピードで再生しました。曲の入りで鳥肌が立ち、サビに入っていく過程が素晴らしく、サビ以降は心の中で鮮やかに『Heaven's Feel』の物語が蘇ってきました(ゲームの方でクリアはしていますので)。この歌は間違いなく「桜の唄」で、彼女の心の葛藤や叫びや願いや思いが見事な詩となり、歌となって心に突き刺さってきます。

D

家に帰ってから届いたコチラ

ニュータイプ 2017年11月号

ニュータイプ 2017年11月号

Aimerさんのインタビューが載っていて、読むと「ああなるほど」と納得のいく位、彼女が桜を思って歌い上げてくれた事がひしひしと伝わりました。作曲の梶浦由記さんの曲も「やってくれたなぁ」って白旗を揚げたくなるくらい桜の感情や心を見事に仕上げてくれていて、ただただ感激。

聴いていきなり撃ち抜かれた歌としては『宇宙戦艦ヤマト2199』第1章の「星が永遠を照らしている」

とか「愛の星

がありますが、衝撃度で言うならKalafinaの「oblivious」に匹敵すると思います。さすが梶浦サウンド。

とにかく劇場公開が楽しみになってきました。ただ、土日は夜勤明けやら車検見積もりやらあって身動きが取れないので、有給をとった17日に劇場へ行って観る事になると思います。ヤマトも同じ時期ですが、コチラはデジタル配信版を予約していますので、劇場は『Heaven's Feel』優先。ヤマトは2週目の25日に有給を取ってますので、その日に行くつもり。どっちにしても宇都宮MOVIXに行くでしょう。

とにかく聴いたら凄くって、興奮モードで書いちゃいました。ぜひFateファンは聴いてみて下さい。

「桜の心」が胸に突き刺さります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/wrx-sti/20171011/1507671921