Hatena::ブログ(Diary)

さよならストレス

2009-09-01

SetPoint を拡張する「SetPointPlus」でコマンドを自由に選択

f:id:wwwcfe:20090911173731p:image

SetPoint で設定できないコマンドを設定できるようにする SetPointPlus を公開しました。SetPoint 4.80 と SetPoint 6.0 を対象にしています。32ビットでも64ビットでも動作します。

uberOptions はデバイス専用の定義ファイルを上書きするのに対し、SetPointPlus は汎用的に対応します。なので、SetPoint の将来バージョンで追加された機能にやデバイスに対応できる可能性があります*1。しかし、uberOptions ほど詳細な設定はできません。

バグがありましたら報告してください。

最終更新 2011-01-15

動作には .NET Framework 2.0 以上が必要です。

現在 SetPoint 5.x 系列には対応していません。

動作の流れ

  1. インストール済み Logicool (Logitech) デバイスを取得
  2. 適用するデバイスを選択して実行
  3. 標準設定ファイルに記述されているコマンド名を列挙
  4. 標準設定ファイルに列挙したコマンドをグループ化して追記
  5. 選択されたデバイスの設定ファイルにグループ化されたコマンドを追記
  6. 選択されたデバイスの全ボタンにアプリケーション別の設定を表示させるようにする
  7. ユーザー設定を削除 (設定がうまく反映されない場合があったので)
  8. SetPoint を再起動 (設定ファイルのリロード)

スクリーンショット (0.1.0.9 以前)

注意: 1.0.0.0 からはコンソールアプリケーションになっています。

f:id:wwwcfe:20100527231035p:image

ダウンロード (Download)

最新の更新

  • このバージョン (1.0.0.0) から MIT License を適用します。
  • GUI を削除し、コンソールアプリケーションになりました。
  • 簡略化のために日本語言語ファイルを削除しました。使い方が分からなくなった場合は SetPointPlus.txt を参照してください。
  • ソースコードを公開しました。
  • .NET Framework 2.0 で動作するようになりました。
  • 機能的には SetPointPlus 0.1.0.9 とほぼ同等です。GUI がほしい場合は 0.1.0.9 を利用してください。ただし GUI 版のコードは保守しません。今後はコンソール版のみ保守します。
  • SetPointPlus 1.0.0.1
    • SetPoint の再起動時に SetPointPlus 自身も終了させてしまっていた問題を修正
      • (この問題のため、SetPoint を再起動できなくなっていた)
    • 利便性のため v4.bat (SetPoint 4.x 向け)、v6.bat (SetPoint 6.x 向け) を追加
      • SetPointPlus を適用するときはどちらかを管理者権限で実行してください。エクスプローラーの右クリックから「管理者権限として実行」が便利です。
    • DoubleKeystroke と TripleKeystroke の初期設定で 0 が表示されていたのを表示されないように修正

既知の問題

  • SetPointPlus 1.0.0.0 以降で -a オプションを使った場合、以下の問題が発生することがあります。-a オプションの使用はなるべく避けてください。
    • (SetPointPlus 0.1.0.9 以前ではデフォルトのオプションで以下の問題が発生します。オプション指定による回避策はありません。)
    • 左右ボタンで「左クリック」「右クリック」が正しく動作しないことがあります。「汎用ボタン」の使用を推奨しています。特に理由がなければ汎用ボタンを使用して下さい。
    • UAC ダイアログでマウスの左右ボタンが効きません。
    • 汎用ボタンを割り当てると動作します。他にキーボードで操作する方法があります。
    • SetPoint を閉じるボタン [X] で閉じるとフリーズすることがあります。
      • もしこの問題が起こる場合は、閉じるボタンは使わず、キャンセル ボタンをお使いください。
      • もしくは左クリックに「汎用ボタン」を割り当ててください。
  • Kaspersky と競合することがあります。
    • SetPoint.exe, SetPoint32.exe. SetPointPlus.exe を除外リストに追加してください。
  • 「TripleKeystroke」で 3 番目のキーストロークを設定できません
    • user.xml を手動で書き換えることで設定できますが、理解できる方のみご利用ください。
LOGICOOL 有線 レーザー式 4ボタン? M500

LOGICOOL 有線 レーザー式 4ボタン? M500

*1:とはいえ実際に確認したわけではないので注意

mx1100mx1100 2009/11/24 04:36 MX1100のDPI切り替えボタン(ボタン8,9)にキーストロークの割り当てを行うと通常はキーストローク1・2の2つを登録できますが、SetPointPuls使用後は1つしか登録できず、+、−どちらのキーも同じキーになってしまいます。

wwwcfewwwcfe 2009/11/24 14:57 報告ありがとうございます。原因がわかりました。今日〜明日(11/25)には修正したいと思います。「キーストロークの割り当て」が2つありますが内部的には別物です。ですが、SetPoint はユーザーが選択した「キーストロークの割り当て」をどちらも単一キーの割り当てと判断していました。これは一方を「キーストロークの割り当て(2)」のようにすることで回避できるようです。しばらくお待ちください。
それとお手数ですが、「複数のキーストロークの割り当て」で代用できないかを確認していただくと幸いです。
実機がなくテストができなかったのでよろしければお願いします。

mx1100mx1100 2009/11/24 16:41 「複数のキーストロークの割り当て」を使用しましたが+キーのみにキーストローク1のキーが割り当てられて動作します。
−キーにはなにも割り当てられていないようです。

wwwcfewwwcfe 2009/11/24 23:03 お手数をおかけしました。ありがとうございます。
修正版をアップロードしましたのでお試しください。重複設定名に番号を振るようになっています。希望の動作をする項目を選択してください。

mx1100mx1100 2009/11/25 00:31 「複数のキーストロークの割り当て(2)」で希望の動作をするようになりました。
素早い対応ありがとうございます。

名無し名無し 2010/01/17 17:40 SetPoint拡張機能を持つアプリケーションを探していたらここに辿り着きました。
試しに起動してみましたが、『Logitech(Logicool)デバイスがインストールされていません』と返されたのでご報告を。
よろしければ対応して下さる事を望みます。

OS:Windows 7 Home 64bit版
Mouse:Gaming Mouse G500
SetPoint:5.20.40(マウスに備付のもの)

wwwcfewwwcfe 2010/01/17 23:11 報告ありがとうございます。重複コメントは削除しました。
SetPointPlus は SetPoint 5.2 に対応していません。SetPoint 5.2 について調査してみましたが、SetPoint 4.8 と構造が違いました。また、ゲームマウス系の実機を持たないため、詳細な調査や確実なテストができません。
SetPoint 5.2 では機器毎に設定できる項目の制限があるのでしょうか?
申し訳ありませんが実機がないので現時点では対応することはできません。

名無し名無し 2010/01/18 14:16 お返事ありがとうございました。
何分、購入して間もないのでSetPoint5.2と4.8との違いをうまく説明する事が出来ません。インターフェースががらりと変わったという視覚的な部分しか…。申し訳ありません。
SetPointのverを下げればもしや…と思ったんですが、G500は5.2でしか設定を変更出来ないようです。(変更するタブが写らない)
現時点では対応が難しいと仰られていますし、別のマウスを買うなどで当座を凌ごうと思います。ありがとうございました。

ひらのひらの 2010/05/06 02:24 お世話になります。Setpoint4.8で使わせていただいています。6.0に対応の予定はあるのでしょうか?

5.x系はもともとゲーム用マウスのプロファイル管理や内蔵フラッシュメモリへの書き込みを行うものなので4.xとは全く内容が違うのですが、汎用の6.x系統なら4に比較的近いのではないのかなと思ったのですが・・・。

wwwcfewwwcfe 2010/05/07 11:56 こんにちは。SetPoint 6.0 について調査してみますので、申し訳ありませんが少々お待ちください。

wwwcfewwwcfe 2010/05/10 01:56 お待たせしました。SetPoint 6.0 に対応するバージョンを公開しました。よろしければ使用してみてください。

ひらのひらの 2010/05/12 23:13 こんなに早く対応していただけるとは思っていませんでした。早速試してみようと思います。ありがとうございます。

しいたけしいたけ 2010/05/25 21:18 SetPoint 6.0 Windows7 32bit MX518 ですが、
プログラムの選択 がなく不便なので困っています。

wwwcfewwwcfe 2010/05/26 21:34 報告ありがとうございます。マウスの設定ページ内の「タスクの選択」で「プログラムの起動」を選択されていますでしょうか? こちらの環境では「プログラムの起動」を選択した場合、正常に「プログラムの選択」が表示されました。SetPoint の再インストールと SetPointPlus の再適用が必要かもしれません。もう一度確認していただくようお願いします。

しいたけしいたけ 2010/05/27 01:24 お手数かけます、申し訳ありません説明不足でした。
左下の1a.プログラムの選択 で、ソフトによってキー割り当てを変える項目だと思います。

4.80でも試したところ同じように表示されませんでした。
説明にいたらないところがあるかもしれませんがよろしくお願いします。

wwwcfewwwcfe 2010/05/27 02:55 キーストロークの割り当てをアプリケーション毎に行いたいということでしょうか?
1.マウスの詳細設定 (左側のタブ) はありますか? もしあるならそこからアプリケーション毎にボタンの設定を行うことができませんでしょうか?
2. SetPoint 4.80 でも表示されなかったということですが、SetPointPlus を適用する機器 (マウス) を正しく設定されましたか?
3.「プログラムの選択」は SetPointPlus を利用する前から利用できましたか?
4. デバイス ID (SetPointPlus で表示されるデバイス名の後ろに付いている括弧内の英数字) は「1000045」でよろしいでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、ご協力いただけると幸いです。

しいたけしいたけ 2010/05/27 20:35 早いお返事ありがとうございます。
1.左側のタブは3つで、ボタンの設定、ポインタの設定、ゲームの設定で、どのタブにも項目が見当たりませんでした。
2.不備があるかも知れませんが大丈夫だと思います、マウスのほかの機能やキーボードは正しく機能が拡張されているようです。
3.以前はuberOptionsを使っていてこの場合設定できました。
4. 「MX518 Optical Mouse(1000083)」と表示されています。

分かりにくい所もあるかもしれませんがよろしくお願いします。

wwwcfewwwcfe 2010/05/27 22:22 詳しくありがとうございます。恐らく原因を突き止めたと思いますので修正版をアップロードしました。SetPointPlus 0.1.0.7 になります。
この SetPointPlus を適用すると、設定画面左側のタブに「詳細設定」が追加されると思います。
お手数ですが、再度試していただきたく思います。よろしくお願いします。

しいたけしいたけ 2010/05/28 09:16 早い対応わざわざありがとうございます!

更新してすぐに本当に申し訳ないのですが別の問題が出てきてしまいました、[アプリケーション固有のボタン設定]ではホイールクリックとサイドボタン(第3、第4、第5ボタン)にタスクを割り当てても認識しないようです、
デフォルトの動きがあればその動作をします。例えば別のタスクを割り当ててもブラウザはデフォルトの進む、戻るの動作をして、メモ帳では何も起こりません。

左側にタブが追加され、設定ボタンで正常に設定でき、
ホイールの縦にあるほかのボタンは別のタスクを割り当てても正常に動作しました。
メインの[ボタンの設定]でも全てのボタンが正常に動作しています。

何度も申し訳ないのですがよろしくお願いします。

しいたけしいたけ 2010/05/28 09:47 何度もすみません分かったことがあったので追記します。
認識しないホイールクリックとサイドボタンはメインの[ボタンの設定]でデフォルトで3つとも 汎用ボタン と設定されてそれを使っていました。
これに別のタスク(例えば第4ボタンにアプリ切り替え)を割り当てると、[アプリケーション固有のボタン設定]でも別のタスク(例えば[スタート]メニュー)を割り当てても正常に動作することが分かりました。
ホイールクリックには 中央ボタン を割り当てれば今までどおりの動作で問題ないのですがサイドボタンは 汎用ボタン しか項目がないのでできないようです。

wwwcfewwwcfe 2010/05/28 15:22 何度も申し訳ありません。報告ありがとうございます。
汎用ボタンを割り当てた場合、アプリケーション毎の設定は出来ないようです。これは SetPoint の仕様で、修正は難しいと思います。
「汎用ボタン」ではなく、「進む」「戻る」を割り当てていただけると、アプリケーション毎の設定が出来ますのでそちらで代替していただければと思います。

しいたけしいたけ 2010/05/28 20:13 はい、今回はどうもありがとうございました。
うまく割り当てることができ快適に使用することができそうです。
今後ともこのソフトを使っていきたいと思います。

通りすがりです通りすがりです 2010/06/08 20:22 UberOptionsがVer6に対応してなかったので、非常に助かりました。
有難く利用させていただきたいと思います。

通りすがりです通りすがりです 2010/06/10 12:27 私もアプリ毎の設定が上手く機能しません。
SetPoint v.6.0 + G3 Laserの組み合わせです。
私は通常の設定を、『(左右ボタン除く)中央ボタン、進む、戻る、感度の切り替え』としてるのですが、これだと全くアプリ用の設定が反映されません。
通常時の設定でもキーストロークの割り当てをしておいたボタンだけが、アプリの切り替え時にも有効になるようです。
これだと、デスクトップ含む設定して無いアプリではいろいろと不都合もあるので、出来れば解決していただけたらと思いコメントさせていただきました。

wwwcfewwwcfe 2010/06/10 23:28 ご報告ありがとうございます。こちらでは通常設定はほぼ同様で(マウスは違いますが)、アプリケーション毎の設定に「キーストロークの割り当て」を設定しましたが、問題なく動作しました。
お手数ですが、具体的にどのように割り当てると期待する動作をしなかったかを教えていただけませんか?

通りすがりです通りすがりです 2010/06/15 15:20 私の場合、すべてのアプリを設定するのは面倒で非効率的なので、通常時にボタン4にCTLキーを割り当てておいて、残りはデフォルトで使いたいのです。
多くのFPSではしゃがむキーがCTLなので、これで大抵のゲームでは改めて設定しなくても足りるのです。
いくつかのゲームではその他のボタンにもキーを割り振るのですが、その時にまったく設定が反映されずに、通常時にCTLに設定しているボタン4だけが反映される状態になります。
試しに、通常時の設定で左右メインボタン以外の全てのボタンにキー割り当てを適当にして、その上でアプリを起動すると、アプリ毎の設定で割り当てた全てのキーが有効になるといった状況です。

wwwcfewwwcfe 2010/06/16 03:36 報告ありがとうございます。症状を再現させることが出来ました。
しかしこの問題は SetPointPlus を導入しない場合も再現するので、SetPointPlus の問題として修正することは困難です。申し訳ありませんが、問題のおこらないボタン動作を割り当てた後、アプリケーション毎にボタンの設定していただくようにお願いします。
もし Logicool に直接お問い合わせをする場合、SetPointPlus を解除 (SetPointPlus から「復元」してください) した上で、問題の動作が再現するかどうかを今一度確認していただくようお願いします。SetPointPlus を割り当てたままの場合、Logicool のサポート対象外になるのでご注意ください。

D-DD-D 2010/09/28 18:00 SetPointPlusを導入させて貰ってます。大変使い勝手がよく重宝させて貰ってます。
2件程バグが見付かったので報告させてもらいます。

1. SetPointPlus 0.1.0.8と0.1.0.7で確認できましたがSetPointの設定ウィンドウを表示させ閉じる(×)ボタンを押すと
フリーズしてしまいます。閉じたい時はキャンセルボタンを押すしか無いようですね。もし間違って押した場合はタスクマネージャーを
呼び出しSetPointを止めるかwinキーを2回押してスタートメニューを出して閉じればフリーズは直ります。

2. これはバグ・・・とは言えないかも知れませんけど一応報告。SetPointPlus 0.1.0.8で確認しましたがどうやら
Kaspersky 2010と競合しフリーズします。これでフリーズした場合はタスクマネージャーからSetPointを止めるしか無いですね。
対処法としてはカスペルシキーにより【SetPoint.exe】を除外リストに入れておけば競合することはありません。

当然この2件とも純正のSetPointでは起きなかった現象です。
私のPC環境は OS win7 X64 マウス M950 キーボード MK520 ドライバ SetPoint 615j x64
対処法はあるのでそのままでも大丈夫なんですけど一応報告させて貰いました。失礼しました。

wwwcfewwwcfe 2010/09/30 09:15 報告ありがとうございます。
1. こちらの環境ではフリーズしませんでした。しかし、以前にも同様の報告を頂いていますので、既知の問題に追記しようと思います。再現できなかったので修正は現段階では難しいかと思います。
2. Kaspersky 2011 の体験版を導入してテストしてみましたがフリーズしませんでした。修正は難しいと思います。こちらも既知の問題に追記しようと思います。

これら 2 件の問題につきましては継続して調査してみますが、早急な対処は難しいです。申し訳ありませんが、コメントして頂いた対処法での回避をお願いします。

renren 2010/10/04 21:15 SetPoint v.6.0 + G3 Laserを使用しております。
キーストロークの割り当て(2)または複数のキーストロークが上手くいきません。例えばサイドキーにa,b,cと3つのキーを順に押すという割り当てをさせたいのですが、メモ帳で確認したところ全く反応しません。1つだけのキーの割り当てだと上手くいきます。
宜しければご確認いただけませんでしょうか。宜しくお願いします。
OS:Windows 7 64bit版

wwwcfewwwcfe 2010/10/05 01:22 報告ありがとうございます。二つ以上のキーストロークを順番に送る動作は対応可能でしたので後日プログラムを修正しようとおもいます。しばらくお待ちください。よろしくお願いします。
ちなみに「キーストロークの割り当て (2)」と「複数キーストロークの割り当て」は一部のマウスのボタンで有効です。MX-R のサムホイールや、MX1100 のマウス感度切り替えボタンなどです。また、動作もキーストロークを順番に送るわけではなく、サムホイールの方向やボタンの状態により送信されるキーストロークが変わるというようなものです。

wwwcfewwwcfe 2010/10/05 22:30 お待たせしました。「TripleKeystroke」と「DoubleKeystroke」を選択できるようになった SetPointPlus 0.1.0.9 を公開しました。
ただ、「TripleKeystroke」の場合は、SetPoint の設定画面に設定項目が収まらないため 3 番目のキーストロークを設定できません。ユーザー設定ファイル "%AppData%\Logitech\SetPoint\user.xml" を手動で変更することで設定できますが XML の知識が必要です。キーストロークを割り当ててみて設定ファイルがどう変わったかの差分をとるなどして、どう設定すればいいか理解できた場合にご利用ください。

また、
http://d.hatena.ne.jp/wwwcfe/20090901/SetPointPlus#c1285664412
でコメントがあった SetPoint を閉じるボタン [X] で閉じた場合にフリーズする問題ですが、左クリックに「汎用ボタン」を割り当てることで回避できました。
汎用ボタンはボタンの既定の動作をしますので特に問題がない場合はこちらをご利用ください。

wankowanko 2010/10/22 08:21 G3 Laser +SetPoint 6.15@Windows 7 x64で使用していますが、
SetPointPlusを適用後、Cardspaceを開くとPCがフリーズしてシステム
全体が応答不能になります。(PC本体のリセットボタンで回復)
適用後の操作としては、左右ボタンの汎用→「進む」「戻る」とした後、
アプリ毎のカスタマイズをしました。速度および加速は、「SetPointで実行」
+「OSの設定を保存する」の両方にチェック、ゲームの検出は無効、ツール
タブの設定は全て無効という環境下です。

wankowanko 2010/10/22 08:28 ↑すいません。左ボタンの汎用化で起動出来るようになりました。

tttt 2010/11/02 00:29 LogicoolのG700を対応させることは可能でしょうか?

wwwcfewwwcfe 2010/11/02 18:07 申し訳ありません。ゲーミングマウス系には対応していません。実機が無くテストができないので今後対応できるかどうかわかりません。ご了承下さい。

tttt 2010/11/02 22:33 了解しました。お返事ありがとうございましたー。

ABXABX 2010/11/04 18:32 MX1100を使用しております.
アプリケーションごとにキーを割り当てる時に,その他に汎用ボタンの項目がなく,困っております.よろしかったら更新お願いします.

wwwcfewwwcfe 2010/11/10 21:03 報告ありがとうございます。他のマウスでも試してみましたがやはり「アプリケーション毎の設定」では汎用ボタンを設定できませんでした。無理矢理設定項目を出現させて汎用ボタンを割り当ててみましたが、ボタンを押しても何も動作しなくなりました。SetPoint 側でなんらかの制限があるようです。汎用ボタンは SetPointPlus で拡張しなくても選択できる項目にもかかわらず、あえてアプリケーション毎の設定で選択できなくしているのには、そのような制限があるからだと思います。SetPoint 側で修正されると選択できるようになるかと思います。
現在の場合は、共通設定で「汎用ボタン」を割り当ててアプリケーション毎に別設定を選択するやり方になると思います。

haihoohaihoo 2010/12/10 22:30 はじめまして。
M505+SetPoint 6.15+XPSP3(ノートPC)の環境で
使わせてもらっています。
最近、ある不具合に気付きました。
システム休止状態から復帰の際、ユーザー選定の画面で
M505でのマウスカーソルは動きますが、左クリックが利きません。
仕方なくPC本体のボタンで左クリックし、OS起動後はM505も通常通り
使用できます。
原因お分かりになりますでしょうか?

wwwcfewwwcfe 2010/12/11 00:50 報告ありがとうございます。左ボタンに汎用ボタンを割り当てて試して頂けませんか? こちらの環境でも問題の状況が再現し、汎用ボタンを割り当てることで回避できました。
とくに理由がなければ、左右ボタンは「汎用ボタン」推奨です。「左クリック」での問題が多く報告されていますので、次回バージョンから「左右ボタンにコマンドを割り当てる」のような項目を設け、ユーザー選択の非推奨オプションにするか、何らかの形で汎用ボタン推奨の旨を表示するように修正します。

haihoohaihoo 2010/12/11 09:12 ご回答ありがとうございます。汎用ボタンの割り当てで問題解決いたしました。
ちなみにsetpoint6.2がリリースされていましたので、こちらとの組み合わせ
で使用しております。

ところで、将来的な話で結構なのですが、複数キーでのコマンド入力のような
機能の実装は考えていただけないでしょうか?
例えば左クリックしながら右ダブルクリックでマイドキュメントを開く
といった感じです。
ご検討いただけたら幸いです。

wwwcfewwwcfe 2010/12/12 01:54 提案ありがとうございます。SetPointPlus は SetPoint の一部の制限を取り払おうとするもなので、SetPoint で本来できること以上のことはできません。申し訳ありませんが、そういった機能が必要であれば別のマウスジェスチャ系のソフトウェアを導入してみて下さい。

yanoyano 2010/12/31 18:17 G3 +SetPoint 6.15.6 + Windows 7 x86の環境で使わせていただいてます。
サブボタンにアプリ切り替えを割り当ててるのですが、ボタンを押しても反応しないことがあり、何度か押すと反応します。
また、使っているとAltが押しっぱなしの状況になり一度キーボード側でAltを押さないと治りません。(例えばEを押すとAlt+Eを押したことになってしまいます。)
他のPCで再現できるかどうか怪しいのですがご確認できますでしょうか?

wwwcfewwwcfe 2011/01/07 03:50 報告ありがとうございます。問題を再現させることができました。「アプリ切り替え」は Alt+Tab の動作と同じです。「アプリ切り替え」でこの動作を行ったとき、SetPoint はわざと Alt の押下状態を解除しないようです (おそらく、ボタンを押下し続けなくてよくするため)。そのため、ボタンを押しても反応しない (Alt が解除されたら反応する) ことや、その他のキーの押下で Alt+Key といった動作になるようです。SetPointPlus で問題を改善できそうになかったので、「キーストロークの割り当て」で「Alt+Tab」を割り当ててください。こうすることで、Alt の押下状態を保存しなくなります。代わりに、操作を完了するまでボタンを押下し続けなくてはならなくなりますが…。

uotuot 2011/01/13 19:49 logicoolのmx518を使っています。
サイドボタンにアプリケーション固有の設定から特定のキー([,],o,k,altなど)を割り当てた時、サイドボタンを押しっぱなしで設定したキーを押しっぱなしの状態にすることは出来ないのでしょうか。

wwwcfewwwcfe 2011/01/15 20:12 実現できるかどうかを調べてみましたが、恐らく実現できません。Alt や Shift, Ctrl は「キーストロークの割り当て」で「Shift+」のような状態に設定すれば長押しできるようです。それ以外のキーでは長押しできる場合 (Alt+Tab など) とできない場合があるようですが、SetPoint がどのように制御しているか不明だったので、申し訳ありませんが現在は対応できません。ご了承ください。

taletale 2011/02/17 10:17 上の方と質問かかぶるかもしれませんが、サイドボタンにf5キーを設定し、
サイドボタンを押しっぱなしで押しっぱなしの状態、または連打されてる状態には出来ないでしょうか?

wwwcfewwwcfe 2011/02/18 12:49 申し訳ありませんが、長押しの制御ができないため長押しでの連打は実現できません。ご了承ください。

tchttcht 2011/03/16 03:41 Wireless Mouse M505をvistaで,setpoint6.2で使っています。昨晩,インストールさせていただきました。

「キーストロークの割り当て(2)」で,思うような操作ができないので,ご相談です。

したいことは,エクセルで,形式を選択して貼り付け→値 です。
2003なら,ALT+E(編集) → S(形式を選択して貼り付け) → V(値) です。

何か方法があえば,教えてください。以上,よろしくお願いします。

nono 2011/03/27 03:53 はじめまして。
本日から使わせていただいています。

質問なのですが、Winキーをキーストローク割り当てに振り当てることはできないのでしょうか?
winキー+Alt+1などのショートカットを登録して、ジャンプリストを起動させたいと思っています。
winキーの登録方法がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

環境はwindows7,64bit
マウスはMX Revです。

wwwcfewwwcfe 2011/03/30 06:41 tcht さん
TripleKeystroke がに Alt+E, S, V を割り当てると実現可能かと思います。TripleKeystroke はプログラムの都合で最後のキーストロークの割り当てが設定画面からできません。user.xml の編集が必要になります。設定画面で TripleKeystroke を割り当てた後、user.xml をテキストエディタで開き、「TripleKeystroke」を検索し、その下の要素を以下のように書き換えます
<Handler Class="KeystrokeAssignment">
<Param DisplayName="Alt+E" LParam="538050561" Modifier="4" VirtualKey="69"/>
</Handler>
<Handler Class="KeystrokeAssignment">
<Param DisplayName="S" LParam="2031617" Modifier="1" VirtualKey="83"/>
</Handler>
<Handler Class="KeystrokeAssignment">
<Param DisplayName="V" LParam="3080193" Modifier="1" VirtualKey="86"/>
</Handler>

この方法が難しい場合は Excel のキー割り当てを変更するなどで代替できるかとおもいます。

wwwcfewwwcfe 2011/03/30 06:47 no さん
Win キーは設定画面から割り当てることができないみたいです。
以下のページを参考にして user.xml を編集し、「*%1」を指定してみてください。
http://blog.livedoor.jp/studiosky/archives/31026671.html

rkrk 2011/06/24 01:54 はじめまして。
某ゲームのために使わせていただいてます。
そのゲーム内でのことですが、TripleStrokeを設定すると3つのキーの入力間隔が早すぎるのか
ひとつのキーに対する処理しか行われません。
(これは手動で3つのキーを押しても同じ結果になることです。)

各キーの入力間隔にウェイトを設けることは可能でしょうか。

環境:WinVista x64、SetPoint 4.8
マウス:MX Revolution

GuardianGuardian 2011/07/17 21:53 SetPoint最新版にも対応していただけると嬉しいのですが・・・・・
可能でしたらご検討をよろしくお願いします!

くちゅんくちゅん 2011/11/02 03:07 windowsXP で MXrevolutionを使っています。親指ホイールにボリューム(音量)のup down muteを設定したいのですが。。。よろしければご検討願います。

ななしななし 2012/01/25 21:15 とても便利で使いやすいです。
ありがとうございました。

nullnull 2012/02/06 09:38 以下の様な結果が出力され、SetPointPlusの動作が停止されます。

>Modifying C:\Program Files\Logicool\SetPointP\Strings.xml...
>Modifying C:\Program Files\Logicool\SetPointP\default.xml...
>186 valid handler sets found

>ハンドルされていない例外: System.NullReferenceException:
>オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。
>場所 SetPointPlus.Program.ApplyToDevice(String filename, Boolean advanced)
>場所 SetPointPlus.Program.Apply(String[] info, IList`1 targets, Boolean advanced)
>場所 SetPointPlus.Program.Main(String[] args)

Windows7 x64 SetPoint 6.32.20 Mouse G700

解決方法があったらお願いします。

名無し名無し 2012/03/07 20:32 win7x86のPCなのですが、使えません。setpoint6.32には対応していないんですか?

mitsumitsu 2012/10/08 19:00 Windows7 64bitでSetPoint 6.32でバッチリ使えております。便利なアプリをありがとうございました。

らららららら 2012/11/27 13:24 Win7 x32 Setpoint 6.32 MX Revolution と言う環境です。
nullさんと同じメッセージが出ます。

nanashinanashi 2013/01/12 21:18 私もnullさんと同じ症状で動作を停止し、インストールできない状態です。
Win7 64bit Setpoint6.32 G500です

MXRfunMXRfun 2013/03/29 23:53 SetPointPlusが途中で動作停止してしまうケース、コマンドモードから
D:>SetpointPlus -v6 >status.txt
のようにリダイレクトモードで動作させると完走しました。
なお、完走後はstatus.txtは読んでから捨ててください。
ご参考になれば幸いです。

MXRfunMXRfun 2013/03/30 00:00 追伸。MX-Rの場合、Setpoint 6.xとSetpointPlusのみでは、ボタンの画像データが不足していて、すべてのボタンに機能を割り当てることができません。
対策としましては、Setpoint 4.8とuberOptionsをまずインストールし、uberをインストールしたフォルダの
Logicool\SetPoint\uberOptions\originalBackup\Devices\PointingDevice
内から100006Dフォルダと100007Aフォルダを別フォルダにコピー保存しておきます。
それから古いSetPointとuberをアンインストールし、
その後Setpoint 6.xとSetpointPlusを入れてから、先に退避しておいた二つのデバイス情報フォルダをSetpointのデバイス情報フォルダに上書きしますと、
すべての設定が可能になるようです。

なお、このような面倒をせずとも、SetPoint 4.8+uberOptionsが動作するのなら、それをそのまま使うか、その動作している状態の上にSetPoint6.xを上書きインストールし、さらにSetPointPlusを走らせると、この状態ではuberはアンインストールされずに死蔵の状態ですが、動作してくれればそれでも問題ないと思います。
インストール状態の美しさにこだわるなら、デバイスデータ退避と上書きで最新ドライバを利用、という形でしょうね。

MXRfunMXRfun 2013/03/30 00:00 追伸。MX-Rの場合、Setpoint 6.xとSetpointPlusのみでは、ボタンの画像データが不足していて、すべてのボタンに機能を割り当てることができません。
対策としましては、Setpoint 4.8とuberOptionsをまずインストールし、uberをインストールしたフォルダの
Logicool\SetPoint\uberOptions\originalBackup\Devices\PointingDevice
内から100006Dフォルダと100007Aフォルダを別フォルダにコピー保存しておきます。
それから古いSetPointとuberをアンインストールし、
その後Setpoint 6.xとSetpointPlusを入れてから、先に退避しておいた二つのデバイス情報フォルダをSetpointのデバイス情報フォルダに上書きしますと、
すべての設定が可能になるようです。

なお、このような面倒をせずとも、SetPoint 4.8+uberOptionsが動作するのなら、それをそのまま使うか、その動作している状態の上にSetPoint6.xを上書きインストールし、さらにSetPointPlusを走らせると、この状態ではuberはアンインストールされずに死蔵の状態ですが、動作してくれればそれでも問題ないと思います。
インストール状態の美しさにこだわるなら、デバイスデータ退避と上書きで最新ドライバを利用、という形でしょうね。

MXRfunMXRfun 2013/03/30 00:00 追伸。MX-Rの場合、Setpoint 6.xとSetpointPlusのみでは、ボタンの画像データが不足していて、すべてのボタンに機能を割り当てることができません。
対策としましては、Setpoint 4.8とuberOptionsをまずインストールし、uberをインストールしたフォルダの
Logicool\SetPoint\uberOptions\originalBackup\Devices\PointingDevice
内から100006Dフォルダと100007Aフォルダを別フォルダにコピー保存しておきます。
それから古いSetPointとuberをアンインストールし、
その後Setpoint 6.xとSetpointPlusを入れてから、先に退避しておいた二つのデバイス情報フォルダをSetpointのデバイス情報フォルダに上書きしますと、
すべての設定が可能になるようです。

なお、このような面倒をせずとも、SetPoint 4.8+uberOptionsが動作するのなら、それをそのまま使うか、その動作している状態の上にSetPoint6.xを上書きインストールし、さらにSetPointPlusを走らせると、この状態ではuberはアンインストールされずに死蔵の状態ですが、動作してくれればそれでも問題ないと思います。
インストール状態の美しさにこだわるなら、デバイスデータ退避と上書きで最新ドライバを利用、という形でしょうね。

MXRfunMXRfun 2013/03/30 00:12 多数重複してしまって済みません。

voyagevoyage 2013/03/30 07:45 Windows Vista 32bit
SetPoint 6.32.7
Driver 5.33.14
で動作確認しました。デスクトップの表示が一発で出来て便利になりました。ありがとうございます。

mymy 2013/04/30 23:10 中クリックが使えながら平行スクロールを使えるとてもいいSetPointです。
Google ChromeやIEのスクロール、新しいウィンドウで開くを使いこなしたいです。
いいね押しておきました!

MATMAT 2014/04/09 18:08 Windows8Pro(64bit)+M560(v6.61.15)を使用しています。SetPointPlus(v6)を適用しましたが、「左にスクロール」(2種類存在?)が使用できません。対応は可能でしょうか?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証