Hatena::ブログ(Diary)

股旅堂 matatabido.blog ~ 明治・大正・戦前から現代までの性風俗資料

2013-11-20 股旅堂古書目録 第10号

▼「股旅堂古書目録 第10号」

  〜戦前から現代性風俗資料、及びその周辺文化

  2013年12月に発行いたしました!! 

  巻頭特集:「旅」について 〜 matatabido on "Tour"

f:id:wwx90127:20131130025817j:image

遊廓娼妓花街カフェ盛り場裏社会犯罪など、都市風俗性風俗資料全般商業資料戦時資料まで、2300点ほど掲載


↑ たくさんの御注文をいただきまして、ありがとうございました。掲載商品の受注は終了いたしました。


 昔、長い旅をしました。

 大阪から船で上海渡り中国ウイグル自治区まで横断。山を超えてパキスタンに入り、イランへ、そして北上旧ソ連アルメニアグルジアを通ってトルコへ。その後、ブルガリアユーゴスラビアハンガリークロアチアスロベニア東欧イタリアフランススペインと南欧を回り、結局、日本から一度も飛行機を使わず、陸路のみでユーラシア大陸を横断し、最西端ポルトガルロカ岬へ。最後は旅の最中に知り合った友人を訪ねて、この旅で初めて飛行機に乗り、リスボンから大西洋を越えてロサンゼルスへ飛び、そこから帰国

 日本を出てから7ヶ月。大学卒業後、7年間勤務していた八重洲ブックセンター上司からの再三の説得を押し切って辞めて旅に出た私は、旅の間に20代から30代に。

 あれから15年。45歳。気付いてみれば古本屋です。そんな股旅堂屋号の由来にもなっている「旅」についての本を、僅かですが巻頭に揃えてみました。

*なお、表紙の写真は、パキスタン南部クエッタからバルチスタン砂漠を越えて、イラン国境へ向かうバスの途中休憩。左下に写っている影が29歳の私です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なお、『「旅」について 〜 matatabido on "Tour"』というタイトルは、私が大好きな即興音楽集団タージ・マハル旅行団」のドキュメンタリーフィルム『「旅」について Taj Mahal Travellers On Tour』から取りました。すみません(笑)

D

「旅」について [DVD]

「旅」について [DVD]