きおくのーおと

 ブログの底辺でメモを公開する、的な。このブログに有用性を求めることは無意味です。注意。
 頭の悪い私が掲示板、その他の場所で議論を始めると皆様に大変な迷惑がかかります。
 そこでこのブログに書いてすっきりすれば、そっちには迷惑かからないじゃない、的なものです。

2011-02-26 エリザス点鼻薬が良すぎる

[] エリザス点鼻薬が良すぎる 09:17  エリザス点鼻薬が良すぎるを含むブックマーク  エリザス点鼻薬が良すぎるのブックマークコメント

花粉の季節ですねぇ。


http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen13/sen1329712.html

デキサメタゾン シペシル酸エステル


ステロイドの点鼻薬です。花粉症の時期に抗ヒスタミン剤だけでは効かないという場合にステロイドを使いますが、内服薬(プレドニンとかセレスタミンとか)は体中にステロイドが回る分、点鼻薬のような局所使用より副作用が出やすいのが難点ですが、この点鼻薬は素晴らしい。という事で紹介。

まず従来点鼻薬の難点として、

  1. 回数が多すぎて忘れる
  2. 回数が多すぎて薬が垂れてくる
  3. 口の方に流れて不味い

といった物がありました。昔よく使われていた「アルデシンAQネーザル50μg」とかベクロメタゾン プロピオン酸エステルのスプレーなんかは、鼻炎がひどいときなど、最大量を指示されると、なんと1日16回もスプレーする必要があり、しかも同時に2回とかはNGで、2時間おき、といった具合になります。

出かけてるときなんかはそもそも無理がありますし、忘れるなと言うのも厳しいです。

通常でも1日4回なので、面倒です。


同じ成分の「リノコートパウダースプレー」という物があり、これは液体では無いので、口の方に流れる心配がありません。

回数も1日2回と実用的です。が、最大量はもっと多いみたいです。

こちらは標準量だと私の場合効果がありませんでしたが、回数を増やすと、鼻が粉だらけに…。最近は改善されてると良いのですが。


その後色々と進歩があり「ナゾネックス」スプレーがついに1日1回でOKという快挙を、と思ったら各鼻腔に2噴霧ずつだったりして、液体なので口に流れてまずっ、となる点は変わらず。

やっと1回ですむ、というのが「エリザスカプセル外用400μg」な分けです。

http://www.qlife.jp/meds/rx16676.html

また、専用噴霧器ツインライザーは、両方の鼻に同時にスプレーできるため、これも楽ちんです。

粉をしっかり鼻にスプレーするため、4回押さないといけないのは多少面倒ですが、15秒もかからないのでこれは問題ないでしょう。

非常に細かい粉なので、粉っぽくならないし、液体でないので口に流れることも無いです。

海外では800μgまで使われて居るようで、その場合は1日2回になるのかも。ただ日本では400μgで承認されています。


これと、アレロックあたりの抗ヒスタミン剤で乗り切れると良いんですけどねぇ。

ただ、点鼻薬は局所的に効くので、逆に目や鼻や咳や全身がかゆい、という場合には向かないので、もちろんこの薬も処方箋必須ですが、医者に相談してくださいね。

点鼻薬をお使いの方は1回試してみてもいい気がします。

なお、エリザスカプセルは発売から1年たっているので新薬の処方制限は外れています。


・値段について

・エリザスカプセル外用400μg 134.5円

134.5円/日(標準=最大) 2週間:1,883円 (3割負担 564.9円)

吸入器は14日分の薬をもらうとただで付いて来るみたいです。(詳細不明)


・ナゾネックス点鼻液50μg112噴霧用9mg18g 3876.2円

138.4円/日(標準=最大) 2週間:1938.1円 (3割負担 581.43円)


アルデシンAQネーザル(849.1円)の事実上の後発品 ベクローゼ点鼻液0.1%8.5mg8.5g 335.3円

の1日の値段が知りたいです…。4回の場合(標準)と16回の場合(最大)

やっぱり安いんだろうな。