XAI このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-14 イプスウィッチ の ジャック・ザ・リッパーbyXAI

英国で、コールガールの連続殺人があった。


Die Verwandlung

 →コピペで。http://www.actiblog.com/renaissance/

「イプスウィッチ の ジャック・ザ・リッパー」

 →コピペで。http://www.actiblog.com/renaissance/23022

↑なんかエラーするからコピペして〜。Acti Blogってナニ!(怒)

ロンドンイーストエンドにある、ホワイトチャペル教区に、ジャック・ザ・リッパー切り裂きジャック)によるコールガールの犠牲者が発見されたのは、1888年8月31日だった。そして150年を経て、この12月に、コールガールの犠牲者が、ロンドンの北東イプスウィッチで、5人確認された。

(略)

11月24日に公開されたモンタージュ写真リンクされてる!

(略)

当時殺害された2人の女性の検証写真リンクされてる!(社会的な視点にたったサイトだそう)


12月13日報道されて、この10日間ってことは、12月3日に最初の事件が起こったのかな?そうなると、150年前のジャック・ザ・リッパーの第3容疑者のモンタギュー・J・ドゥルイットが自殺した日じゃなかった?なんの因果か・・・。ただ、イプスウィッチの事件は、19世紀のジャック・ザ・リッパーといわれるような猟奇殺人ではないらしい。

イーストエンドでのジャック・ザ・リッパー容疑者には、かの有名な数学者画家詩人も含まれていたけど、憶えてる?


Jack_the_ripper_book

Portrait of A Killer; Jack the Ripper case closed

by Patricia Cornwell


パトリシア・コーンウェルPatricia Cornwell)の「Portrait of A Killer; Jack the Ripper case closed ( 邦訳:切り裂きジャックは誰なのか?)」で、英国印象派画家ウォルター・リチャード・シッカート真犯人と名指ししてるよね。

当時の5本の指には入らなかったものの、ウォルター・リチャード・シッカートは、やっぱり容疑者リストにはあがっていた。

ウォルター・リチャード・シッカートは、「切り裂きジャックの寝室」(1908)という作品を制作しているんだ。しかも、Die Verwandlungの記事から、5番目に殺害された女性写真が掲載されているサイトに、リンクしてるんだけど、その検証写真に似た絵をみたことがある。


Special : Jack lo squartatore o Walter Richard Sickert….

6枚の絵があって、上2枚、下4枚なんだけど、なんとなく、上の最初の1枚が、殺害された検証写真に似てるんだ。


さて、Die Verwandlung からリンクされたモンタージュ写真みた?

当時から目撃者がいたんだよね。うえのSpecial : Jack lo squartatore o Walter Richard Sickert….に、ウォルター・リチャード・シッカート写真があったでしょう。全然似てない。ウォルター・リチャード・シッカートって、俳優になりたかったのかな。演劇勉強していたらしい。すごい顔立ちが整っているのに比べ、モンタージュ写真とは・・・。


切り裂きジャックの寝室は、Manchester Art Galleryマンチェスター市立美術館)にあるらしいけど、パトリシア・コーンウェルが、本を書くにあたって、31枚ものウォルター・リチャード・シッカートの絵を買い込んでいる。もしかしたら、その絵も購入したのではないのかな。


僕はこの絵どんな絵か知ってます。

たしか、ウォルター・リチャード・シッカートの部屋に、以前住んでいた「下宿人」というのが、容疑者リストにあがってる。つまり、その下宿の部屋に住んだ二人とも容疑者なんだよね。

で、どんな絵っていうと、ものすごくダーク。小豆色?紫?のような。そこに人がたたずんで、後ろは窓。これをみるとね、ウォルター・リチャード・シッカートの1枚1枚に、とてっても、何かを感じてしまうんだよね。はじめは彼の絵を1枚掲載しようかと思ってたんだけど、犯罪に関わる可能性を秘めた人物の描いた絵・・・。それで、やめ。

パトリシア・コーンウェル書籍は、とにかく全てが掲載されている。一度読んでみて。邦訳もあるから。

カラヴァッジョ の 殺人 14:34 カラヴァッジョ の 殺人を含むブックマーク カラヴァッジョ の 殺人のブックマークコメント

1606年、35歳で、殺人。その後、「洗礼者聖ヨハネの斬首」で、ローマ教皇から罷免されるわけだけど。

カラヴァッジョ(カラバッジオ)の場合は、強烈な個性とか、気難しいとか、激情にかられやすいとか、芸術家気質に使われる言葉が装飾されるよね。

それはなんで?

明暗法やリアリズム革新的絵画で、誰でも「天才」という名をつけたがる、イタリアバロック絵画の巨匠だから?研究の対象になるから? だから「殺人者としての数奇な生涯も魅力的引用」になるわけ?

その芸術の本質と、カラヴァッジオ人格を比べるつもりはないよ。だから、その気性や贖罪意識の反映などという作品鑑賞も必要ないと思ってるんだ。

ある作品において、カラヴァッジオは、殉教を暗示し悼み、その身を案じるという検証がなされたとあるが、これも気性や贖罪意識同様に、その芸術の本質と比べていいのかな。

その芸術の本質を賞賛するべきで、カラヴァッジオ人格を擁護する必要がないわけだよね。

ミケランジェロメリーシ・ダ・カラヴァッジョの場合、「殺人の果ての逃亡生活。しかし・・・」がつく。でも、十代の頃から、仲間の殺人事件に関わって、ミラノからも逃亡しているっていう。もともと、「殺人」ということに、罪の意識も悔悟もなかったから、逮捕歴も更新し、常に剣を持っていた。(相手が死に至らなかったからこそ、連続殺人」犯とならなかったんだね。)

殺人の逃亡先は、マルタ島。なぜ、ここなのかっていうのが、「騎士号」を手に入れるためなんだよね。男爵以上の貴族の称号は、たいてい生得的地位でしょ。カラヴァッジョは、殺人後に、この地位を手に入れるため、アロフ・ドゥ・ヴィニャクールマルタ騎士団)の肖像を描いている。そして、「騎士号」をせしめたわけ。名誉的称号と階級を手に入れたんだ。

カラヴァッジオは、二週間ほど絵を描いたあと、次の二ヶ月は剣を腰に下げ、小姓を連れて街に繰り出し、いつ争いが起きてもおかしくない風情で、歩き回る。賭けテニスの賭金の支払いで、おなじ「ゴロツキ」の有力者の息子、ラヌッチョ・トマッソーニと争い、刺殺する。死刑宣告を受ける前に逃亡。


だが名声は衰えず。

つまり、カラヴァッジョの場合、相手が死に至るか至らないか、猟奇猟奇じゃないかで、ジャック・ザ・リッパー容疑者と名指しされたウォルター・リチャード・シッカートへの性質とは違うんだね。不思議


CARAVAGGIO 作品一覧と画像リンク

Paintings between 1593 and 1596 by CARAVAGGIO

病めるバッカス/果物をむく少年/果物かごを持つ少年/蜥蜴に噛み付かれた少年/聖フランチェスコの奪魂/音楽家たち/女占い師/いかさまトランプ師/リュートを弾く人(1600)/リュートを弾く人(1596)/バッカス が見れます。

Paintings between 1596 and 1598 by CARAVAGGIO

占い師/マグダラ/エジプト逃避途上の休息/果物かご/アレクサンドリアの聖女カタリナ/アレクサンドリアの聖女カタリナ が見れます。

Paintings between 1598 and 1600 by CARAVAGGIO

ホロフェルネスの首を斬るユディト/娼婦の肖像/キリストの捕縛/メドゥーサ/ナルキッソス/マッフェオ・バルベリーニの肖像(機卿マッフェオ・ヴィンチェンツォ・バルベリーニ)/バプテスマヨハネ が見れます。

Paintings between 1600 and 1603 by CARAVAGGIO

ダビデ/イサクの犠牲/聖トマスの懐疑/エマオの晩餐/アモルの勝利 が見れます。

Paintings between 1603 and 1606 by CARAVAGGIO

埋葬/荊冠のキリスト/庭のキリスト/洗礼者ヨハネ説教(1603-04)/洗礼者ヨハネ説教(1604)/ロレートの聖母/聖ヒエロニムス(St.Jerome 1605-06)/(執筆する)聖ヒエロニムス(St.Jerome 1606)/ 聖母の死 が見れます。

Paintings between 1606 and 1607 by CARAVAGGIO 

殺人事件以降の作品

見よ、この人だ/エマオの晩餐(1606)/パラフレニエーリの聖母(蛇の聖母)/瞑想の聖フランチェスコ/聖フランチェスコ/ダビデ が見れます。

Paintings from 1607 by CARAVAGGIO

慈悲の七つのおこない/聖アンドリューのキリストの磔/(キリストの)鞭打ち(円柱のキリスト)/コラムにおけるキリスト/洗礼者ヨハネの首を持つサロメ/ロザリオ聖母 が見れます。

Paintings between 1607 and 1609 by CARAVAGGIO

聖ヒエロニムス(St.Jerome 1607)/アロフ・ドゥ・ヴィニャクールの肖像(1607-1608)/アロフ・ドゥ・ヴィニャクールマルタ騎士団)の肖像(1608)/洗礼者ヨハネの斬首/眠るクピド(キューピッド日本語では 「 眠るアモル 」らしい/聖ルーシー(ルシア)の埋葬/ラザロの蘇生 が見れます。

Paintings between 1609 and 1610 by CARAVAGGIO

受胎告知/羊飼いの礼拝/キリスト降誕 聖ラウレンティウスと聖フランチェスコのいる礼拝での降誕/バプテスマの洗礼者の首をもつサロメ/ゴリアテの首をもつダヴィデ/洗礼者ヨハネ/ペテロの否認/聖ウルスラの殉教 が見れます。

Paintings in the Contarelli Chapel (1599-1600) by CARAVAGGIO

マタイの召命/聖マタイの殉教/聖マシュー天使/聖マシューの霊感

Paintings in the Cerasi Chapel (1600) by CARAVAGGIO

聖ペテロ磔刑/聖パウロの改宗/聖パウロの回心/聖パウロの井戸/ジュピターネプチューンプルート/イサクの犠牲(1605 ジョンソンコレクション蔵)/荊冠のキリストウィーン美術史美術館)/スティルライフ 花と果実(1590)

Other paintings attributed by CARAVAGGIO

洗礼者ヨハネ説教/歯抜き師/バプテスマの聖ヨハネ

400年ものあいだ、「模写」と思っていたカラヴァッジョの「聖ペテロと聖アンデレの召命」という邦題の作品。今年の11月(2006年11月10日)に、真筆とわかり、エリザベス女王もお喜びだそうな。(王室の立場で、「模写」として殺人画家の絵画を封印していたんだと思うけど)

The_calling_of_saints_peter_and_andrew

The Royal Collection 英王室コレクション

The Calling of Saints Peter and Andrew c. 1603-6

by Michelangelo Merisi da Caravaggio

僕がこの犯罪に関わる画家画像アップロードしたのは、まだ「殺人者」の烙印まえの作品だから。

ジャック・ザ・リッパー殺人は、「殺す」という凄まじさ。カラヴァッジョの殺人は、現代の犯罪と同じ。若い世代が、短絡的に友人や周囲を殺害してしまったというものだ。「はけ口」としての殺人。どちらも質が悪い。

パトリシア・コーンウェルが、ジャック・ザ・リッパー犯人を、神格化されてはならないと言っている。(でも、画家殺人者ということに、「好み」という連想を発する者も多く、もう汚染されている現代。カラヴァッジョが、2002年2月28日まで流通していたイタリア通貨100.000リラ紙幣になったことも、その象徴。)

陪審制度がはじまったら、才能や功績のある人物への殺人には、温情判決がくだるのかなぁ。

こういうカラヴァッジオを賞賛するのではなく、作品の本質をひろめるべきで、これが専門家研究者の役割でしょ。殺人を犯した画家を魅力的という解釈が発生しているのは、問題がある。これから育つ子供達が、そういう文章を目にして、どうなるの?殺人も個性にすませるのか。

殺人を犯した画家が描いたから排除するのでもなく、また画家を擁護するのでもなく、その作品そのものを取り上げて欲しい。

リチャード・ダッド殺人 14:34 リチャード・ダッドの殺人を含むブックマーク リチャード・ダッドの殺人のブックマークコメント

画家殺人は、イギリスのリチャード・ダッドなんかもいるね。

フェアリー・フェラーの神技お伽の樵の入神の一撃

殺人画家の絵って、どう?