XAI このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-10-20

ヒューゴ・シンベリ 傷ついた天使 21:08 ヒューゴ・シンベリ  傷ついた天使を含むブックマーク ヒューゴ・シンベリ  傷ついた天使のブックマークコメント

f:id:xai:20111021204347j:image

アテネウム美術館 ヒューゴ・シンベリ 油彩「傷ついた天使

アテネウム美術館(Ateneumin taidemuseo)にあるヒューゴ・シンベリ(Hugo Simberg)の油彩「傷ついた天使」(Haavoittunut enkeli 1903)は、晩年の作品になる。

f:id:xai:20111120230842j:image

アテネウム美術館 ヒューゴ・シンベリ エッチング「死の庭園」1899

ヒューゴ・シンベリの作品は、どれも死と隣あわせだ。嫌いじゃないよ。

「傷ついた天使」の二人の少年は、戦時中なんかの時代に多い子供の顔つき。だって、大人も子供も瀕死の時代だから、誰でも「人間の危機に直面した表情」をしているものだ。

ヒューゴ・シンベリは、この少年二人を、使命を果たさなければならない二人として描いたような気がするんだよね。少年たちの重々しい表情。

この天使は生贄なのかな。傷ついた羽に、目隠しされた天使。地につかぬ素足に、スノードロップ (snowdrop) を握る手。

花言葉は「逆境のなかの希望」だけれど、この天使、この花をどうしたのだろう。自分で摘んだのだろうか。それとも贈る花だったのか、贈られた花だったのか。気になるっ!

スノードロップの花は、贈られた者の死を望むという伝えがあるから。

追記 写真が見つかったので

f:id:xai:20111119210948j:image

タンペレ聖堂フレスコ画 ヒューゴ・シンベリ「死の庭園

このタンペレ聖堂にはヒューゴ・シンベリフレスコ画が満載。「傷ついた天使」のフレスコ画、「死の庭園」のフレスコ画のほかに、「花輪運び」がある。

f:id:xai:20111119223627j:image

タンペレ聖堂フレスコ画 ヒューゴ・シンベリ花輪運び」(C)WIKI

花輪運び」の少年たち。ヒューゴ・シンベリは、少年たちを並べてスケッチしたっていう話。この上にあるのがタンペレ聖堂フレスコ画の「傷ついた天使」だ。違いわかる?

f:id:xai:20111119225753j:image

タンペレ聖堂フレスコ画 ヒューゴ・シンベリ「傷ついた天使

ヒューゴ・シンベリは、悪魔や死をユーモラスに描くけど、そのほかの作品の人間は、凄みを潜めて描いている気がする。


恒例の作品記事リンク

肖像画

ヒューゴ・シンベリ 彫刻家の肖像画


風景

ヒューゴ・シンベリ ヘルシンキ美術館

Hugo Simberg ヒューゴ・シンベリ 風景画


神話精霊

ヒューゴ・シンベリ

ヒューゴ・シンベリ エルフの王

ヒューゴ・シンベリ「Satu(サトゥ)」

Hugo Simberg ヒューゴ・シンベリ 生命の流れ


寓意画

弦楽四重奏曲 by ヒューゴ・シンベリ


聖書宗教画

Hugo Simberg ヒューゴ・シンベリ 「アダムとイヴ」


死(死神くん)

ヒューゴ・シンベリ 死神くん


かわいそうな悪魔(かわいい悪魔

ヒューゴ・シンベリ かわいい悪魔 アテネウム美術館