xenoma日記 RSSフィード

2008-12-29

日進市立図書館は努力家である件について

ちょっと前にホッテントリに入ってた、日進市立図書館Amazon アフィリエイトについて。

今さら反応してアレだけど、さっき過去のホッテントリチェックしたんだから仕方がない。

私が知っている日進市図書館の努力について。

Amazon Web Services Developer Community : 紹介料について ...より一部引用:

紹介料について

Posted: Oct 11, 2008 11:40 PM PDT

アフィリエイトの紹介料に関する質問です。

現在、アフィリエイトのリンクを張っていますが、クリック数や、注文数がカウントされません。

リンクを張っている場所へのアクセス方法は以下のようになります。

1.http://lib.city.nisshin.lg.jp/ にアクセスする。

2.フレームの左側の蔵書検索欄に書名を入力し、検索する。

3.フレームの右側に表示される検索結果一覧からタイトルをクリックして、詳細画面を表示する。

4.詳細画面の左側にアマゾンへのリンクを用意しているので、そのリンクをクリックする。

5.カートに入れて購入する。

以上のような手順です。

Amazon Web Services Developer Community : 紹介料について ...

これは Amazon Web Services (AWS)ディスカッションボードの一記事だ。AWS にはクラウド・サービス (Amazon EC2) なんてのも含まれるが、日本語フォーラムはほとんど A2S (Amazon Associates Web Service) がらみの質問ばかりだ。つまり、アフィリエイト関係。

そんなところで、地方公共団体を示す「lg.jp」のアドレスを見て興奮しなかったといえばウソになります。だけどすぐに「公立図書館も予算的に大変なんだろうなあ、そんななか、こうやって努力してるんだな」と肯定的にとらえ、興奮した自分を恥ずかしく思ったものです。公がアフィって何が悪い。全国の図書館は見習うべきだとさえ思いました。*1

図書館がより市民にサービスできるよう、アフィリエイト収益を利用するのはいいと思います。蔵書増やすのにもカネはかかるので。地元の本屋の反応が気になるけどね。

あ、注文つけるとしたら、「アフィリエイト収益が何に使われる予定か」をサイト内に記述してほしいかも。図書購入費に充てられます、とか書いてあったら応援する人も出てくるんじゃないかな。

とここまで書いて

続き記事に気づいた。

「論議となりそうだ」ってのは、公がアフィとはけしからん!みたいな話かと思っていたら違ったのですね。何故 Amazon を利用するか、が問題か。

現状だと A2S が一番敷居が低いから利用したんじゃなかろうか。実験的に始めるなら、参加しやすく脱退しやすい方がいい。「とりあえず」始めてみるには Amazon アソシエイトは最適だと思う。個人サイト規模からニコニコ動画規模まで使用実績があるので、サイト規模によらず利用できる、とわかっているのもありがたい。

で、しばらくはこのまま続けていいと思う。おそらくは 10 月ぐらいから始めた Amazon でのアフィリエイトをしばらく続け、様子を見てから広告枠を売りつけを検討しても遅くはないと思う。

*1:個人で着服してるなら、話は別だ。マイレージ貯める、みたいなかわいさじゃないから