Hatena::ブログ(Diary)

xenothの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-12

無料だからこそいいものを

[RPGs]教材としてのD20・SRS

http://d.hatena.ne.jp/gginc/20080311/1205263234#20080311fn4

「個人利用」の範囲でフリーでまわして配布できるD&D簡易版みたいなシステムを作って、D&D3.5版3冊(2万円相当)を買う金がない子供たちにTRPGの面白さの基礎を伝えられるGMがいたら、既存システム全体の売り上げもだいぶ変わってくるんじゃないですかね?

無料のTRPGシステム自体は、良いアイディアだと思います。


ただ、確かにD&D3rd3冊だと高いかもしれませんが、それに関してはD&Dビギナーズセットとかありますな。フィギュア、フロアタイル、ルールサマリーつきで5000円。あのクオリティはなかなか。

D&Dに限らなければ、入門用という位置づけの文庫TRPGが1000円以内のが全国の書店で買えます。

今の日本においてTRPGは、そこまで高いものではないので、無料システムというのが、単に導入コストを減らす、というだけなら、画期的な価値はないでしょう。

無料でつまらないものよりは、千円払って面白いもののほうが良いということはあります。


無料システムにどのような価値を持たせるかは考えたほうが良いかと。

 いまデジタルゲーム業界でプランナー業をやってる方々は、学生時代のうちに多かれ少なかれ自分でそういう環境を作ってきたと思うのですが、そういうのを組織的に提供すれば、ゲームエリートならぬゲームデザイン・エリートが増え、今のゲーム業界ももっと面白くなるのではないでしょうか。今TRPGを現役で楽しんでいる人にとっても、悪くない投資ですね。

例えば、個人で買えないような専用ワークステーションとかプロ仕様ソフトとかに、若いうちから親しんでもらおう、という試みがありますね。そういうのは面白いと思います。

ただ、アナログゲームって、ぶっちゃけ、そこまで高くないですよね。

自分で買えよ、自分でっていうか。そこで自腹切らないやつが、エリートになれるわけないだろ、という。


最初の一歩として気軽に触れてもらう、という機会を作ったりするのは賛成です。が、「無料」にすれば人が増えるか、というと違うと思います。

どこまでデチューン*2を掛ければ、プロの方に迷惑がかからない「教材用システム」として認められるか。

デチューンかけるのはやめたほうがいいでしょう。

その無料TRPGシステムで、生まれて初めてTRPGに触れる人もいるわけですよね。そういう人に、わざわざ水で薄めたつまらんものを遊んでもらって、あんまりいいことがあるとは思えません。


無料TRPGシステムが「安い」というだけなら、それはたいしたメリットではありません。安かろう悪かろうというものは、誰も求めていないのです。

無料TRPGシステムに意味があるとしたら、非商業であるということを生かした、独自性、面白さを提示できるかどうかではないでしょうか。

D20システム、あるいはSRSシステムから商業TRPGの購入へと移行させる場合、どういう評価基準でTRPGシステムの〈システム選択能力〉を身に付けてもらえばよいか。


これは、D&Dばっかり遊んでD厨になったり、ソードワールドばっかり遊んでソ厨になったり、F.E.A.Rゲー遊んでばっかりでFEAR厨になったり、冒険企画局ばっかり遊んで冒厨になったり、Aマホばっかり遊んでα厨になったり、海外TRPGばっかり遊んで海外厨になったり、えーともういい? ともかくそういう偏食ゲーマーを生み出す不幸を防ぐためです。私はそれぞれのゲームは好きですが、そういう立場を黙認したまま〈システム選択能力〉を狭めるのはちょっとごめんです。

日本語の障壁を考えると、一番難易度が低いので使えるものはSRSですが、こちらはこちらで、2d6で進行管理となると、SRSからアクロバティックに進化した『天羅WAR』くらいうまくできるGMでない限りは、あまり面白そうなのができなさそうな感じがします。

前半は賛成です。色々なシステムを遊べるゲーマーが増えてほしいですね。

で、その同じ記事で「SRSは、2d6で進行管理があるからつまらんだろう」という風に安直にシステムをけなしてるのは、かなりどうかと思うのです。

ggincgginc 2008/03/12 16:47  システム基幹としての2d6をけなしているんじゃなくて、ゲームマスターの腕がよくないと、目新しくて面白い物をつくれないよ、ということですよー。もうかなりやりつくされてますからね。
 2d6のアイディアそれ自体は釣鐘状の分布がありますので、むしろ基礎から考える場合、有効性を知らないのは損だといえましょう。面白くて奥深いですよ、2d6。(そういうのを説明しないのがいかんのでしょうか)。

xenothxenoth 2008/03/13 00:28 1.初めてTRPGをする人に向けたゲームのシステムは、別に「目新しい」必要はない。枯れて実績のあるもので構わない(※1)。
2.システム基幹が枯れている、という話をするなら、D20も2D6も似たようなもの。SRSが劣るとする根拠はない(※2)。
3.天羅WARでない、アルシャードガイアとか風の聖痕は、「ゲームマスターの腕が良くないとつまらない」と言ってるように聞こえる(※3)
以上3点より、FEARゲーを貶めているように読めます。
意図的ではないと思いますが、意図的でないとしたら、むしろ、それ故に気を付けたほうがよろしいかと。

※1
初めてプレイする人向け専用システムを作る必然性はありますし、それは革新的なシステムになるかもしれませんが、その場合、D20とかSRSとかを、基幹システムだけで検討する意味はないですね。

※2
D20もSRSも、両方とも、枯れてて面白くなりそうにない、という話なら、そりゃ、追加ルールをつけて運用する前提のものを基幹システムだけで話してるからじゃないかと。

※3
あらゆるTRPGは、ゲームマスターがヘボだとつまらないのは当然ですが、SRSと名指ししてるからには、他のTRPGに比べてダメだと言ってるように読める。

ggincgginc 2008/03/13 11:13 基幹システム系に関してはD20もヘボですね(笑)。

 ただ、SRSはもっとリファレンスがあってもいいんじゃないかと思います。私が現時点で、D20に比してSRSをちょっと「厳しいなー」といっているのは、基幹アイディアのことではなく、その膨大なリファレンスの話なんですよ。

 具体的にはこのSystem Reference Documentあたり。
http://www.wizards.com/default.asp?x=d20/article/srd35

 これだけあるのに対し、SRSの方は「SRSプラグイン」しかない。あとは有料のFEAR製品を買って参考にする、くらいですかね。ここで「独自でデータを自作するゲームマスターの腕」が問われてきちゃう、っていうくらいの話で、別にFEARゲーを貶めてるなんてことは露ほどもないのですね。
 もちろん「国産の安価な製品を買ってそれを真似る」のと「英語翻訳の手間をかけて無料でつくる」のとでは拮抗するというかSRSの方がラクじゃないの? とか思うんですが、このSRDの膨大さをみると、自分はちょっと心が揺らいじゃいますね。
 SRSにも、こういうSRDなみの無料データがついているといいんですけどねえ。まだまだ先の話でしょうか。

 サポートでは国内随一の実力をもつFEAR,今後の展開によっては決して不可能な話ではないと思いますね。

 こう書いておくと、ここを見ていらっしゃるFEARの方が動いてくれそうな気もするので(笑)書いておきまーす。

xenothxenoth 2008/03/13 11:31 話題が二転、三転してますね。

1.SRSは2D6だからダメ。
2.2D6が悪いわけではないが、独自性がないから、よほどGMがうまくないと面白くならない。
3.独自性がないのは基幹システムだからだが、SRSはレファレンスが少ない。

同じ文章の中で、こうも、話が二転、三転すると、どうにも「SRSは悪い」という結論が最初にあって、次々とそれの根拠を探してるように見えます。

今回の話ですが、SRDは英語だが膨大な参考資料が既に用意されているのは、メリットとして大きい、という話ですね。ソレはその通りと思いますが、元々の記事には、そんなことは何一つ書いてないですね。

xenothxenoth 2008/03/13 11:39 ちなみに、なぜ、無料公開部分のコスト比較が出てくるのでしょうか?

「一般向け無料TRPG」は、一般プレイヤーがルールを手にするのが無料であるのでいいんであって、最初にシステム作るのに百万円かかっても別に構わないわけですよね。

SRSでゲーム作るなら、今あるSRSのゲームおよび他のFEARゲームも買えるだけ買って検討するでしょ、最低限。
商業展開も含めた全部の作品が、D20とSRSで量が違うというのはともかく、無料公開されてる部分の量が違う、というのは、なんで、そういう比較をしたいのかがわかりません。

やっぱりSRS叩きが(意識的にせよ無意識にせよ)最初にあるんではないかと勘ぐってしまいます。

xenothxenoth 2008/03/13 11:43 さてさてggincさんが、既にSRSで無料TRPGシステムを作成中、あるいは作成を試みたというのであれば良いんですが、もしそうでないとする場合。

フリーで提供されてるシステムに、「もっと機能増やせ。いや別に使ってないけど」と言うのは、どうにもこうにも、駄目なフリーライダーの典型だと思うのですよ。

SRSの無料資料が増えれば嬉しいのは確かですが、それは、最低限、実際に使ってる人が言うことでしょう。あるいはせめて、「使おうと思ったけど、ここが足りないんで困っている」という話なら、まだわかります。

でも「全然作る予定は立ってないけど、今んとこSRSよりSRDのほうがすごいよ」というだけなら「そうだね。じゃぁSRD使ったら?」で終わると思いますよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証