シアノンとAd[es]の気まぐれ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010/03/19

Windows Mobile 6 と 6.5.3 エミュレータイメージをむりやり共存させる方法

Windows Mobile 6.5.3 のイメージと、Windows Mobile 6 のイメージは同時にインストールできないみたいです。

Windows Mobile 6.5.3 Developer Tool Kitのインストールにはコツが必要 - (旧)Smart-PDA.net 管理者の日記


ですから、6を残しておきたい場合6.5.3を諦めなければならないし、

逆に6.5.3を入れたい場合は6を諦めなければなりません。


しかし、ここに興味深いことが書いてありました。

[!] WM6 のエミュレータが起動する場合

で、インストール後 WM 6.5.3 JPNのイメージを起動すると、Windows Mobile 6 のイメージが起動しました(笑)

以前に WM6 のエミュレータイメージを保存している場合は、そのイメージが残っていて、そいつが起動してしているようです。


6.5.3をインストールしても、6のエミュレータが起動するようなのです。


id:mikiofuku氏のブログで書かれているエミュレータイメージというのは、デバイスエミュレータのヘルプを見るとdessという拡張子のファイルに保存されているようです。

このdessというファイルは、"drive:\Documents and Settings\username\Application Data\Microsoft\Device Emulator"に保存されると書いてありました。

私の使っているOSVistaなので、"C:\Users\username\AppData\Roaming\Microsoft\Device Emulator"にありました。

例えば下記のようなファイル名になっています。(6のVGA用)


  • ファイル名: {0562D1AE-19FF-47CA-8845-65F9ECC663D6}.dess

この数字の羅列は、エミュレータを起動するときの引数の"/vmid"の値となっています。


6のdessファイルを削除すれば6.5.3のエミュレータが起動するということですから、dessファイルがあるときはそのファイル(dessファイル)を読み込み、dessファイルがないときはbinファイル(オペレーティング システム イメージ ファイル)を読み込むようです。


そこで、6のdessファイルは残しておいて、"/vmid"の値を別の値にしてやれば6.5.3のbinファイルを読みに行くのではないかと考えました。


6のVGA用のショートカットは下記のようになっていました。


  • リンク先: "C:\Program Files\Microsoft Device Emulator\1.0\DeviceEmulator.exe" /vmid {0562d1ae-19ff-47ca-8845-65f9ecc663d6} /defaultsave PPC_JPN_GSM_VGA_VR.BIN /memsize 128 /skin ..\Pocket_PC_Phone_VGA\Pocket_PC_PE_VGA.xml
  • 作業フォルダ: "C:\Program Files\Windows Mobile 6 SDK\PocketPC\Deviceemulation\0411\"

これを参考にして作った6.5.3のWVGA用のショートカットは下記の通りです。("/vmid"の値が違う)


  • リンク先: "C:\Program Files\Microsoft Device Emulator\1.0\DeviceEmulator.exe" /vmid {0562d1ae-19ff-47ca-8845-65f9ecc663d8} /defaultsave PPC_JPN_GSM_WVGA_VR.BIN /memsize 128 /skin ..\ppc_phone_480x800\ppc_phone_480x800.xml
  • 作業フォルダ: "C:\Program Files\Windows Mobile 6.5.3 DTK\PocketPC\Deviceemulation\0411\"

このショートカットで起動させてみると、6と6.5.3のエミュレータが両方とも動きました。

f:id:xianon:20100320010306p:image


ひとまず、同時起動については以上です。


ただ、このままだと6のdessファイルを消すと、6のエミュレータは起動できなくなってしまいます。

デバイスエミュレータの ファイル→保存された状態をクリア を選択しないように気をつければ良いと思いますが、binファイルから起動する方法も分かったのでそちらも記述しておきます。


6をインストールした状態で、"C:\Program Files\Windows Mobile 6 SDK"フォルダを丸ごとコピーして待避させます。

6をアンインストールし、6.5.3をインストールした後で、先ほど待避させたフォルダを元に戻します。


以上ですf(^^;)


[追記]6と6.5と6.5.3が起動するのを確認しました。

2008/08/12

JoeTune ver1.4.1(exeのみ)

ダウンロード

JoeTuneExe141.zip


tmytのらくがき - JTClickPosの座標の件で、プラグイン内でウィンドウを作成すると、座標がQVGA用になってしまうということが書かれていたので、対応したexeのみをアップロードしました。

JoeTune ver1.4.0に上書きして使用してください。