バンガロールに来ちゃったの(実録亞細亞とキネマと旅鴉) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

28-07-2008 (Mon) 稲取温泉旅行第二日

[]稲取→熱川→鎌倉 稲取→熱川→鎌倉を含むブックマーク 稲取→熱川→鎌倉のブックマークコメント

起きたらまずお風呂。昨夜見えなかった展望を取り戻しに展望大浴場へ行く。室内のお風呂で海を眺め、露天風呂で空を眺める。晴れているので昨日よりも海が青い。風呂上がりには金目味噌汁が提供された。味噌汁はあまり好きではないが、これはおいしかった。

部屋に帰って新聞を眺める。チェックイン時に、朝届ける新聞は何がいいかと訊かれたので、いったんは朝日と答えたものの、ローカルな新聞が楽しいと思って伊豆新聞にした。神奈川新聞(見たことないけど)レベルを期待したのに、本当に伊豆のことしか書いてない、ペラペラの超ローカル新聞だった。一面から昨夜の花火大会で、内容なさすぎ。「内容ないけどいいですか?」って訊いてほしかった。朝食は食堂でバイキング。バイキングって嫌い。

朝食後は予約していた展望露天風呂へ。4つあるうちの、海側の木のお風呂、三日月(左写真)である。せっかく海が見えるのに夜ではもったいないと思って午前中にしたが、なぜか値段も半額で大正解。全く日影のない炎天下だったが、時おり海風が吹いて気持ちよかった。でも露天焼けしたと思う。

f:id:xiaogang:20080803153319j:image f:id:xiaogang:20080803153318j:image

11時ごろチェックアウト。熱川温泉まで戻り、山桃茶屋(右写真)で昼ごはん(id:xiaogang:20080728#p2参照)。築250年以上の庄屋屋敷を改築したという、なかなか風情のあるところ。その後は、伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとのKenny's House Cafeでミルクソフトを食べたり、籠清(公式)でおみやげを買ったりしただけで、まっすぐ帰る。伊豆は晴れていたのに、伊東の先あたりから曇って雨がパラついたりした。行きと違って何度か渋滞し、16時半ごろ帰宅。伊豆は暑くても風が涼しかったのに、鎌倉は風ももわーっとしている。

[]山桃茶屋のへらへら餅 山桃茶屋のへらへら餅を含むブックマーク 山桃茶屋のへらへら餅のブックマークコメント

昼ごはんは熱川温泉近くの山桃茶屋。山桃定食というのが食べたいが、まだあまりおなかがすいていないので、うどんのランチとお蕎麦のランチにする。

f:id:xiaogang:20080803153403j:image f:id:xiaogang:20080803153404j:image

左写真に天ぷらとへらへら餅(右写真)がついている。写真はお蕎麦だが、お蕎麦はいまいちでうどんのほうがお薦め。ずらりと並んだ自家製のお漬物と、へらへら餅がおいしかった。へらへら餅というのは、小麦粉と卵とヤマモモで作ったお餅だそうだ。胡麻風味の味噌だれがかかってて、素朴な味がおいしい。何よりもネーミングがすばらしい。

ここは作右衛門宿という旅館もやっていて、古い屋敷や蔵に泊まれるようだ。ウェルカムへらへら餅が供されるとかで、今度ぜひ泊まりたい。