バンガロールに来ちゃったの(実録亞細亞とキネマと旅鴉) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

03-04-2009 (Fri) 追悼・大木実

[]『台湾に生きている「日本」』(片倉佳史)[B1337] 『台湾に生きている「日本」』(片倉佳史)[B1337]を含むブックマーク 『台湾に生きている「日本」』(片倉佳史)[B1337]のブックマークコメント

『台湾に生きている「日本」』読了。

台湾に生きている「日本」 (祥伝社新書149)

台湾に生きている「日本」 (祥伝社新書149)

最近、台湾に残っている神社の跡や鳥居などを見て喜んでいる紀行文やガイドブックが目につくが、そういったものを取り上げたハシリというか、この分野の第一人者がこの本の著者の片倉氏である。台湾在住であり、自分の足で何度も取材をして書かれているので、ちょっと行っただけで書かれたものとは違ってしっかりした内容。タイトルは少しヤバそうなにおいがするが、日本統治時代への言及にはけっこう注意を払い、全体として客観的な雰囲気で書かれている。

三部構成のこの本の第一部は、「台湾に生きている「日本」を歩く」。著者は以前にも『台湾 - 日本統治時代の歴史遺産を歩く』[B729](asin:4900901458)という本を出しているので、一部ダブっているものもあるが、それを除くとわりとマイナーなラインナップ。『台湾 - 日本統治時代の歴史遺産を歩く』は神社系が多かったが、今度は石碑が多い。石碑も時間が経てば歴史的な価値が出るだろうし、なぜそれが建てられたのかとか、それが倒されたり、あるいは大事にされたりといったその後の変遷とか、考察の対象としては興味深い。しかしたいてい芸術的、美学的な価値はないので、あまり見に行きたいと思うようなものではない。そもそも、石碑だの記念碑だの歌碑だのを作るという発想がどうも理解できない。

わたしが興味があるのは、神社や石碑よりも近代建築である。台湾は、旧満洲等と並ぶ近代建築の宝庫であり、しかも日本との関わりも深い。旧満洲や北京や上海の本は出ているのに、なぜか日本で台湾の近代建築の本は出ていない。誰でも出せるというものではないので、建築史研究者のみなさんよろしくお願いします。

第二部は「台湾人と日本人 - 日本統治時代の絆を訪ねて」。ここで気になるのは、「サヨンの鐘」が取り上げられていること。『練習曲』[C2007-32]で、新しく作られた鐘と、『サヨンの鐘』の歌を歌う原住民のおばあさんたちが出てきたところである。ここも残っているのは石碑だが、一度は行ってみたい(ロケ地だし)。この本には、映画『サヨンの鐘』[C1943-13]について、「国策映画は、戦争の終結と同時に消え去っていく運命にあったのである。」(p. 214)と書かれている。たしかに、清水宏の『サヨンの鐘』は消え去ったかもしれないが、これはたしか戦後にリメイクされていたはずだ。今その出典を見つけることができないが、このあたりの事情についてはもっと詳しい情報を知りたいところである。日本と国民党と台湾の関係は、そう単純ではない。

第三部は「台湾の言葉となった日本語」。「オバサン」や「ウンチャン」は有名だが、ごく一部で使われているものも含め、いろいろ紹介されている。おもしろいのは、ブヌン語にあるという男っぷりを賞賛する言葉、「オトコダー」。どの映画だったか忘れたが、大木実が音頭をとって、「ひとつ、男で生きたい」「ひとつ、男で死にたい」とか唱和するシーンがあって、「男」といえば大木実を連想する。ちょうど昨日、この項目を読んでそんなことを考えていたら、大木実の訃報が流れた。非常に残念である。追悼の意味で、大木実の魅力全開の『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]のDVDをぜひとも出していただきたい。

katetakekatetake 2009/04/05 19:42 田村志津枝氏の『はじめに映画があった』に、『サヨンの鐘』リメイクについての記述があったと思います。

アカコアカコ 2009/04/05 20:27 1958年に周金波が脚本を担当した『紗蓉』のことですか。

xiaogangxiaogang 2009/04/07 03:45 katetakeさん、アカコさん、ありがとうございます。
たしかに『はじめに映画があった』に“紗蓉”について書かれていました(あまり詳しいことはわからないのですが)。なんとなく『義人呉鳳』のリメイクとセットで論じられていたのを読んだような気がしていたのですが、たぶんわたしの勘違いでしょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/xiaogang/20090403