バンガロールに来ちゃったの(実録亞細亞とキネマと旅鴉) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

24-12-2011 (Sat) 香港旅行第二日

[]2011年12月24日のつぶやき 2011年12月24日のつぶやきを含むブックマーク 2011年12月24日のつぶやきのブックマークコメント

★ツイート時間は日本時間(香港時間は-1時間)。

[][][]上環→半山區 上環→半山區を含むブックマーク 上環→半山區のブックマークコメント

6時すぎに起床。ホテルにはいちおう朝食がついているみたいだが、外で食べたいのでパス。出かける準備をして、近くの海安[口架]啡室へ行く。赤いベンチや天井の扇風機や店内の‘海安[口架]啡’の文字がレトロでかわいいが(↓左写真)、ことさらに小綺麗にしたりかわいさを強調したりしていないため、オヤジもふつうに馴染む冰室である。そして香港の朝食といえば早餐(モーニングセット)。火腿通粉、牛油餐包、咖啡または茶でHK$21。通粉を麺に変えるとプラスHK$2。もちろん火腿麺(↓右写真)に変え、咖啡を選ぶ。通粉(マカロニ)のほうがいかにも香港の朝食だけど、わたしはこのインスタントラーメンスープを食べたくて香港に来ているといっても過言ではない。

f:id:xiaogang:20120106094950j:image f:id:xiaogang:20120106094817j:image

ラーメンとパンとバターで過剰にエネルギー補給したあとは、さっそくロケ地探しを開始。今日は、上環から中環の坂道、石段、路地を歩き倒す予定である。まずは西環方面の『神火101 殺しの用心棒』[C1966-49]ロケ地候補へ行ってみたが違っていたので、荷李活道の文武廟へ(↓左写真)。ここは『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]でも、健さんがタクシーで通り過ぎるときにちらっと映るけれど、もっとはっきり出てくるのは『神火101 殺しの用心棒』。

f:id:xiaogang:20120106213010j:image f:id:xiaogang:20120106212821j:image

ほかでも書いているように、『神火101 殺しの用心棒』の序盤の竹脇無我と高松英郎の追跡劇は、逃げる竹脇無我が灣仔→中環→上環→香港仔を駈けぬけるという無茶さ加減。実際の位置関係は無視しているのだろうが、灣仔と香港仔は地名が登場している。上環のシーンではっきりわかるのは文武廟で、竹脇無我は脇の樓梯街を山側から走ってきて(↑右写真)、荷李活道を文武廟のほうに曲がる。追って来たはずの高松英郎は、逆に樓梯街を山側へ走って行く。ここまでのシーンでも、竹脇無我と高松英郎はそれぞれ違う場所を走っていて、追えているのかいないのかよくわからないが、ふつうに考えるとここでまいたことになる。しかしそれなら、竹脇無我はわざわざ香港仔まで逃げることもあるまい。文武廟の次のショットはもう香港仔で、追っ手は出てこないけれど竹脇無我はまだ走っており、しきりにうしろを気にしている。かなり不思議な追跡シーンである。

上環では文武廟しかわからないので、逆にここから逆行してみようと思い、竹脇無我が走って来たはずの樓梯街を上る。樓梯街は『東京ギャング対香港ギャング』のロケ地でもある。健さんが龍を訪ねるシーンの最初のショットで、健さんが下りてくる石段が樓梯街(↓左写真)。文武廟から少し上ったところで、右側に香港中華基督教青年會(YMCA)必列者士街會所(中央會所)の煉瓦が見えている。ここは、樓梯街から見ると、突き出した塔のような部分や、‘基督教青年會’の文字が書かれた煙突が特徴的だが、正面にまわるとかなり大きな建物(↓右写真)。1918年竣工、香港一級歷史建築物。ちなみに樓梯街も香港一級歷史建築物である。

f:id:xiaogang:20120107160839j:image f:id:xiaogang:20120107160838j:image

樓梯街をさらに上る。老沙路街と交差した少し上のあたりが、煉瓦塀からみて高松英郎が石段を上っているところではないかと思われる*1(↓左写真)。やがて樓梯街は堅道に突き当たって終わる。樓梯街の隣の城皇街も堅道に突き当たって終わるが、ここはもしかしたら高松英郎が石段を上りきるところかもしれない(↓右写真)。なんとなく地形の感じからそう思うのだが、まわりの建物がすべて変わっているので確証はない。

f:id:xiaogang:20120107175755j:image f:id:xiaogang:20120107175756j:image

ここから衛城道の、『欲望の翼(阿飛正傳)』[C1990-36]のトンネルに向かう。このあたりの建物はほとんど高層マンションに建て変わっていて、オールド香港的な風情はまったくない。まずはロケ地近くの公廁を目指したが、なんと男子トイレしかなかった。公廁の位置が全部書いてあるのが“香港街道地方指南”のありがたい点だけれど、こういうことも明記されているとうれしい。

衛城道は、複雑な弧を描いて干徳道、羅便臣道と立体交差している。ロケ地のトンネルは干徳道の下をくぐっているが、この公廁のあたりから見ることができるというのが新たな発見(↓左写真)。干徳道から衛城道を下り、ロケ地のトンネルを13年ぶりに訪れる。わたしにとっては、香港映画のロケ地のなかで最も魅力的な場所のひとつ。干徳道の、映画のなかでバス停があったあたりは工事が行われており、トンネルの部分も工事中(↓右写真)。

f:id:xiaogang:20120110162045j:image f:id:xiaogang:20120110162047j:image

『欲望の翼』でここが出てくるシーンは4回あり、このトンネルの両側が似たようなアングルで数回ずつ出てくる。南側は、映画のなかでは電話ボックスが置かれていた半円形の路肩部分が右手に見えるアングルが多く、俯瞰のショットが多かった(↓左写真)。北側からトンネルを捉えたショット(↓右写真)では、左手に張曼玉(マギー・チャン)や劉徳華(アンディ・ラウ)が立っていた。また、ここは『密告・者(綫人)』[C2010-31]にも出てきたはず。映画からはわからないけれど、ここは一方通行の自動車道なので、見通しがきかないにもかかわらず車がスピードを出してどんどん下ってきて、なかなかのんきに写真撮影などしていられない。

f:id:xiaogang:20120110162046j:image f:id:xiaogang:20120110162048j:image


より大きな地図で 映画に登場する香港 を表示

[][][]半山區→上環→中環 半山區→上環→中環を含むブックマーク 半山區→上環→中環のブックマークコメント

ふたたび上環方面に戻り、城皇街を下る。永利街と交差するあたりは、『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]のロケ地と思われる。冒頭の、内田良平が健さんをつけていくシーンで、最後に健さんが内田良平に声をかけるちょっと前の部分で、まず健さんが石段を下り、そのあと内田良平が同じところを下る(↓左写真)。背後に永利街の角の、特徴的な建物が見えている。

f:id:xiaogang:20120112182054j:image f:id:xiaogang:20120112181926j:image

未見だが、“歲月神偷”のロケ地になり、保存が決まった永利街は、建物のリストアが進行中だ(↑右写真)。当然、修復前のボロい建物のほうが味があり、全部終わるとピカピカな感じになりそうなのが懸念される。

そのすぐ下の、必列者士街街市のあたりも『東京ギャング対香港ギャング』のロケ地で、前回も確認したところ。上述の、永利街附近を下る直前、健さんは士丹頓街を東から歩いてきて街市の前で立ち止まり(↓左写真)、城皇街を下っていく(↓右写真)。そのあと内田良平が同じコースをたどる。ここで城皇街を下っているのに、その直後に城皇街のここより上を下っているというのは実際にはおかしい。

f:id:xiaogang:20120112182055j:image f:id:xiaogang:20120112182056j:image

ここまでで午前の部は終わりにして、蘇杭街まで一気に下る。永合成餐廳餅店で早めの昼ごはん。窩蛋牛肉煲仔飯(↓左写真)、青菜(↓右写真)、例湯などでHK$98。今日の例湯はボルシチ風。煲仔飯が炊けるまでかなり待たされるので、空腹感に比例して期待感もいや増す。ついに運ばれてきた窩蛋牛肉煲仔飯は、おいしかったけれど期待ほどではなかったかも。

f:id:xiaogang:20120112215848j:image f:id:xiaogang:20120112215847j:image

昼食後はふたたび樓梯街へ行き、四方街で曲がる。『東京ギャング対香港ギャング』で、龍を訪ねるため樓梯街の石段を下りてきた健さんは、四方街へ左折する。その次のショットで歩いているのが四方街(↓左写真)。案内役の男を見つけて声をかけるのもこの通りだが、その場所はわからなかった。このあと健さんはこの男と龍の事務所まで歩くので、水池巷など周辺を歩いてみたが、出てくるところはぜんぜんわからなかった。

f:id:xiaogang:20120113105514j:image f:id:xiaogang:20120113105657j:image

上環での仕事はいちおう終了したので、中環方面へぶらぶら歩く。卑利街でパンダの看板に惹かれてMORN CREATIONS(日出意念)のお店に入り、パンダのエコバッグを買う。オリジナルキャラクターらしいパンダはいまひとつかわいくないのだが、パンダの顔型のポケットにたたんで入れられるのが気に入った。伊利近街と些利街の交差点で、『恋する惑星(重慶森林)』[C1994-38]などのロケ地でもある行人電動樓梯に遭遇(↑右写真)。残念ながら今回は乗る暇がなさそう。

域多利監獄などの古い建築群を通り過ぎて徳己立街周辺へ。ここも『東京ギャング対香港ギャング』のロケ地で、歷山大廈前で待ち合わせをした健さんと内田良平が、次のショットで歩いているのが徳己立街。そのことは、映画に映っていた冰室の看板を古い写真で見つけてわかったのだが、今では建物も看板もすっかり変わっているので確認のしようもない。そのあとふたりが歩いているのは、徳己立街を曲がったところ(↓左写真)と、この崖の上の細い道(↓右写真)だと思われる。ここも建物などはすっかり変わっているが、地形が特徴的なのでわかった。ふたりはその後も細い石段を上ったり下ったりしてキークラブへ行くのだが、ぜんぜんあてがないので諦めて石段探索はこれにて終了とする。

f:id:xiaogang:20120113183442j:image f:id:xiaogang:20120113183441j:image

近くまで来たついでに蘭桂坊へも行ってみる。『恋する惑星』ロケ地のMidnight Expressは7-ELEVENに(↓左写真)、Californiaは閉店してビルごと改装(建て替え?)中だった(↓右写真)。1994年の映画のロケ地さえもうないのだから、1964年の映画のロケ地を探すなんて至難の業だとふと思う。石井輝男のロケ地はほとんど街路だから、なくなってはいないと思うけれど、建物などが変わってしまったら見つけようがない。

f:id:xiaogang:20120113183658j:image f:id:xiaogang:20120113183657j:image

香港島には近代建築がたくさんあるが、前回精力的に見てまわったので、時間のない今回は通りかかったら写真を撮る程度にとどめている。特に中環の山の手にはたくさん集中していて、このあたりでは旧・牛奶公司倉庫(現・香港外國記者會)(↓左写真)や聖公會會督府(Bishop's House)(↓右写真)を見た。牛奶公司倉庫は1892年竣工、會督府は1848年竣工。ともに香港一級歷史建築物。

f:id:xiaogang:20120113162121j:image f:id:xiaogang:20120113162122j:image


より大きな地図で 映画に登場する香港 を表示

[][]中環 中環を含むブックマーク 中環のブックマークコメント

炮台里へ。前法國外方傳道會大樓(現・香港終審法院)(↓左写真)や聖約翰座堂(St John's Cathedral)(↓右写真)があり、公園のようになっている。意外にも観光客がたくさんいたが、日本人は見かけない。ふつうの(建築マニアではない)日本人観光客が、香港で教会や建築を見るというのは想像できないのだが(澳門では見るだろう)、ガイドブックには載っているのだろうか。前法國外方傳道會大樓はLeigh & Orange建築師事務所設計、1917年竣工。聖約翰座堂は1849年竣工。ともに香港法定古蹟。

f:id:xiaogang:20120119135730j:image f:id:xiaogang:20120119135731j:image

聖約翰座堂は実は『神火101 殺しの用心棒』[C1966-49]のロケ地である。花園道側から見ると、現在は聖約翰座堂、長江公園、長江集團中心と並んでいるが、当時は長江公園の場所に立体駐車場が、長江集團中心(↓左写真)の場所に希爾頓酒店(HK Hilton)があった。希爾頓酒店は『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]で健さんが泊まっているホテルだが、『神火101 殺しの用心棒』の冒頭にも出てくる。盗聴器が仕掛けられた部屋で銃撃戦が勃発するところだ。花園道をはさんで向かい側の、現在中銀大廈、花旗銀行大廈、中國工商銀行大廈があるところは、当時広大な駐車場で、ここで録音テープをめぐってさらに銃撃戦が繰り広げられる。そのシーンの最後のほうで聖約翰座堂が映っており(↓右写真)、これが当時の面影を残すほとんど唯一のものだ。この駐車場からは立法會大樓なども見えていたが、今は高層ビルだらけで空さえろくに見えない。

f:id:xiaogang:20120119143352j:image f:id:xiaogang:20120119143622j:image

新しいほうの中銀大廈よりずっとかっこいい中國銀行大廈へ。まずは、銀行街側から『欲望の翼(阿飛正傳)』[C1990-36]に出てくる時計を見る(↓左写真)。張曼玉(マギー・チャン)が劉徳華(アンディ・ラウ)の巡回についていくシーンで出てくるところ。表にまわる。『神火101 殺しの用心棒』で、車に乗った竹脇無我がガールフレンドの一人と偶然会うのも中國銀行大廈の前(↓右写真)。中國銀行大廈は、Palmer & Turner設計、1951年竣工、香港一級歷史建築物。

f:id:xiaogang:20120119143122j:image f:id:xiaogang:20120119143623j:image

次は皇后像廣場。『東京ギャング対香港ギャング』にも出てくるが、『ならず者』[C1964-31]では健さんと三原葉子が待ち合わせをするところ。そのシーンの最初のショットでは、三原葉子が和平紀念碑の前で待っている(↓左写真)が、彼女が立っていたところは立ち入り禁止だった。和平紀念碑は香港一級歷史建築物、右後方に見える立法會大樓は、Aston Webb、E. Ingress Bell設計、1912年竣工、香港法定古蹟で、この当時は最高法院。健さんがやってきてふたりで話しているところでは、煙草をくわえるときに健さんのうしろに文華東方酒店(Mandarin Oriental)が見えている(↓右写真)。

f:id:xiaogang:20120119155242j:image f:id:xiaogang:20120119155243j:image

同じく『ならず者』で、山頂で鹿内タカシと待ち合わせた三原葉子は、まず山頂纜車(ピークトラム)に乗り、それから香港電車(トラム)、人力車と乗り継いで、麻薬横取りの相談を続ける。そのトラムの場面で走っているところのひとつが徳輔道の香港滙豐總行大廈の前(↓左写真)。といっても現在の第四代ではなく、1935年竣工の第三代のもの。ほかの建物もほとんど替わってしまっている。

f:id:xiaogang:20120119155244j:image f:id:xiaogang:20120119155029j:image

これにて今日の主な任務は終了。今日はいちおうクリスマス・イヴで、皇后像廣場にはクリスマスツリーやTIFFANY提供のこんな回転木馬もお目見えしていた(↑右写真)。ちょいと乗ってみたかったけれど、行列ができていたのでやめる。


より大きな地図で 映画に登場する香港 を表示

[][][]中環→大坑→銅鑼灣→中環→上環→尖沙咀→上環 中環→大坑→銅鑼灣→中環→上環→尖沙咀→上環を含むブックマーク 中環→大坑→銅鑼灣→中環→上環→尖沙咀→上環のブックマークコメント

甘いもの補給のため、MTRで天后まで移動。今日はフルーツ系が食べたいので、大坑の小甜谷へ。満席のためちょっとそのへんをぶらぶらしてから入店。わたしは楊枝甘露(HK$27)(↓左写真)、J先生はたぶん芒果涼粉西米露(HK$26)(↓右写真)を食べる。

f:id:xiaogang:20120122165345j:image f:id:xiaogang:20120122165344j:image

銅鑼灣に向かって歩く。途中、前回も見た聖公會聖馬利亞堂(St. Mary's Church)を見る(↓左写真)。『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]で、虎豹別墅から筲箕灣方面へ向かう健さんと内田良平が通りかかるところ。1937年竣工、香港一級歷史建築物。

f:id:xiaogang:20120123172130j:image f:id:xiaogang:20120123172131j:image

銅鑼灣では、かつて豪華戲院(Hoover Theatre)があったところへ行く。豪華戲院も『東京ギャング対香港ギャング』にちらっと出てくる。洋服を取り換えて健さんになりすました内田良平がおとりになって逃げるシーンで映る(↑右写真)。内田良平を乗せたタクシーは横の邊寧頓街を向こうから走ってきて、豪華戲院の角で停まる。このとき上映されているのは“The Thrill of It All(スリルのすべて)”という、ドリス・デイ主演のアメリカ映画。豪華戲院は今はなく、跡地には百利保廣場というビル(今もこの名前なのかよくわからない)が建っているが、邊寧頓街の向かい側には当時と同じビルが残っているようだ。当時はもちろんなかった円形の歩道橋が楽しい。

商務印書館に寄り、“電影朝聖 Film Pilgrimage”(王冠豪)というロケ地本を買う(HK$98)。同名のブログ(LINK)を書籍化したもの。“香港街道地方指南”の2012年版もやはり出ていたけれど、迷った末に買うのはやめる。

J先生は洪金寶(サモ・ハン)のトラム(↓左写真)、わたしは丸い建物(↓右写真)を撮ったりしながら、灣仔方面へ歩く。

f:id:xiaogang:20120123180232j:image f:id:xiaogang:20120123180341j:image

途中、やはり丸い外観に惹かれて(↓左写真)、通りすがりの瑞士[口架]啡室へ。内部は四角くてがっかりしたが、めずらしくダウンを脱げるほど暖かくてうれしかった。奶茶(HK$11)などを飲んでしばらくまったりする。

f:id:xiaogang:20120123180342j:image f:id:xiaogang:20120123180407j:image

MTRで中環に移動。砵典乍街の屋台で紅包などを買ってから、龍記飯店でクリスマス・ディナーとは無縁の晩ごはん。乳豬雙拼飯、野菜などでHK$120。乳豬雙拼飯(↑右写真)は皮がパリパリでおいしいけれど、甜醤がその名のとおり甘すぎて、啤酒なしには食べられないのに啤酒は置いていない…ということで完食できなかった。すぐ近くの泰昌餅家で蛋撻(1個HK$5)を買って、いったんホテルに帰る。

クリスマスとはとことん無縁の旅をしようかとも思ったが、せっかくクリスマスに来たのだからイルミネーションでも見ておくことにする。花火などの情報は見つからなかったので、とりあえずMTRで尖沙咀まで行って、天星小輪で帰ってくることに。今回の旅行では初めて半島側に渡り、尖沙咀の出口を出ると、梳士巴利道は歩行者天国で人があふれている。人波に乗って天星碼頭方面へ歩く。半島酒店(The Peninsula)のイルミネーション(↓左写真)は、色づかいがケバケバしくなくて美しい。

f:id:xiaogang:20120124075200j:image f:id:xiaogang:20120124075000j:image

天星碼頭近くから、中環〜灣仔のイルミネーションを眺める(↑右写真)。もともとイルミネーションとか夜景とか、電気系のものには興味がないので、美しいというより色とりどりでケバすぎると思う。豪華に天星小輪の上層に乗って、香港島へ引き揚げる。中環のイルミネーションは、尖沙咀で人に押されながら眺めるよりも、フェリーに座って眺めたほうがゆったりと見られるし、ゆらゆらしてきれいだ。あっという間に中環に到着し、國際金融中心商場のApple Storeが大勢の客でにぎわっているのを横目で見ながら駅まで歩き、MTRで上環へ。

7-ELEVENで夕食で飲みそこねた生力啤酒を買って尚豪酒店に帰る。今日の歩数は36127歩。もう一駅か二駅分歩いていたら4万歩になったかと思うと悔しい。シャワーのあとで、生力啤酒を飲んで泰昌餅家の蛋撻を食べる。蛋撻はとてもおいしかったが、やわらかいので食べ歩きには向かなそうだ。


より大きな地図で 映画に登場する香港 を表示

*1:ここはあとで写真を見て気づいたので、アングルなどは異なっている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/xiaogang/20111224