Hatena::ブログ(Diary)

西安観光ブログ:中国西安旅行観光ガイド/観光地案内/観光スポット紹介/観光見所情報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Pingoo! 【ALA!中国】

西安旅行徹底ガイド〜フォートラベル 西安旅行のクチコミサイト〜フォートラベル 世界遺産・遺跡・秘境徹底ガイド〜フォートラベル 歴史・文化・芸術徹底ガイド〜フォートラベル

西安は昔から長安と呼ばれ、中国歴史上で最も重要な時代周、秦、漢、唐など13王朝が西安に都を定め、西安は中華民族の歴史と文化の発祥地として、また、かつてはシルクロードの出発点であり、歴代皇帝のお墓、仏教史に残る名刹/お寺、古代遺跡などの文化遺産が西安に遺されています。なかでも、1987年に世界八大奇跡に登録された秦始皇帝陵と兵馬俑坑があります。また、2014年6月22日にシルクロードが世界文化遺産に登録されたことにより、シルクロードの起点としても西安の世界文化遺産は1カ所から8カ所に増え、西安の漢長安城跡(未央宮遺跡)、唐長安城跡(大明宮含元殿遺跡)、大雁塔(慈恩寺)、小雁塔(薦福寺)、興教寺、張騫墓、彬県大仏石窟の7カ所も世界文化遺産に登録されました。また、昔から、遣隋使、遣唐使を受け入れ、西安は日本とのかかわりも深くて、現在も京都市と奈良市とで友好都市の関係にあります、遣唐留学生阿倍仲麻呂、井真成、吉備真備、弘法大使空海大師などのゆかり地も現在の西安に遺されています。西安は毎年2500万人以上もの観光客を国内や海外から迎えています、皆様へお役たち西安観光情報満載のブログを作って行きたいと存じますが、ご質問 、ご要望などが何でもお気軽に弊社<中国金橋国際旅行社西安支社>へお聞き下さい。弊社スタッフ一同頑張って参ります、自由自在の中国内陸(中国西部)の西安、シルクロード、チベット、九寨溝等の個人旅行も格安手配できます、ご要望に沿ったアレンジも致します、詳しくはお電話又はメールにてお気軽にお問い合せ下さい!お客様の声(新)お客様の声(旧)中国金橋国際旅行社西安支社<西安金橋国際旅行会社>中国語ブログ(新)中国歴史の勉強になる旅行

西安郊外の各種ツアー
西安金橋国際旅行社/西安金桥国际旅行社(せいあんきんきょうこくさいりょこうしゃ/xi`an jinqiao guoji lvxingshe)


住所:西安市西大街安定広場3号楼A座503室(本部)、4号楼2単元4階418室(日本部)

個人ツアーが弊社の得意で、歴史に詳しい日本語ガイドがご希望の行き先を組み合わせお見積もりします。
食事もお好みに合わせアレンジ可能、ご自分のペースで効率よく動けます。
西安情報満載の弊社ブログもお役立ちますから、是非ご覧ください。
シルクロード新幹線や路線バスなどの旅も応援しております。
列車、バス、ローカル劇(易俗社等の秦腔)、歌舞ショー等の切符手配代行料がそれぞれ1枚70元です。
車チャーターは市内1日400元、日本語ガイドは1日400元です。
その他、西安郊外の各種ツアーのアレンジも行っております。

▅東線ツアー/兵馬俑、秦始皇帝陵(or秦陵地宮)、鴻門宴(or半坂遺跡)、華清池、青龍寺(or大雁塔)。ひとり500元
▅南線ツアー/香積寺、興教寺、草堂寺、水陸庵(小敦煌)。ひとり800元
▅西線ツアー/法門寺、五丈原、太公望の釣魚台等。ひとり1200元
▅北線ツアー/黄河壷口瀑布(滝)、延安、黄帝陵。延安1泊必要、別途連絡
▅西北線ツアー/咸陽博物館,茂陵,楊貴妃墓,乾陵永泰公主墓。ひとり900元
▅東北線ツアー/司馬遷墓・祠、黄河、韓城、党家村、登龍門。ひとり1600元
▅崋山ツアー/崋山、西岳廟(五岳第一廟と陝西故宮とも謂れ)。ひとり800元
▅黄河ツアー/黄河壷口瀑布(滝),黄土高原とヤオトン(車窓)。ひとり1800元
▅漢中三國志ツアー/褒斜桟道、武侯墓・祠、馬超墓、定軍山等。ひとり1700元
▅秦代大規模工事遺跡巡りツアー/鄭国渠、秦直道等。ひとり1400元
▅秦<キングダム>ゆかりの地を巡るツアー/函谷関、秦魏長城、秦始皇帝陵と兵馬俑坑、秦始皇帝祖母<宣太后(芈月)>墓、秦坑儒谷、秦庄襄王<始皇帝の父>墓、秦二世<胡亥>墓、秦阿房宮前殿遺跡、秦公<景公>一号大墓、秦雍城遺跡、秦文化の真の発祥地<天水礼県大堡子山遺跡と秦文化博物館>、秦の領土拡大に貢献した秦大将軍白起墓、秦咸陽宮遺跡と博物館、鄭国渠<灌漑水路>、秦直道起点<秦林光宮漢甘泉宮>、石門関秦直道<秦直道博物館>、秦大将軍王翦墓、秦名将王賁墓、最も完璧な秦直道、秦直道アプローチ遺跡、太子扶蘇墓、秦大将軍蒙恬墓、秦長城など、別途連絡
▅パンダツアー/秦嶺四宝(パンダ・キンシコウ・トキ・ターキン)。ひとり700元
▅麦積山ツアー/秦嶺山脈西端の麦積山石窟(世界遺産)。ひとり1800元
▅三国志ツアー/葫蘆峪,五丈原,仲達台,陳倉城,大散関等。ひとり1500元
▅石窟ツアー/彬県大仏寺、王母宮石窟、南・北石窟寺。ひとり1800元
▅函谷関ツアー/秦の時代の函谷関、風陵渡黄河風景区。ひとり1500元
▅秦漢遺跡巡りツアー/秦阿房宮,秦咸陽宮,漢劉邦墓,漢陽陵,漢長安城。別途連絡
▅農民画ツアー/東韓農民画村体験、農民画名家訪問等。ひとり800元
▅磁器ツアー/耀州窯博物館、唐宋耀州窯遺跡、陳炉古鎮。ひとり1300元
▅陝西民芸品ツアー/版画、泥塑、馬勺臉譜の伝人訪問。ひとり1500元
▅黄土高原窯洞ツアー/天下ヤオトン第一村終日体験。ひとり1100元
▅書道ツアー/碑林博物館、書院門散策、拓本作り体験等。別途連絡
▅遣唐使足跡巡りツアー/朱雀通り、興慶宮、西北大学、環城公園、大明宮。
▅西安事変ツアー/華清池、張学良公館、楊虎城記念館・墓、八路軍事務所など
▅漢詩ゆかりの地巡りツアー/渭城,杜公祠,曲江,青龍寺,大雁塔,西門など
▅歴代シルクロード起点遺跡ツアー/漢未央宮(漢長安城)、唐大明宮、明西門等
▅自転車ツアー/自転車でゆっくり西安市内又は郊外の遺跡巡り
 ...  ...
(ツアー代金は車両、ガソリン代、高速料金、駐車場代、運転手当、日本語ガイド料を含む<GW等の連休日は2〜3割程度高くなります、ご了承下さい>。
入場料や昼食代は別途その時お支払いして頂いています。市内のお泊まりホテル発着、毎日2名より催行<追加料金で1名でも催行可能>)

電話:日本部=00862987611350、00862983710118、00862985657531(国際電話の掛け方);
日本部=02987611350、02983710118、02985657531(国内電話の掛け方);
日本語24時間対応=+0086-13772192936(携帯、24時間対応);
FAX: 日本部=+0086-(0)298933-8076;
オ:4月〜10月9:00〜18:00(夏);
    11月〜3月9:00〜17:30(冬)
休:なし;
力:なし
E-mail:xiaojunn@gmail.com 
blog:http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/
http:http://www.geocities.jp/niwang2009/
line:seian_gei
facebook:nxiaojun
linkedin:西安金橋国際旅行社

 | 

青龍寺

| 22:39 | 青龍寺を含むブックマーク 青龍寺のブックマークコメント

f:id:xiaojun:20081025214220j:image

西安青龍寺の写真

f:id:xiaojun:20030101131527j:image

西安空海記念碑の写真

青龍寺

青竜寺は唐代の長安城新昌坊の東南隅にありました。隋の文帝の開皇二年(582年)にこの地に霊感寺が建立されたのに始まります。霊感寺はその後、戦乱のため廃絶しましたが、唐の高宗の竜塑二年(662年)になって、城陽公主が観音寺として復興しました。更に、唐の睿宗の景雲二年(711年)に青竜寺と称するようになりました。この寺は高台にあります。昔は初唐の政治の中心地であった大明宮とこの寺を結ぶ直線の大通りがありました。唐の名僧恵果は766年からこの寺に入山しました。この前、彼は大興善寺で長安に居たインドの名僧不空の直弟子として、密教を深く学びました。恵果は青竜寺で住職になり、真言大教を創立した僧です。彼はこの寺でそれを日本や中国の僧に伝授しました。従って、この寺は日本とも深い関係を持っています。唐の徳宗貞元二十年(804年)に第十六回の遣唐使に随行した弘法大師空海がここに止まって、東塔院にいた恵果阿闍梨から真言密教を学んで帰国したことは広く知られています。彼は長安で三年間、真言密教を中心に、儒教、道教、医学、音楽及び料理などの知識を勉強して身につけて806年に帰国の途につきました。帰国後、空海は高野山に金剛峰寺を建立して真言宗を確立しました。また、漢字の草書体を利用してひらがなを作ったとも言われ、日本の歴史で弘法大師は三筆と尊称されています。唐の高宗顕慶三年(658年)から唐の宣宗大中三年(849年)までの間に日本から19回遣唐使が長安に派遣されています。長安で仏法と諸文化を学んだ著名な(入唐八家)の中の六家、即ち空海、円仁、円行、円珍、恵運、宗睿は青竜寺に入って密教を修行しました。空海に因縁ある四国四県と日本の真言宗門徒衆は、中国仏教協会及び西安市政府の協力の下に、1982年2月、青竜寺遺跡に空海記念碑が建立されました。高さ9.5mの大理石造りの記念碑は三層になっていて、正面には空海記念碑の五文字が金文字で刻まれ、東側には空海の経歴が、西側には記念碑建立の異議が、北側には記念碑建設の経過がそれぞれ刻まれています。記念碑のそばに四つの大きな円形の石燈があります。これは四国四県を象徴しています。記念碑の真正面に回廊に挟まれている展示室があり、空海とその関係文献などが展示されています。また、西安市の提唱により、日本の空海崇拝者の協賛を得て、1984年に青竜寺東塔院遺跡に恵果・空海記念堂が再建されました。堂の中には空海と恵果の説法像が並べられています。この記念堂は大雁塔の西側の石門の横木に線彫されている唐代の殿堂図と寺院の本堂の構造を参考にして建立されたものです。そのため、唐代の寺院建築の風格に富んでいます。工事中に古青竜寺の門址、塔址、殿堂の遺跡から出土した唐の蓮花模様の煉瓦、瓦當、鴟尾破片、鍍金小仏像、石刻仏像、唐三彩の皿・碗などがその中に展示されています。
住所:西安市西影路鉄炉廟村北 電話:029−85521498
営業時間:8:00−18:00 入場料:10元 普通の観光所要時間:約40分間

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/20081025/1224941970
 |