Hatena::ブログ(Diary)

EC-CUBEのカスタマイズならクロスキューブ!サイト制作メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-02-28

Mauti マーケティングオートメーション

EC-CUBEで制作したBtoCのネットショップにマーケティングオートメーションを

Mautic キャンペーン画面

みなさん、マーケティングオートメーションって知ってますか?

最近、よく話題になってきていますが、多くの方の認識では「大規模なBtoBで使うもの」という認識が強いのではないでしょうか?
実は全然そんなことなくて、単に有名なマーケティングオートメーションツールがクッソ高いからなだけなんですね。*1

このマーケティングオートメーションツールは、BtoCECでも非常に強力なツールです。いや、むしろECサイトにこそ必要なツールです。
ユーザショップ内外での動きをトラッキングし、セグメント化し、ポイント付与して、購入意欲の高いユーザに様々な訴求ができます。


マーケティングオートメーションとは?

わかりやすく日本語で言うと、見込み客作り(追客)の自動化です。

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションの「マーケティング」は、広義の意味でのマーケティングとは少し違います。
インターネット上でのユーザの様々な行動を追跡し、行動に合わせた施策の実行、ユーザ評価の変更などがそれにあたります。

例を言うと、仮にクーポン配布を特典としてメルマガ登録を促すとします。

こういった事を自動で行うツールマーケティングオートメーションツールです。Wow

そんなマーケティングオートメーションにもオープンソースソフトウェアはあり、誰もが無料で利用できます。

Mauticとは?

Mautic ロゴ

Mauticとは、GPLライセンス下で公開されているオープンソースマーケティングオートメーションツールです。

https://jp.mautic.org/

無料で誰もが利用でき、GPLライセンスに則った形で改変が可能です。

高価なツールに比べれば機能は劣りますが、それでも基本的機能は揃え、充分に高機能です。
おそらく、ほとんどの人が全ての機能を使いこなすのは難しいでしょう。

WordPressconcrete5とも連携ができ、僕がファウンダーを務めるconcrete5 Japan, inc.のメンバーは日本コミュニティの主要メンバーです。

自前のサーバインストールして運用する事もできますし、Mauticが提供するクラウドサービス制限付きながら無料で利用できます。

Mauticで何ができるの?

Mauticには以下の基本機能があります。

どうでしょうお腹いっぱいですよね!w

基本機能でこれだけの事ができるので、まずは基本機能でできる事から始めるのをオススメします。

Mauticの詳細な使い方などは、ドキュメント(一部日本語アリ)もありますし、勉強会も開催されています。そういったところで学習もできますが、まずは使ってみることをオススメします。


ネットショップでMauticなどのマーケティングオートメーションツールを導入するとどうなるか?

では、BtoCのECサイトでMauticを導入すると何が変わるのでしょうか?
どんな良い事があるのでしょうか?

答えは、自動化することによって「手が空く」「今までできなかった事ができる様になる」が一番大きいと思います。

その結果、ネットショップの売り上げが向上する。という事につながります。

今まで手作業で行ってきたメール配信や返信、フォローアップメール送信が、リスト抽出などせずとも自動で送信される様になります。

クーポンセールなどのイベントも準備と管理コストが大幅に減って、今まででやりたくても手が足りなくて出来なかった事が色々とできる様になります。

その結果、機会ロスを減らしきめ細やかなカスタマーサポートが可能になり、顧客満足度の向上、売り上げの増大が望めます。

EC-CUBEとの連携もハードルは高くない

Mauticはオープンソースです。

facebookLinkedInとの連携プラグインもありますし、新しくプラグインを開発する事だってできます。

そもそも、通常のHTMLWebサイトに組み込んで使える様に作られているので、ノンカスタマイズでもEC-CUBEで構築したECサイトに導入する事ができます。

購入商品や購入フローの進捗状況、会員非会員の状況に合わせた細かい条件設定や、シナリオを実現するためには多少カスタマイズが必要になってきますが、それもそれほど大掛かりなものではありません。

EC-CUBE3を使ったプロジェクトで既に導入しています

実は、とある単品通販ECサイトで既に導入して稼働させています。

マーケティングオートメーションの導入は、健康食品化粧品コスメなどの単品通販ECサイトだと簡単なんです。

設定するシナリオもある程度決まったものになりますし、商品に応じた分岐が少ないからです。

オープン

このECサイトでは、ネットショップ構築中はブログSNSでの告知活動をメインに始めました。

フォロワー数やfacebookページの「いいね」の数を増やし、ブログで関連記事を書いてSEO+コンテンツマーケティングをする。
ショップオープンした際に、ショップランキングや外部リンクの獲得、アクセス数を集めるために先行してこういった施策を行いました。

ショップURLでは、ランディングページを作成し、オープニングセールで利用できるクーポンを特典としてメルマガ会員を募り、プロダクトローンチの手法を応用してメールでのフォローアップ、オープンまで忘れられない様にしました。

オープン

オープン後は「カートに商品を入れたら+5ポイント」「会員登録をしたら+5ポイント」の様にユーザの行動に合わせてポイント付与を行い、購入処理の途中でカゴ落ちしてしまったユーザにはその後のフォローアップメッセージを表示。

ショップサイトアクセス数を稼ぐためにtwitterハッシュタグキャンペーン実施したりと、Mauticの各種機能を使って様々な施策を打ちました。

結果、非常に良いスタートを切る事ができ、今後もレポート分析しながらシナリオ改善したり、新しい施策を行っていくつもりです。

そして、非常に重要なのがこれらの実際の処理を「マーケティングオートメーションツールが自動でやってくれる」という点です。

僕らがやるのはシナリオに合わせたツールの設定だけ!

重要なのは戦略ツールじゃない

ここで重要なのが、「ツールを使う事が目的にならない様にする」事です。

重要なのはシナリオです。

ちゃんとしたターゲット策定とそれに合わせた合理的センスの良い施策

これをしっかりと考える事ができるのがマーケティングオートメーションツールを使う事の最大のメリットです。

なので、「Mautic入れたら簡単に売り上げ上がったヤッホー!」とはならないので注意してください。
実行はツールがやってくれますが、どう実行するのかシナリオを考えるのは人間の仕事です。

優れたマーケッターは優れたMA使いになる

そういった事情から、優れたマーケティングセンススキルを持ってる人は、非常に効率の良いMA使いになれます。

Mauticと一人のマーケッターで、今ままででは考えられなかった様な成果を出す事ができると思うので、まだ使ってない方はぜひ試してみてください。

ECサイトへのMautic導入のお問い合わせはこちら≫

EC-CUBE3対応!デザインカスタマイズガイドブック

新しくなったEC-CUBE3に対応したデザインカスタマイズブック。2017年1月現在 EC-CUBE3のデザインカスタマイズについて解説されている書籍はこれだけです。とりあえず買いましょう!

*1:そりゃそんなバカッ高いもの大企業しか導入できんわ

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/xross-cube/20170228/p1