Hatena::ブログ(Diary)

歓楽叶わぬ納骨堂庭園

写真/[MONO]


2006-05-03

あなたに惚れた


「その言葉は己自身に返ってくるものだ」の記事へのトラックバック「弁償するとき目が光る はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、そしてトラックバッカーが素にも程がある件」を読んで。


根拠というか、出来れば幾つか当該ブログを上げて欲しいと思ったのが正直な気持ちだ。幾つかの対象ブログがあり、その中でも一番「死ねばいいのに」という気持ちがマックスになるブログはあると思うのだが。それとも余りにも多過ぎて「例えば」と上げられないのかな?


勢いとか情熱か。パッションとかソウルか。私にとってはそれらも妄想の一つに過ぎない。

私の知っている人にもいるよ「考えるんじゃない、感じるんだ」と言っている人が。まるでその人みたいな物言いだね。これも私の妄想に過ぎないか。(笑)


また、こういう素な人はこういうことを素で言う。君は何かい?いつもいつも「自分が正しい」と主張するために記事を書いているのかい。それじゃあ、つまらない記事ばかりになってしまうね。君は「自分が正しい」と主張することにだけ情熱を傾けるタイプなのかい。つまらない人生だね。正しいとか正しくないとか重要じゃないんだよ、全然。正しいことなんて書きたくもないんだよ。正しさなんて糞くらえなんだよ。興味ないんだよ。どうでもいいんだよ。超どうでもいいんだよ!


私は私が正しいなどと一言も言っていない。あなたにそう感じられたのだとしたらそれはただの妄想なのじゃないかと言い返すよ。

私も正しいか正しくないかなどどうでもいいと思っている。そして、私は何かを主張する為に書いているわけではない。ただ、読んだブログで感じた感想を書いているだけに過ぎない。それは決して「自分が正しい」という事を主張しているわけではない。

私が書いた物は一つの考えに過ぎない。そして、誰かが共感してくれればそれで良い。共感が得られねば、それもそれでよい。ただそれだけの事。


確かに、あなたと私では記事に対する姿勢が違うようだ。だが、私が反応して「これこれこんな風に思ったのだが」と書いたことで、あなたがそうやって色々と、あなたの言う所の「勢い」とか「情熱」とか「パッション」とか「ソウル」を聞かせてもらえてとても嬉しかったよ。


「鋭い」じゃないよ、まったく。ふんとにもー。


それに対しては同感だ。私は全く鋭い人間ではないので。あなたが「ふんとにもー」という気持ちはそのまま私の気持ちでもある。


あなたに惚れたよ。(笑)

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/xura/20060503/p2