白拍子なんとなく夜話

ひとりで勝手にマンガ夜話に戻る

2017-12-17 (日) オールタイム映画ベスト10(2017年版)

オールタイム映画ベスト10(2017年版)

映画オールタイムベストテン:2017

http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20171031

この方の企画には何度か参加しているが、今回久しぶりに参加します。

以前挙げた10作品といささか顔触れが変わりましたが、私自身の映画観の変化や再評価した映画もあって、このような結果になりました。順位はぱっと思いついた順なので、また同じことをすれば変わるかもしれませんが。

1.「ロボコン2003年

監督・脚本 古厩智之

主演 長澤まさみ 小栗旬 伊藤淳史 塚本高史

2.「桐島、部活やめるってよ2012年

監督 吉田大八

脚本 喜安浩平吉田大八

主演 神木隆之介 橋本愛 東出昌大 山本美月 松岡茉優 大後寿々花

3.「この世界の片隅に2016年

監督・脚本 片渕須直

主演 のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ

4.「全身小説家1994年

監督 原一男

主演 井上光晴

5.「オアシス2004年

監督・脚本 イ・チャンドン

主演 ソル・ギョング ムン・ソリ

6.「ぐるりのこと。2008年

監督・脚本 橋口亮輔

主演 木村多江 リリー・フランキー

7.「運命じゃない人2005年

監督・脚本 内田けんじ

主演 中村靖日 霧島れいか 山中聡 山下規介 板谷由夏

8.「グッバイ、レーニン!2004年

監督 ヴォルフガング・ベッカー

脚本 ベルント・リヒテンベルク ヴォルフガング・ベッカー

主演 ダニエル・ブリュール カトリーン・ザース

9.ソナチネ1993年

監督・脚本 北野武

主演 ビートたけし 国舞亜矢 渡辺哲 勝村政信 寺島進 大杉漣 逗子とんぼ 矢島健一

10.「誰も知らない」2004年

監督・脚本 是枝裕和

主演 柳楽優弥 北浦愛 木村飛影 清水萌々子 YOU

2017-11-06 (月)

作品別感想文に「浅野いにおソラニン」第29話 ささやかな満足」を追加。かなり感情的支離滅裂ですが、芽衣子への愛おしさを再認識した「ソラニン新装版と29話だった。

2017-10-02 (月)

作品別感想文に「阿部共実月曜日友達」1巻 少年の日の思い出」を追加

2017-09-24 (日)

作品別感想文に「杉谷庄吾「映画大好きポンポさん」 映画を読む体験」を追加。

90分以内で終わる好きな映画三本を以下に挙げておきます。もちろん独断偏見ですので。

千年女優2001年 監督 今敏 87分

もらとりあむタマ子2013年 監督 山下敦弘 78分

「どこまでもいこう」1999年 監督 塩田明彦 75分

2017-08-06 (日) コミックマーケット92にサークル参加します

コミックマーケット92三日目、東地区Vブロック-09b「ひとりで勝手にマンガ夜話」。

「マンガ原作映画は何故成功するのか」。

この一か月、読むマンガといえば「咲」、見るアニメといえば「咲」、見るドラマと言えば「咲」、見る映画と言えば「咲」、咲まみれだった。

「マンガ原作映画は何故成功するのか 「劇場版 咲 -Saki-」成功理由

・映画を観るとは、そもそもどのような体験なのか

 イギリス映画「アイ・イン・ザ・スカイ」を例に、映画を観る意味の原点を解説する。

サスペンスサプライズ

 「咲」14巻の副将戦を例に、麻雀マンガのサスペンス要素とサプライズ要素を考える。

・マンガの見た目、映画の見た目

 前二節で挙げた映画を観ることとサスペンス要素が、「咲」の実写化でどのように取り込まれているのか。ドラマ版一話と原作を比較しながら考える。

映画版精読

  見詰める風越・福路/見られる鶴賀・妹尾/見守られる中堅戦/見えない鶴賀・東横

・見詰めあう咲と衣

 映画で描かれた大将戦を徹底的に原作と比較、マンガを実写化するとは何が重要なのかを考える。

階段演出

 原作にはない映画独自演出として階段演出例を映画のラストとからめて。

今までのオフ同人誌で一番多い文量となった。約四万字。「咲」のすばらしさを堪能した。