Hatena::ブログ(Diary)

久保洋介ブログ(本のキュレーター) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-04-21

『Modern Warfare, Intelligence and Deterrence』『AREA 51』『Escape from Camp 14』

日本でも出版して欲しい(日本語訳が出て欲しい)洋書を紹介していきます。興味ある方は豪州HONZのFBページを「いいね」下さい。


『Modern Warfare, Intelligence and Deterrence』

戦争に使われる技術は急速に進歩している。本書はその最前線を追った本である。独製で肩に担いで発射できる対戦車熱誘導ミサイルPanzerfaust 3は1mもの鋼鉄を突き抜けられるようになっているし、最新のコンピューターウイルスは核施設を操ることも出来るようになっている。最新の科学技術が戦争・平和にどう影響しているか、英Economistが迫る。


『AREA 51』

AREA 51は、UFO墜落や宇宙人の遺体回収現場(噂)として世界的に有名な米最高機密の軍事施設。米政府がいまだ存在を認めない軍事施設の一つである。著者はそこで勤務経験ある約20名の科学者・パイロット・技術者などにインタビューし、禁断の秘密基地の全貌を明らかにしている。

Area 51: An Uncensored History of America's Top Secret Military Base

Area 51: An Uncensored History of America's Top Secret Military Base

(ふと調べてみたら今月日本語訳が発売されてた。太田出版ナイス!)


『Escape from Camp 14』

米国だけでなく北朝鮮にも公式には存在が認められていない場所がある。強制労働収容所14(Camp 14)である。本書は、北朝鮮強制労働収容所で産まれ、23歳で脱獄した男性の話。ミサイルに関するニュースを読むよりも、本書を読む方が北朝鮮の内情を知ることができる。

通りすがり通りすがり 2012/10/08 05:22 『Escape From Camp 14』の日本語版
http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=08240

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/y-suke0419/20120421/1334987654