Hatena::ブログ(Diary)

ろくに副収入を得られないサラリーマンのつぶやき集 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-11-12 「人見知り」を気付かれずに「会話上手」だと思わせる3つの方法。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

最近はてブ界隈で「人見知り」についての話題で盛り上がっていたので、自分への備忘録も兼ねて書いてみることに。

自分は学生時代から社会に出て数年経つまで、付き合いの浅い人との会話が苦手でずっと悩んでいました。

「人見知り」や「暗い」と言われたことが多々ありました。

しかし社会に出て、「この人、会話がうまいなぁ」と感じた人を観察したり、アドバイスを受けることで3つのテクニックをみつけ、それを実践することで他人からの印象が劇的に改善しました。


・相手より先に挨拶をする。

 基本中の基本ですが、どうしてもその後の会話を恐れて後手後手になっていました。

 遠くから歩いてくる知人を見つけると、できるだけ目を合さず、進路を微妙に変えて、相手がこちらに気づかないと「ラッキー」だと思うことも。

 もし一部始終バレてたら最低ですよね。

 積極的な挨拶を心がけるだけで、とりあえず「人見知り」などのレッテルを貼られることがなくなったと思います。

・挨拶のすぐ後に「ありがとう」を言う。

 「先日(前に会った時)は○○してくださってありがとうございました。おかげさまで…」

 という感じです。

 お礼を言われて悪い気持ちになる人はいません。

 恩を受けた直後は、ほとんどの人が礼を言うタイミングなので、よほどうまく言わないといまいち伝わりにくいです。

 しかし、次に会ったとき、すかさず再度お礼を言うと、かなり伝わります。

 会話上手な人は必ずと言っていいほど実践しています。確実に喜んでもらえます。

 自分が言われてもかなりうれしいです。「覚えてくれたんだ」って。

 どんな些細な事でもいいです。むしろその方が効果が大きいと思われます。

 その後、回想で話が膨らむこともよくあります。魔法のフレーズです。

・おなじ質問を返す。

 「連休はどうされてました?」「ずっと、家でゴロゴロしてたんですよ。○○さんはどうされてました?」

 という感じです。

 会話を恐れる理由の一つに「この質問をすると、もしかしたら嫌な気持ちになるんじゃないかなぁ」という不安があると思います。

 相手から何か聞いてきた時は大チャンス、実はこちらの話を聞きたいのではなく、相手がその話をしたい可能性が高いです。

 少なくとも、自分が聞かれて嫌なことを質問することはほとんどありません。

 なので、こちらが返しても失礼になることはまずありません。会話するのがすごく楽になる展開です。

 逆にこちらから話を聞いて欲しい時も、とりあえず相手に一度質問したほうが一方的になることもないし、時間を稼げるでしょう(笑)


以上です。


ちなみに今でも会話は苦手で、家族以外の人と2人きりで長時間いると、だんだん上記テクニックが使えなくなってきてド緊張します。

それでも先日、懇親会の場でたまたま隣にいた人から「○○さんって話しやすい」と言われて、めちゃくちゃうれしかったです。

2013-09-15

[]2013年09月15日のツイート

2013-09-14

[]2013年09月14日のツイート

2013-09-12

[]2013年09月12日のツイート

2013-09-06

[]2013年09月06日のツイート