Campaign_Otaku RSSフィード

2013-10-18

RedBull Stratos...伝説のプロジェクトの未公開シーン

f:id:y_sequi:20131018174215p:image

1年前話題になった“RedBull Stratos”。高度約39kmから最高落下速度マッハ1.24と想像を絶するスピードでスカイダイブ、パラシュートを開くまでのフリーフォール時間4分19秒を失神せずに耐え抜き、9分3秒間のダイブを成功させた伝説のプロジェクトだ。

このダイバー視点・音及び各種計器類の動きが分かる映像が公開された。

D

飛び出しから4分19秒のフリーフォールが凄まじい。これを五輪FIFA World Cupに次ぐスポーツイベント開発の試み...と語ったRedBull関係者の言葉が印象的です。

2013-03-22

瞬間移動装置を巡る男たちのクレイジーな争い

f:id:y_sequi:20130322231124j:image

ロシアのロックバンド“Biting Elbows”の楽曲 'Bad Motherfucker' のPV。しかし、音楽などどうでも良いという位、瞬間移動装置を巡る男たちのクレイジーなアクションシーンが面白い。

D

ちなみにロシアのウォッカブランド“NEFT”がサポートしており、冒頭の傷口を消毒するシーンで登場。決して飲むシーンでは無いので、かなり大らかなクライアントと思いきや、公開4日間で既に600万視聴を越えている。

実はこのバンド、以前にも“The Stampede”という曲のPVをヒットさせている(300万視聴)。

D

2012-11-06

IntelがX-Box360対応ゲームをリリース

f:id:y_sequi:20121106220858j:image

家庭用のゲーム機やアーケードゲームを経験したことがある者にとって、オンライン上で提供されるadvergameは少々詰まらなく感じる(少なくとも私は)。かといって家庭用ゲームソフトに広告を掲出するのでは物足りないというクライアントにとってX-Box360でかなり本格的なadvergameを提供できるのというのは良いチャンスかも知れない。

X-Box360のオンラインマーケットで供給を開始する“Discovered”なるadvergameのクライアントはIntel。内容は「スーパースターへの道のり」といった趣向で、Chris Evans(The Avengersに出演)からアクションヒーローの極意を、Chanel Imanからランウェイで輝くための要諦をそれぞれ学び、RedFoo(LMFAO)とド派手なパーティで輝く為の修行をする。勿論、Kinectということで、身体を動かしながら難関をクリアし、スターを目指すことになる。Chris Evansとポスターを撮ったり、雑誌の表紙になる等、お馴染みのFacebookにポストする仕掛けも用意されている。

D

身体を動かすゲームなので、クライアントのメッセージが残りやすくなる可能性はあると思いますが、一方で「無料」とは言え、ゲーム会社が優秀な人材、年月と費用を費やして創り上げるゲームのように楽しめるかどうか、その費用を広告主が許容できるか? まずはIntelの評判に注目してみたいです。

2011-08-20

過去の名作と先端技術の融合アート

f:id:y_sequi:20110820140827j:image

f:id:y_sequi:20110820140823j:image

音楽の世界では過去の名作を現代風にアレンジするという活動は頻繁に行われているけど、絵画や彫刻といった分野ではそれほどでも無いように思う(確かに、何かを揶揄したり、ジョーク的なで扱いではよく行われているし、例えば「村上隆」の作品がベルサイユ宮殿で展示されるとか、ベネツィアの博物館でインスタレーションアートが展開されるといった類の新旧コラボはあったけど)。Intelが5月に立ち上げた“Remastered”なるプロジェクトが目をつけたのはそこだ。何人かのアーティストに呼びかけ、ダリやゴッホといった中世の名作にデジタル技術でアレンジし、9月に開催される“London Design Festival”で披露する計画。例えば、ダリの「記憶の固執」をムービングイメージ化したり、ゴッホの「星月夜」をインタラクティブ・インスタレーション化するなど、興味深いプロジェクトが進行中とのことだ。

完成作品に目を奪われそうになる中、どうやって「Intelがあれば、あなたのインスピレーションが形になる」を残していくのか、というのがポイントだと思うんですが、そもそもLondon Design Festivalに出展するわけで、デザインに興味がある感度の高い層にだけ残ればいいという発想なら、そういう人はきっと製作プロセスまで自主的に見るので、この方法で十分Intelの存在は頭の中に残るであろうという計算なのでしょう。

2011-06-17

DJ Play+プロジェクションマッピング

ブラジルのDJ“Amon Tobin”がDJ Playとプロジェクションマッピングを融合させたショー“IZAM”をMontreal, Berlin, Brussels, Paris, Amsterdam, Londonで開催した。「プロジェクションマッピング+エクストリームスポーツ」というパッケージは昨年のRed Bullの仕掛けでお目見えしたけど、今回はDJ Playとの組み合わせ。これはDJ発のプロジェクトだけど、今後、ブランド発のプロジェクトでこういうパッケージが出てきそうな感じです。