Campaign_Otaku RSSフィード

2014-09-07

過去100年間の映画の影響関係

f:id:y_sequi:20140907201405g:image

OrgazmoはSTARWARSの物語に影響を受けているのか? E.TとDogmaはどうだ?...映画作品の相互関連性について想像することはあるけど、それを調べるとなると結構大変かも知れない。しかし"Culturegraphy"が誕生し今、調べる時間は必要が無くなった。

Kim Albrechtによって開発された"Culturegraphy"は100年以上に渡る映画個々の作品の関係を可視化したインタラクティブビジュアライゼーション。各々の映画は点で表現され、関連する映画と線で繋がれている(青色インフルエンサーで赤色が影響を受けた作品)。

縦軸:年代、横軸:リファレンス数で図が構成されており、右に位置するほど、多くの作品に影響を与え、与えられていることになる。図によると、ここ100年で"STARWARS"が最も映画製作に影響を与えた作品ということがわかる。次いで"オズの魔法使い""サイコ"が続いている。

f:id:y_sequi:20140907200311p:image

作品をクリックすれば、その作品単体の関係図が表示される(図はパルプフィクション)。

f:id:y_sequi:20140907202741p:image

アクション,コメディ,犯罪...など、ジャンルの絞り込みも可能。

f:id:y_sequi:20140907200923p:image

ビジュアルとしてとても美しいです。個々の影響され方までわかれば完璧だなぁと思っていたら"Matrix"の"Culturegraphy"ビデオが公開されていました。これは素晴らしい。

2014-03-13

世界のセルフィ事情や欧州の空の交通渋滞、音楽の可視化など

f:id:y_sequi:20140313173041j:image

今日ネット界隈をぶらぶらしていて発見したData Visualizationネタの中で特に素敵だなと思ったモノを3つを紹介します。

Europe 24 by NATS

欧州の一般的な夏の1日のフライトデータを可視化。ヒースローは欧州で最も忙しい空港で、ガトウィックは1本の滑走路しか持たない空港で世界で一番忙しい...とかそんなことはどうでも良いぐらい、兎に角このビジュアルの美しさに目を奪われた。

THE SELFIEST CITIES IN THE WORLD(TIME)

Instagramに投稿された400,000以上の位置情報&"Selfie"タグ付き写真を分析。人口100,000人当たりで投稿数の多い都市ランキング(459都市)を可視化。意外にも1位はMakati City(フィリピン)で人口10万人当たり258人が投稿。

f:id:y_sequi:20140313164642p:image

2位はマンハッタンで人口10万人当たり202人が投稿。

f:id:y_sequi:20140313164735p:image

3位はマイアミで人口10万人当たり155人が投稿。

f:id:y_sequi:20140313164822p:image

4位にPetaling Jaya(マレーシア)、5位にテルアビブ(イスラエル)が続いている。日本ではSelfieはするけど、#Selfieはあまり使わないので少ないのだと思います。

Black-MIDI

1曲の音楽に構成される全ての音の可視化オーケストラが最も多い音数だと思いがちだけど、もっと凄いのがあるらしい。そして、そういう凄い音数のことを"Black-MIDI"と言うそうだ。楽譜が真黒になるほど音を詰め込んでいることからこう名付けられたらしい。

この"Bad Apple"は460万音(通常のピアノ作品の音符数が1000前後と言われている)

D

音の洪水状態が気持ち良い。この"Necrofantasia"は980万音。

D

視覚・聴覚双方でリズムとかカオス感とかを感じられる。感動的です。

2014-02-15

羽生結弦選手とパトリック・チャン選手、何が命運を分けたか?

f:id:y_sequi:20140215160008j:image

羽生結弦選手とパトリック・チャン選手の激闘は今日の早朝の出来事だけど、昼頃にはThe New York TimesのWebSiteに転倒したジャンプ、成功したジャンプを含めて何が命運を分けたのか、グラフィカルで分かり易い記事が掲載されていた。(記事原文“Hanyu Falls Twice, but Still Wins Gold”)

例えば羽生選手の冒頭の四回転サルコウの転倒について。上半身のバランスが崩れ、空中でタイミングを見失い、転倒。基礎点が10.50の所、7.50の得点に留まった。全ての減点の中で一番大きい減点3だ。

f:id:y_sequi:20140215145730p:image

f:id:y_sequi:20140215163822j:image

一方で、次の成功した四回転トーループについては10.30の基礎点の所、12.44を獲得。

f:id:y_sequi:20140215150812p:image

f:id:y_sequi:20140215154531j:image

そして最大の加点となったのが、三回転アクセルと三回転トーループのコンビネーション。13.86の基礎点の所、16.29を獲得。2.5点のプラス。四回転トーループと合わせて4.6点プラスで冒頭の失敗を補ってプラスを出している。

f:id:y_sequi:20140215160315p:image

f:id:y_sequi:20140215160558j:image

対してチャン選手の冒頭の四回転トーループと三回転サルコウのコンビネーション。1回目のジャンプの空中で加速し、その勢いで2回目のジャンプも成功。14.40の基礎点の所、17.40を獲得。これは最高の評価であり、3点もプラスされている。

f:id:y_sequi:20140215151738p:image

f:id:y_sequi:20140215151737j:image

一方で続く四回転トーループと三回転アクセルで大きく落としてしまう。四回転トーループはジャンプのタイミングが遅れ、着氷時に手をついてしまう。基礎点が8.50の所、5.93の得点に留まる。

f:id:y_sequi:20140215152413p:image

f:id:y_sequi:20140215155408j:image

三回転アクセルは跳ぶ瞬間のタイミングが狂ったために着氷時にステップアウトを余儀なくされ、氷に手をついてしまった。基礎点が10.30の所、8.73の得点に留まった。直前の四回転トーループと合わせて4点以上落としてしまう。ここで冒頭ジャンプの貯金を吐き出し、基礎点を基準に考えるとマイナスに転落。これが決定的であったかも知れない。

f:id:y_sequi:20140215160830j:image

基礎点を基準に加点・減点の動きの大きいジャンプだけを取り上げたけど、記事ではこんな感じで羽生・チャン両選手が飛んだ全てのジャンプについて解説していて、1つの演技の中で加点・減点が相当激しいことがわかります。これがTV中継であったら採点競技の複雑な部分がクリアになって、より深くフィギュアを楽しめると思います。「画像解析やKinectで自動化できるのでは」(石井さん)という意見も頂戴しました。なるほど。

それにしても、The New York Timesは既に新聞という衣は脱ぎ捨てているなぁと思いました。新聞社という業態の枠の中ではこういう発想って出ないように思います。

2014-02-10

マンハッタンで冬季五輪を開催すると、こうなる!

f:id:y_sequi:20140210174255j:image

New York Timesが“Is That a Luge in Times Square?”(タイムズスクエアでリュージュやっちゃう?)という記事を公開している。これは、2012年夏季五輪誘致でロンドンに破れたNYCが、今度はこの大都会に冬季五輪誘致をしてみようか? という無理筋の提案をするソチ五輪に合わせた冗談めいた記事だ。

〈ダウンヒル〉

f:id:y_sequi:20140210151441j:image

f:id:y_sequi:20140210151440j:image

アルペン競技をマンハッタンで開催するのは相当困難なようだ。コース全長は2.2マイル(3.5km)必要で、これは55番街から101番街までの距離に相当する。また、スタート地点の標高は3205フィート(977m)必要で、これはエンパイアステートビルの倍以上の高さだ。

〈ルージュ, ボブスレー, スケルトン〉

f:id:y_sequi:20140210152108j:image

ソチのSanki Sliding Centerをタイムズスクエア界隈に持ってくると、このようにビルの谷間を縫うスリリングなコースとなる。

〈ジャンプ〉

f:id:y_sequi:20140210170906j:image

ニューヨーク図書館とブライアントパークの上空にジャンプ台が設置され、スタート地点はビル屋上。ジャンパーはSixth Avenueに着地し、その瞬間、雪が飛び散ると共に鳩がバタバタと飛び去ることになる。

〈スピードスケート〉

f:id:y_sequi:20140210173409j:image

通常、周回コースで行われるスピードスケートはNYC大会に限っては直線コースで行われる。5000mのレースはMadison Square ParkからBattery Parkまで、マンハッタンを縦に突っ切る形になる。

New York Timesのこういった知的な遊び心、いいですね。五輪の度に展開するユニークな企画を楽しみにしてます。日本の新聞社にもこういう遊びがあってもいいのにと思う。

※関連記事: ロンドン五輪時のNew York Timesのインフォグラフィクス企画

世界最大のイベント「スーパーボール」 vs 世界最大のポルノサイト「Pornhub」

f:id:y_sequi:20140210135344j:image

“Pornhub”は言わずと知れた世界最大のポルノサイトであり、日常的にお世話になっている男性も多いと思いますが、そのポルノサイトのトラフィックが、世界最大のイベントであり、今年その視聴者数記録を更新したスーパーボール2014の放送中・前後でどのように変化したのかを記したレポートを発表しました。

f:id:y_sequi:20140210130110j:image

f:id:y_sequi:20140210132614j:image

※試合時間はPM6:30〜PM09:56

試合中の総合下落率 デンバー:-51% シアトル:-61%

試合後の総合下落率 デンバー:+11% シアトル:-16%

スーパーボール出場チームの地元であるデンバーとシアトルの試合中のトラフィックは平均的な日曜日のトラフィックに比べて全米一の落ち込みを記録。しかし、思わぬ大差がついたこの試合、試合終了直前から負けたデンバーでは逆にトラフィックが上がるという現象。「負けたフラストレーションはポルノで晴らす」ということのようです。

デンバーのあるコロラド州、シアトルのあるワシントン州の州単位で見ても結果は同じで開催地に近いニューヨーク州と比較してもその違いが鮮明です。コロラド州、ワシントン州はこの日1日で見れば、それぞれ18%・20%の下落で、他の時間帯でポルノ視聴していることがわかります。フットボールの無い人生も無いけど、ポルノが無い人生も無い、ということのようです。

f:id:y_sequi:20140210133335j:image

次にアメリカ・カナダ・その他世界(スーパーボールは世界198カ国で放送)で比較すると、アメリカ・カナダの熱狂ぶりがわかります。しかし、アメリカではこれ程試合中の下落率が大きいものの、1日トータルでは3%の下落に留まっています。太陽が昇っている早い時間にポルノを見てから、スーパーボールに望んでいるのでしょうか。スーパーボールとポルノは二者択一ではなく、欲望のレベルとして十分に共存するようです。

f:id:y_sequi:20140210133834j:image

最後に各地域・時間帯別のデータです。試合後、下落を継続しているのは勝者の地元のみ。年に一度のイベントでここまで人を惹きつけるスーパーボールも凄いけど、雨が降っても風が吹いてもスーパーボールがあっても人を惹きつけ続けるPornhubの強さは凄い。ポルノが世界一のコンテンツです。

※スーパーボール2013でPornhubがオンエアを試みたCM素材。結局、オンエアを拒否されましたが、あまりにも意味深な内容に、かなり話題になりました。

D

via: Pornhub Insight

2013-04-19

「米国のエネルギーの展望」よりもそのビジュアリゼーションに目を奪われる

メキシコ湾に破滅的な被害・損害を与えた“BP”がリリースした美しすぎるData Visualization“US Energy Projections”(米国のエネルギーの展望)。

2030年には米国内で消費するエネルギーの99%を国内から供給し、世界最大の再生可能エネルギー生産国になる。同時に石油・天然ガスの精算でも世界最大となり、特に“Tight Oil”(頁岩層などの岩盤層から採取される非在来型の原油)に関しては世界の生産量の64%を占めることになる...。

データの内容も重要ですが、ビジュアル表現が素晴らしく、目を奪われます。