Campaign_Otaku RSSフィード

2014-09-10

テレビ、映画、音楽に続き、アートのストリーミング配信サービスが始まる

f:id:y_sequi:20140910224535j:image

TVからNetflix, huluへ、iTunesからSpotifyへ、テレビや映画、音楽がストリーミングへと移行する中、家やオフィス、ビルに飾る額縁アートもストリーミングになるようだ。"Curater"なるアートストリーミングサービスは広告プロダクション"Acne"によって企画されたサービスで2015年にローンチする模様だけど、当初はインビテーションを受け取った500ユーザーからスタートする予定。

"Curater"は中村勇吾氏(tha ltd)が企画開発した美しく且つ高価なディスプレイ"FRAMED"とは異なり、アート配信+ディスプレイレンタルの月額定額制の仕組みで導入する。

D

ディスプレイはRaspberry または Banana Piを使用したWi-Fi内蔵HD極薄LEDを活用し、スマートフォンやタブレットでコントロールする。

"Acne"は多数のアーティストや作品群と提携している模様で、その中には米国の有名写真家"Weegee"の"Piggy Marilyn"(1960)などが含まれており、年間6-8回程度の異なる展覧会を開催する予定だ。

f:id:y_sequi:20140910224557j:image

ディスプレイ・レンタル込みの月額設定になると思いますが、いくらぐらいなのだろうか?家庭は勿論、企業のロビーフロアとか色々需要ありそうです。

2014-05-27

走れば走るほど、歩けば歩くほど儲かる銀行口座

f:id:y_sequi:20140527121827j:image

毎日のウォーキングやランニングを「タダ」でする時代は終わった。これからは歩く毎に、走る毎にあなたの懐が潤っていく。そんなランナーが得する時代がやって来た。

"Alfa Activity"なる毎日のエクササイズに連動してお金が稼げる奇想天外のサービスをリリースしたのはロシアのAlfa Bank。このサービスを利用できるのはAlfa Bankの口座を所有している人で、まずは、自身のエクササイズを管理するApp(RunKeeper, Fitbit, Jawbone UP...etc)と口座を同期させる。次いで、毎日のエクササイズの価値が設定される(例えば1歩=1cent, 1m=1cent)。そして、後は毎日のエクササイズを実行するだけ。あなたが毎日走った(歩いた)量を金額換算し、6%の金利分が特別預金口座に蓄積される。

毎日エクササイズを継続できる人=良い顧客になる...というデータがあったのでしょうか。何れにしても、口座とエクササイズを連動させるのはとても面白い試みだし、ロシアでもきっとランニング人口は増えてると思うので、ランナーたちがこぞってAlfa Bankで口座開設しそうです。

※追記: Alfa Bankには「裕福になる為に健康は欠かせない」という信念があるそうです。

2014-05-09

お年寄りの英語スキルと若者との会話の楽しさをの交換

f:id:y_sequi:20140509124936j:image

昔、自分が外国で英語を学んでいた時、"君たちは英語は知っている。後は使うだけだ"ってよく言われた。外国語学習は使う機会が乏しいことが最大の問題で、使えば使うほど上達するのは間違い無いと思う。

FCB Brazilが提案し、ブラジルの語学学校"CNA"が導入した"Speaking Exchange"は、そんな視点のサービスだ。米国在住のお年寄りとブラジルのCNAの生徒をビデオチャットで結び、会話を楽しむ。リタイアして人間関係が希薄になりつつあるお年寄りにとっては、楽しい一時であり、学生にとっては貴重な「英語を使う」時間だ。

D

これは一時的なサービスなのか、恒久的なサービスなのかわからないけど、時差の合う地域を見つけて日本で導入しても面白いかも知れません。

2013-12-03

Amazonが2015年以降のDroneでの配送を発表(CEOによる発表なので確度は高い)

f:id:y_sequi:20131203025128j:image

AmazonがDroneで発注から約30分以内で宅配する仰天プランを発表した。まるでエイプリルフール企画のようだどけそうではない。サービスはまだ開発中ながら、日曜夜のテレビ番組“60 Minutes”(11:30〜)でCEOのJeff Bezosが語ったことから現実性は高い。

サービスの名称は“Amazon Prime Air”。DroneにはGPSが搭載されており、最高5パウンド(2.26kg)まで積載が可能。これはAmazonの全ての配送物の86%をカバーする重量だ。配送範囲は各地の配送センターから10マイル(16km)以内となっている。2015年までに連邦航空法の改正が予定されており、その後の導入が見込まれている。

D

今夏、Domino’s PizzaもDroneを使った宅配サービスを開発中と発表したけど、広告代理店がサービス開発しているとのことで何となくPR臭かった。しかし、Amazonの場合、CEOの発言だけにかなり信憑性が高いです。これまでエイプリルフールネタの常連だったDrone輸送ネタだけど、家で空を見上げながらDroneの到着を今か今かと待つ時代が待ち遠しいです。

※追記:早速パロディ登場。ロケットで配送。5分でOKとのこと。

D

2013-09-06

3Dプリンタのネットワークビジネス

f:id:y_sequi:20130906174927j:image

最近日本でも話題の3Dプリンタだけど、欧州には3Dプリンタネットワークなるサービスがあるらしい。“3D Hubs”というのがその事業者で、自分の居場所の近くで3Dプリンタを貸してくれる人を紹介するサービスを提供している。

※3D HubsのWebSiteで居場所を入力すれば最寄りの利用可能な3Dプリンタ提供者がわかる。

f:id:y_sequi:20130906173010j:image

例えば自分で創ったデータを最寄りの3Dプリンタ提供者に送信して出力を依頼したり、世界各地のクリエーターが創ったデータを購入し、出力を依頼したり...などの利用法がある。

確かに進化の著しい分野だけに購入後瞬く間に機器が陳腐化することもあるし、利用頻度の問題もあり、「借りる」というのは良いかも知れません。

D

現在は、London, Amsterdam, Berlin, Antwerp, Copenhagenを中心に500機の3Dプリンタをネットワークしており、間もなく北京やLA, NYC, メルボルン, サンパウロなどにも展開予定。

個人・企業をネットワークするやり方ならKinko'sのようなプレーヤーにも勝てるかも知れません。また、Estyみたいなプレーヤーがクリエーターが創ったデータを販売する等、データ販売の市場はかなり拡張する可能性があると思います。