Campaign_Otaku RSSフィード

2015-01-28

今年のSuper Bowlでも長尺で盛り上げて短尺に誘導し、再び長尺で盛り上げるBud Light

f:id:y_sequi:20150128065323j:image

"Super Bowl 2015"1週間前ということで、30秒450万ドルというTVCM出稿料金の元を最大限とろうと、各スポンサーブランドがティザーや本編のリリースを開始している。本番までに"ひとやま"つくって、本番及び本番後の動画共有サイトの視聴を最大限盛り上げるというのはここ数年で定着した戦略だ。

その1週前に発表したブランドの1つに"Bud Light"がある。彼らの今年の作品は"Coin"。何も知らずバーに入った男がバーテンダーの勧めで、店を出て所定の場所に行くと、そこは懐かしのアーケードゲーム"Pac-Man"のリアルサイズバージョンの会場だった...というストーリー。そして、大型のコインを入れるとゲームがスタートし、自らがパックマンになって走れ回り、見事にクリア。

D

所謂、リアリティCMってやつだ。このTVCMは金曜日の"The Tonight Show With Jimmy Fallon"で発表されたんだけど、90秒の長尺。この一発を起点にSuper Bowl当日まで盛り上げることで、Super Bowlの視聴を最大化。そして、当日は30秒バージョンがオンエアされるため、全編観たい人は90秒を求めてYouTubeにやってくるという仕掛け。また、このラッキーボーイがテレビ番組などに出演し、Bud LightのCMプロモーションに一役買うことになる。

Bud Lightは昨年もリアリティCMで大成功を収めた。リアリティTV全盛時代だからだろうか。但し、Super Bowl全体を見ると、このタイプはほとんど見ない。

D

去年もバーに訪れた男が女に声をかけられ、リムジンに乗って、Reggie WattsのDJプレイを楽しみ、Minka Kellyにスタイリングしてもらい、ビルのエレベータで山羊使いに遭遇し、Schwarzeneggerとピンポンし、パーティが始まる...次々に起こるサプライズの連続は今年と同じコンセプトだ。

"Super Bowl 2015"に二匹目のドジョウはいるのでしょうか。

2013-04-18

世界最大規模のスクリーンでアーケードゲームを楽しむ!

f:id:y_sequi:20130418134026j:image

ブラジルの金融拠点“Sao Paulo”の大通り沿いのビル壁面3,000屬10万個のLEDランプで埋め尽くし、Pac-Man, Invader Game, Tetrisといった懐かしのアーケードゲームが楽しむという試みが成された。

企画したのは“Play!”なる集団。通行人は、iPadをコントローラにゲームを楽しむことが出来る。

D

当初の予定を延長して4/14まで延長して実施されるらしい。大型スクリーンも凄いけど、この時代のゲームの普遍性は偉大だ。

2013-03-08

インタラクティブ技術の粋はSCIONブースにあり

f:id:y_sequi:20130308193007j:image

f:id:y_sequi:20130308193006j:image

SCION(TOYOTA)が展示会で来場者に配った“GhostGlass”はその場を最先端のアーケードゲーム場に変えてしまうような技術が詰まっている。

この透明のカードを会場内に設置された5台のインタラクティブテーブルに乗せると、SCIONをフィーチャーした極めて感覚的なゲームを楽しむことが出来る。また、このカードを通してパネルを観ると秘密のコードが見える、といった仕掛けも用意されている。

更に、カードとは関係無いが、ブース内の巨大なディスプレイにはInstagramで投稿された写真が次々とアップされていく。全体的にとても近未来的な雰囲気のブースだ。

2年前にも“The Scion Surface Experience”と名付けられた「インタラクティブテーブル」と「8枚のインタラクティブカード」を組み合わせた企画を展開している。いずれも、JUXT Interactiveによって開発された。

SCIONは若者向けのブランドということで、こういった感覚的でゲーム要素の強い展開をしている訳ですが、このクオリティならブースの滞在時間は相当長そうです。

2013-02-25

Oreo アカデミー賞では更にグレードアップしたリアルタイムTweetを展開

f:id:y_sequi:20130225170104j:image

約1ヶ月前のSuper Bowl 2013でイベント進行に連動したOreoのリアルタイムTweetが話題(参考:スーパーボールはソーシャルボールへ)になったけど、先程“ALGO”の作品賞受賞で幕を閉じたアカデミー賞でもGIFを多用した見事なリアルタイムTweetを展開した。

まずは“Wreck-It-Ralph”(邦題:シュガー・ラッシュ)がノミネート作品として読み上げられるタイミングを狙ったTweetがこれ。アーケードゲームの悪役である“Wreck-It-Ralpht”が良い奴であることを証明するために冒険する物語なんだけど、GIFがアーケードゲーム演出になっていて、Oreoが牛乳にダンクされる仕掛け。

f:id:y_sequi:20130225163758j:image

f:id:y_sequi:20130225164220g:image

続いては007シリーズのトリビュート・プログラムが展開されている最中のTweet。あの有名な007映画のオープニングをOreoで再現。

f:id:y_sequi:20130225164648j:image

f:id:y_sequi:20130225164725g:image

そして話がゾンビ映画の“The Walking Dead”に及ぶとこちらのTweetが放たれた。しかしこれはGIFでは無い。

f:id:y_sequi:20130225165152j:image

最後に作品賞が発表され、前評判の高かった“ALGO”が受賞されるとこのTweet。これは“ALGO”をご覧になられた方はわかると思いますが、イランの米国大使館員が革命の余波から逃亡する際に自分たちのプロフィールをシュレッダーにかけ、そのシュレッダーの切れ端をイラン当局が繋ぎ合わせるのと彼らの国外逃亡計画の成功のどちらが速いかという物語を捉えている。

f:id:y_sequi:20130225165731j:image

f:id:y_sequi:20130225165812g:image

Oreoは完全にこの分野のトップランナーです。今後他のブランドもこの分野で新たな工夫を見せてくれるハズ。楽しみです。

2013-02-15

ビアサーバーとアーケードゲームがくっついた!

f:id:y_sequi:20130215173356j:image

一世を風靡した格闘ゲームに「バーチャファイター」があるけど、こちらは“The Last Barfighter”。“Big Boss Brewing Company”なるビール会社が開発した「アーケードゲーム」と「ビアサーバー」が融合したマシンだ。

通常ならコインを入れるスペースに設置されたトレイにカップをセットし、「バーチャファイター」の如く5つのキャラクター(Big Bossのブランドに関連したキャラ)から好みの1つを選んで戦うだけ。勝利者のカップにビールが注がれる。

D

今後、ビアフェスティバル会場やバーに設置する予定。また、March Madness(NCAA BasketballのPlay Off)とのタイアップも検討しているようだ。

アーケードゲーム」と「ビアサーバー」を組み合わせる発想が面白い。恐らく‘Cerveza Salta’の「強くタックルするとビールが出てくる」ラグビーファン向けベンダー“Rugbeer”や‘Andes Beer’による男が仲間とバーで飲むために彼女や嫁に言い訳する装置“Teletransporter”などの料飲店企画にインスパイアされたのでは無いかと思います。