Campaign_Otaku RSSフィード

2015-01-05

映画の世界に飛び込む"Secret Cinema"

f:id:y_sequi:20150105042351j:image

映画の世界を楽しむのはUniversal Studioが一番かと思いきや、その上を行くかも知れないサービスがある。"Secret Cinema"だ。その名の通り、テーマとなる映画も会場もシークレットの状態で告知・券売。そして、開催日が近づくと指定の服装や料金がメールで案内される。つまり、映画のイメージに合わせて仮装して参加する訳だ。

f:id:y_sequi:20150105042732j:image

例えば、昨夏に実施された"Back to the Future"では、ポニーテールに赤い口紅、水玉模様のドレスといった1955年ファッションでPM5:00にEast London駅集合。エントリー後、スクールバスに乗り込み、会場となるハイスクールの前で降りる。会場はHill Valleyのイメージで演出されている。そして、映画の世界を反映した数々のアクターたちが参加者に話しかけ、1955年のHill Valleyの世界に引き込んでいく。Hill Valleyのカップに入ったモスコミュールが6ポンドで売られている。

f:id:y_sequi:20150105042801j:image

次に目にするのはエクセレントな"Clock Tower"(Town Hall)やLou's Diner。郵便局では2014年の友人に手紙を書くことを勧められ、Hill Valleyの家に入ったりすることもできる。そしてPM8:00になると"Clock Tower"を舞台としたショーが繰り広げられ、最後には映画鑑賞で締めくくられる。

D

"Prometheus"やロビン・ウィリアムズ追悼イベントとして"いまを生きる"なども実施された。

D

D

今ではロンドンだけの開催ではなく、世界各地で受け入れられつつあるとのこと。見る限り、イベントのクオリティが高く、テーマとなる映画を告げられなくてもチケットが買えるイベントです。日本でもやって欲しい。